オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園
Valle ordesa.jpg
オルデサ谷
オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園の位置を示した地図
オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園の位置を示した地図
地域 スペインの旗 スペインアラゴン州ウエスカ県
最寄り ハカ
座標 北緯42度40分18秒 東経0度3分20秒 / 北緯42.67167度 東経0.05556度 / 42.67167; 0.05556座標: 北緯42度40分18秒 東経0度3分20秒 / 北緯42.67167度 東経0.05556度 / 42.67167; 0.05556
面積 156.08
創立日 1918年8月16日
運営組織 スペイン政府環境省

オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園スペイン語: Parque Nacional de Ordesa y Monte Perdido)は、スペイン国立公園アラゴン州ウエスカ県に位置し、特にピレネー山脈が含まれている。IUCNカテゴリーはII。

歴史[編集]

ルシアーノ・ブリエト、スレール・イ・サンタロー、ルーカス・マリャーダなどがこの地域の名声の促進と保護地域の指定に貢献した。1918年8月16日、スペイン政府によってオルデサ渓谷国立公園として国立公園が設置された。アストゥリアス地方ピコス・デ・エウロパを中心とするピコス・デ・エウロパ国立公園とともに、本公園はスペインで最初に設置された2か所の国立公園の片方である。

1982年7月13日には対象地域が156.08km2に拡大され、オルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園に改称された。1997年にはユネスコによってオルデサ=ヴィニャマール生物圏保護区に指定され、同年にはスペインとフランスにまたがる「ピレネー山脈のモン・ペルデュ」が世界遺産に登録された[1]。公園の領域にはトルラ=オルデサスペイン語版ブロートスペイン語版ファンロスペイン語版テリャ=シンスペイン語版プエルトラススペイン語版ビエルサスペイン語版の各自治体が含まれている。

動植物相[編集]

植物相[編集]

標高1,500-1,700mには大規模なブナ類(ヨーロッパブナ)、ヨーロッパギンモミ、マツ(ヨーロッパアカマツ)、オーク(Quercus subpyrenaica)の森林が存在し、やや少ないがカバ(シラカンバ)、トネリコ(セイヨウトネリコ)、ヤナギ(Salix angustifolia)の森林が存在する。標高2,000mを超える場所はモンタナマツが卓越している。1,800mまでの場所にはセイヨウツゲが見られる。1,700m-3,000mの高地にある高原には、Borderea pyrenaicaCampanula cochleariifoliaRamonda myconiSilene bordereiAndrosace cylindricaPinguicula longifoliaPetrocoptis crassifoliaなど、多数の固有種が生育している。エーデルワイスはこの国立公園の象徴的存在である。

動物相[編集]

この国立公園でもっとも重要な種はピレネーアイベックス英語版だったが、懸命な保護活動もむなしく2000年1月に最後の個体が死亡した(絶滅)。ピレネーシャモア英語版はヤギのピレネー固有種である。マーモット、イノシシ、ピレネーデスマンイヌワシヒゲワシ、シロエリハゲタカ、タカ類、ロイヤルフクロウなどの鳥類が生息している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pyrenees-Mont Perdu”. United Nations Environment Program - World Conservation Monitoring Centre (2000年1月). 2008年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]