モン・ペルデュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モン・ペルデュ
Panorámica del ascenso final del Monte Perdido - WLE Spain 2015.jpg
北方のシリンドロから見たモン・ペルデュ
標高 3,352 m
所在地 スペインの旗 スペインアラゴン州ウエスカ県
位置 北緯42度40分26秒 東経00度02分00秒 / 北緯42.67389度 東経0.03333度 / 42.67389; 0.03333座標: 北緯42度40分26秒 東経00度02分00秒 / 北緯42.67389度 東経0.03333度 / 42.67389; 0.03333
山系 ピレネー山脈
モン・ペルデュの位置(ピレネー山脈内)
モン・ペルデュ
モン・ペルデュ
モン・ペルデュの位置(スペイン内)
モン・ペルデュ
モン・ペルデュ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

モン・ペルデュフランス語: Mont Perdu)またはモンテ・ペルディード(スペイン語: Monte Perdido)は、ピレネー山脈中央部の。山頂はスペインアラゴン州ウエスカ県北部に所在するが、山体はスペインとフランスにまたがっている。

名称[編集]

フランス語ではモン・ペルデュ(Mont Perdu)、スペイン語ではモンテ・ペルディード(Monte Perdido)、アラゴン語ではMont Perdito、カタルーニャ語ではモント・パルドゥット(Mont Perdut)。すべての言語の名称が「失われた山」または「迷子の山」という意味を持ち、ガヴァバルニー圏谷英語版ダスタウベー圏谷英語版のピークが存在することでフランス側からは見えないことに由来する。日本語ではペルデュ山ペルディド山などとも表記される。ガヴァルニー圏谷からなる石灰質の山塊、およびその山頂群や稜線群、そしてモン・ペルデュそれ自体のピークなどを総称してモン・ペルデュ山塊 (Massif du Mont Perdu)という場合がある。

標高[編集]

モン・ペルデュの正確な標高には諸説あるが、ユネスコによれば山頂の標高は3,352mであり[1]、ピレネー山脈ではアネト山(3,404m)とポセッツ峰(3,369m)に次いで3番目に高い山である。石灰質の山としてはヨーロッパ最高峰である。

登山[編集]

フランス側から登るよりもスペイン側から登る方が容易である。オルデサ渓谷英語版にあるトルラ英語版の村の近くから登山道が始まり、頂上に到達する前にゴリス避難小屋に向かってソアソ圏谷英語版を越える。雪の中を登るため危険性がはらんでいる。

国立公園[編集]

1918年にはスペイン政府によって21km2の範囲がオルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園が設置された。この国立公園はアストゥリアス地方のピコス・デ・エウロパ国立公園とともにスペインで最初に制定された2か所の国立公園のひとつである。現在は範囲が156km2まで拡大しており、アニスクロ峡谷英語版全体が組み込まれている。この国立公園には1,500種以上の植物が生育しており、171種の鳥類、32種の哺乳類、8タイプの爬虫類が生息している。翼幅が300cmを超えるヒゲワシはこの地域でもっとも壮観な野生生物であり、ピレネー山脈はこれらの鳥類を見ることができるヨーロッパで数少ない場所のひとつである。

世界遺産[編集]

世界遺産 ピレネー山脈の
モン・ペルデュ
スペインフランス
オルデサ渓谷から見たモン・ペルデュ
オルデサ渓谷から見たモン・ペルデュ
英名 Pyrénées - Mont Perdu
仏名 Pyrénées - Mont Perdu
面積 31,189ha(スペイン側20,134ha、フランス側11,055ha)
登録区分 複合遺産
IUCN分類 II(国立公園)
登録基準 (3), (4), (5), (7), (8)
登録年 1997年
拡張年 1999年
備考 世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」との重複する物件を含む。
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
モン・ペルデュの位置
使用方法表示

この山を中心とするフランス・スペイン国境付近一帯は、「トレス・セロルス=モン=ペルデュ」(Tres Serols-Mont-Perdu) もしくは「ピレネー山脈のモン・ペルデュ」(Pyrénées-Mont Perdu) の名で、世界遺産に登録されている(前者は国連環境計画の「保護区・世界遺産リスト」での名称、後者はユネスコの「世界遺産リスト」での名称である)。

登録範囲[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。
  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。
モン・ペルデュの頂上からの眺め

脚注[編集]

  1. ^ この山の標高はフランスの多くの地図では3,352mとなっているが、一部の文献では3,353mとなっているものもある。また、スペインの地図やガイドブックでは3,355mとなっていることが多い。

外部リンク[編集]