サラマンカの旧市街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 サラマンカの旧市街
スペイン
Torre del Clavero
Torre del Clavero
英名 Old City of Salamanca
仏名 Vieille ville de Salamanque
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (4)
登録年 1988年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

サラマンカの旧市街(サラマンカのきゅうしがい、英語:Old City of Salamanca)はスペインサラマンカ市の旧市街からなる同国の世界遺産のひとつである。1988年に登録。

概要[編集]

サラマンカの町の始まりは古代ローマのころ属州ヒスパニアトラヤヌス帝によって建設された植民都市であるとされる。ローマ帝国が滅亡し、イベリア半島イスラム帝国の支配下に入ると、この地はイスラム化し、トレドグラナダと同様、イスラム文明を享受することになった。

古代ギリシアローマ学問やそれを発展させたイスラム学問がこの地にも集積され、中世ヨーロッパ世界にそれらを紹介する場となった。

レコンキスタが進み、この地がキリスト教圏になるとアルフォンソ9世によってサラマンカ大学が設立され、サラマンカは「知識を欲するものはサラマンカへ行け」と言われるほどになった。

大航海時代には、天文学の知識などが大いサラマンカ大学で研究される一方、反宗教改革異端審問の舞台にもなった。

サラマンカの市街はイスラム様式からヨーロッパのゴシック様式サン・エステバン修道院バロック様式などヨーロッパの建築文化が集積されることになった。また、酸化鉄を含んだ石材からなる建造物の町並みはサラマンカを比類なき美しい町であると賞賛されるにいたった。

関連項目[編集]

世界遺産[編集]

1988年に「サラマンカの旧市街」はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。サラマンカ大学はヨーロッパ最古の大学の一つであり、旧市街にロマネスク、ゴシックなどさまざまな様式の建築物が残っていることが評価された。

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外部リンク[編集]