ピレネーシャモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピレネーシャモア
ピレネーシャモア
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgIUCN3.1
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ヤギ亜科 Caprinae
: シャモア属 Rupicapra
: ピレネーシャモア R. pyrenaica
学名
Rupicapra pyrenaica
(Bonaparte, 1845)
和名
ピレネーシャモア

ピレネーシャモア(Rupicapra pyrenaica)は、ピレネー山脈カンタブリア山脈アペニン山脈に棲息する動物である。シャモア属に属する2種のうちの1つで、もう1つは模式種シャモア(Rupicapra rupicapra)である。ヒツジヤギとともにヤギ亜科に分類される。

体高は最大80cm程度で、夏の毛皮は赤茶色、冬の毛皮は黒色/茶色で、目の周りに暗い斑点がある。オスもメスも後ろ向きに曲がった最大20㎝の角を持つ。草、コケ、木の蕾等を食べる。機敏に、最高3000mまでのどこにでも現れる。

シャモアと同様に、特に1940年代にはシャモア革を生産するために、絶滅寸前まで乱獲された。その後個体数は回復し、2002年時点で約25,000頭と推定されている(Perez et al., 2002)。

亜種[編集]

Rupicapra pyrenaica ornata
R. p. parva

出典[編集]

  1. ^ Herrero, J.; Lovari, S.; Berducou, C. (2008). Rupicapra pyrenaica. The IUCN Red List of Threatened Species (IUCN) 2008: e.T19771A9012711. doi:10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T19771A9012711.en. http://oldredlist.iucnredlist.org/details/19771/0 2018年1月12日閲覧。.  Database entry includes a brief justification of why this species is of least concern.
  • Haack, M. 2002. Rupicapra pyrenaica. Animal Diversity Web. Accessed February 20, 2006.
  • Perez, T., Albornoz, J. & Dominguez, A. (2002). Phylogeography of chamois (Rupicapra spp.) inferred from microsatellites. Mol Phylogenet Evol. 25, 524-534.
  • Perez-Barberia, F. J., Garcia-Gonzalez, R. (2004). "Rebeco - Rupicapra pyrenaica." Enciclopedia Virtual de los Vertebrados Espanoles. Carrascal, L. M., Salvador, A. (Eds.). Museo Nacional de Ciencias Naturales. Madrid, Spain.