アラゴンのムデハル様式の建築物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 アラゴンのムデハル様式の建築物
スペイン
テルエルの大聖堂のドーム
テルエルの大聖堂のドーム
英名 Mudejar Architecture of Aragon
仏名 Architecture mudéjare d’Aragon
登録区分 文化遺産
登録基準 (4)
登録年 1986年
拡張年 2001年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
アラゴンのムデハル様式の建築物の位置
使用方法表示

アラゴンのムデハル様式の建築物(アラゴンのムデハルようしきのけんちくぶつ)は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された物件で、スペインアラゴン州の10の建築物からなる。ムデハル様式とは、イスラム文化の様式を取り入れた中世スペインの建築や装飾の様式で、12世紀から16世紀にアラゴンやカスティーリャで盛んになった。

1986年テルエルの4つの建築物が「テルエルのムデハル様式の建築物」として世界遺産に登録された。

  • サンタ・マリア大聖堂(es)の塔、屋根、ドーム。
  • サン・ペドロ教会と塔。
  • サン・マルティン教会と塔。
  • エル・サルバドル教会の塔。

1990年代にサラゴサの住民がアラゴンには重要なムデハル様式の建築物が他にもあることに気づいた。2001年、この世界遺産は改名され、6つの建築物が追加された。

  • カラタユー - サンタ・マリア教会の後陣、回廊、塔。
  • セルベラ・デ・ラ・カニャーダ - サンタ・テクラ教区教会。
  • トベド - サンタ・マリア教会(es)。
  • サラゴサ - アルハフェリア宮殿のムデハル様式の遺跡。
  • サラゴサ - ラ・セオ(es)の後陣、礼拝堂(パロキエタ)、ドーム。
  • サラゴサ - サン・パブロ教会の塔と教区教会。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]