ヤフー防災模試

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤフー防災模試(ヤフーぼうさいもし)は、ヤフーYahoo! JAPAN)がスマートフォン向けアプリまたはサイトにて実施している防災模擬試験企画である[1]

本項目では2018年3月から2019年3月にかけて実施された全国統一防災模試(ぜんこくとういつぼうさいもし)[2]、および2020年11月22日から12月21日にかけて実施される予定の東京都防災模試(とうきょうとぼうさいもし)[3]についても記述する。

概要[編集]

東日本大震災から7年となる2018年3月1日から31日まで『全国統一防災模試』として実施した[4]。前年の2017年3月6日から12日まで銀座ソニービル(現在は解体)に赤い線で「ちょうどこの高さ。」と岩手県大船渡市で最大観測された16.7mの津波の高さを屋外広告で表現したものを掲出するなど[2][5]、防災意識を高める啓発活動を行っており、東北大学災害科学国際研究所准教授の佐藤翔輔の監修の元より、「発災」「避難」「避難所」「生活再建」といったフェーズに合わせ全25問を出題した[4]。また、実施期間中の同年3月10日KITTE丸の内にて防災模試が体感可能なイベントも開催された[4]

2018年8月30日から9月30日まで、第2弾として『全国統一防災模試 台風・豪雨編』を実施した[6]。同年に発生した平成30年7月豪雨(西日本豪雨)をはじめとする台風ゲリラ豪雨をきっかけとして実施された[6]

東日本大震災から8年となる2019年3月1日から31日まで、『第2回全国統一防災模試』を実施した[7]。また、MAGNET by SHIBUYA109には2017年3月と同じく津波の高さを表現した屋外広告を2019年3月1日から14日まで掲出した[7]

2020年9月より、常に防災模試への参加が可能になった『ヤフー防災模試』を実施[8]

2020年11月22日から12月21日まで、Yahoo! JAPANと東京都の共同企画として、東京都在住のユーザー向けに『東京都防災模試』を実施予定[3]。また、実施に先駆け、キックオフイベントとして11月22日午前9時45分よりオンラインを用いた一般参加者向けの一斉模試を実施[9]。その後、東京都知事小池百合子が、一般参加者と防災対策に関する意見交換を行った[9]

試験内容[編集]

  • 全国統一防災模試(2018年3月1日 - 31日実施分)[4]
    • 全25問(選択肢問題が18問、インタラクティブ問題が7問)[4]
    • 地震発生時の行動や、避難所生活における心がけに関する問題を出題[4]
  • 全国統一防災模試 台風・豪雨編(2018年8月30日 - 9月30日実施分)[6]
  • 第2回全国統一防災模試(2019年3月1日 - 31日実施分)[7]
    • 全25問[7]
    • 出題項目は2018年3月に実施されたものと同じ。
  • ヤフー防災模試(2020年9月 - )[8]
    • 全25問
    • 台風や大雨、洪水、暴風発生時の知識に関する問題を出題。
  • 東京都防災模試(2020年11月22日 - 12月21日〈予定〉)[3]
    • 全25問[10]
    • 過去に上記の『全国統一防災模試』で実施した問題のうち、正答率が低い設問および東京都内の都市構造や特性を踏まえる問題を出題[10]
    • 地震発生時の瞬間から避難までをストーリーとした問題および台風や水害新型コロナウイルス感染症に関する問題を出題[11]
    • 『全国統一防災模試』『ヤフー防災模試』とは異なり、スマートフォンのほか、タブレットPCからも参加が可能となっている。
    • 東京都以外のエリアでも参加が可能となっている。

CM出演者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Yahoo! JAPANへのCMとしては2016年から出演[12]

出典[編集]

  1. ^ あなたの防災力を試そう。ヤフー防災模試”. Yahoo! JAPAN. 2020年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 「第2回全国統一防災模試」 3月1日(金)より実施。次世代を担う若者に災害からの学びを伝えるべく、東日本大震災で発生した16.7mの津波の高さを知る新たな巨大広告を、渋谷スクランブル交差点に掲出。”. PR TIMES (2019年9月1日). 2020年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。
  3. ^ a b c Yahoo! JAPANと東京都、 東京都独自の防災知識を測定する「東京都防災模試」を実施”. Yahoo! JAPAN (2020年11月20日). 2020年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 「防災力」を高め、防災タイプを診断する「全国統一防災模試」、「Yahoo! JAPAN」アプリで開始”. Yahoo! JAPAN (2018年3月1日). 2020年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。
  5. ^ 「もしも銀座に、津波が来たら?」 ヤフーが屋外広告に込めた想い”. AdverTimes (2018年10月5日). 2020年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月22日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 防災に必要な知識を問う「全国統一防災模試 台風・豪雨編」を、「Yahoo! JAPAN」アプリで提供開始”. Yahoo JAPAN (2018年8月30日). 2020年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。
  7. ^ a b c d e 平成に発生した災害からの学びを次の時代へ伝える 昨年、のべ230万人以上が参加したヤフーの「全国統一防災模試」の新企画 「第2回全国統一防災模試」3月1日(金)より実施 本木雅弘さん、齋藤飛鳥さん(乃木坂46)起用のテレビCMもスタート”. Yahoo! JAPAN (2019年3月1日). 2020年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。
  8. ^ a b 「令和2年7月豪雨」からまもなく3カ月 ヤフー防災模試で改めて災害への備えを”. Yahoo! JAPAN (2020年9月24日). 2020年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。
  9. ^ a b 感染症対策も取り入れた東京都独自の防災知識を測定する「東京都防災模試」小池百合子都知事とオンライン一斉模試を開催 令和2年11月22日(日)キックオフイベント参加者募集のお知らせ”. PR TIMES (2020年10月30日). 2020年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月22日閲覧。
  10. ^ a b スマホで試せる「東京都防災模試」本日開始、感染症対策も”. ケータイ Watch (2020年11月22日). 2020年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月22日閲覧。
  11. ^ 東京都防災模試|東京都防災ホームページ”. 2020年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月22日閲覧。
  12. ^ 「Yahoo! JAPANアプリ」 新テレビCM 俳優の本木雅弘さんが、「備える」大切さを訴える 「災害通知」篇、「避難情報通知」篇、「警戒情報」篇の3本を一挙公開”. Yahoo! JAPAN (2016年3月1日). 2020年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]