マラソングランドチャンピオンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マラソングランドチャンピオンシップ(Marathon Grand Championship、略称:MGC)は、2019年9月15日に開催される予定のマラソン大会である[1]

2017年8月23日、日本陸上競技連盟より2020年東京オリンピックマラソン日本代表選考会として2019年9月以降の開催が発表された[2]

マラソンコースは2020年東京オリンピックで使用するものと同じだが、スタート・フィニッシュ地点は新国立競技場が開催時点では未完成のため、明治神宮外苑周辺に設定する[1]。また五輪のテストイベントとしても実施される予定。

選考過程[編集]

2017年から2019年にかけて行われる指定された大会を「マラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)」と名付けて、タイムと順位をクリアするとMGC本大会出場権を得られる。MGCシリーズ以外の国際陸上競技連盟が世界記録を公認する競技会においても条件を満たせばワイルドカードとして出場権が得られる。

MGCで男女各2名が東京オリンピック日本代表に内定し、残り各1枠は「マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ(MGCファイナルチャレンジ)」と名付けて指定された大会で争う。

MGCシリーズ対象レース[編集]

各シーズンことに2017-2018シリーズ、2018-2019シリーズとして当該シリーズにおける以下のレースを対象とする。大会ごとに設定された記録をクリアした者に出場権の楯が贈られる。

時期 大会 性別 設定記録(順位は日本勢)
8月 北海道マラソン 男子 2:15:00(1位)
2:13:00(6位以内)
女子 2:32:00(1位)
2:30:00(6位以内)
11月
12月
さいたま国際マラソン[3] 女子 2:29:00(3位以内)
2:28:00(6位以内)
12月 福岡国際マラソン 男子 2:11:00(3位以内)
2:10:00(6位以内)
1月 大阪国際女子マラソン 女子 2:28:00(3位以内)
2:27:00(6位以内)
2月 別府大分毎日マラソン 男子 2:11:00(1位)
2:10:00(6位以内)
東京マラソン 男子 2:11:00(3位以内)
2:10:00(6位以内)
3月 びわ湖毎日マラソン 男子 2:11:00(3位以内)
2:10:00(6位以内)
名古屋ウィメンズマラソン 女子 2:28:00(3位以内)
2:27:00(6位以内)

ワイルドカード[編集]

以下の条件を満たせば、ワイルドカードとして出場可。

  • 国際陸上競技連盟が世界記録を公認する競技会において決められたタイムをクリア。
    • 男子2時間08分30秒以内、女子2時間24分00秒以内
    • 期間内の上位2記録の平均が男子2時間11分00秒以内、女子2時間28分00秒以内
  • 第16回世界陸上競技選手権大会8位入賞者(該当者なし)。
  • 第18回アジア競技大会3位入賞者。
  • MGCシリーズ各大会において、気象条件等によりファイナリストの資格を1名も満たさなかった場合、強化委員会が判断した競技者。

MGC[編集]

MGC本大会において、以下の条件をクリアすると東京オリンピック代表の内定が得られる。

  • 優勝
  • 2位、3位のうち「MGC派遣設定記録」をクリア
    • クリアした者がいない場合は2位が自動的に内定

MGCファイナルチャレンジ[編集]

対象は2019年から2020年にかけて行われる以下の大会。派遣設定記録をクリアした最上位が内定。クリアした者がいない場合はMGC2枠に入らなかった次点が内定。

男子
  • 福岡国際マラソン
  • 東京マラソン
  • びわ湖毎日マラソン
女子
  • さいたま国際マラソン
  • 大阪国際女子マラソン
  • 名古屋ウィメンズマラソン

MGC出場権獲得者[編集]

男子
女子

中継予定[編集]

テレビ[編集]

出典:[16]

  • 男子:TBS
  • 女子:NHK

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “【MGC】東京オリンピックマラソン日本代表を決める「マラソングランドチャンピオンシップ」コース発表会見” (プレスリリース), 日本陸上競技連盟, (2018年6月15日), http://www.jaaf.or.jp/news/article/11757/ 2018年6月16日閲覧。 
  2. ^ “五輪マラソン選考会は「グランドチャンピオンシップ」”. (2017年8月23日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1876451.html 2017年9月24日閲覧。 
  3. ^ さいたま国際マラソンは2017年が11月12日開催、2018年が12月9日開催(予定)
  4. ^ a b “村沢明伸、前田穂南がマラソン代表選考会出場権獲得”. 日刊スポーツ. (2017年8月27日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1878555.html 2018年2月6日閲覧。 
  5. ^ a b c “大迫が日本勢最高3位 福岡国際マラソン”. 産経新聞. (2017年12月3日). http://www.sankei.com/west/news/171203/wst1712030045-n1.html 2017年12月17日閲覧。 
  6. ^ “川内優輝が東京五輪GC出場権獲得 中2週で独走V”. 日刊スポーツ. (2017年12月17日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201712170000352.html 2017年12月17日閲覧。 
  7. ^ “園田隼、日本勢トップ2位でMGC出場権 別府大分毎日マラソン”. スポーツニッポン. (2018年2月4日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/02/04/kiji/20180204s00057000165000c.html 2018年2月4日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f “設楽悠太日本新 井上らMGCへ/東京マラソン詳細”. 日刊スポーツ. (2018年2月25日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201802240000296.html 2018年2月25日閲覧。 
  9. ^ “中村匠吾が7位、2時間10分51秒でMGC獲得”. 日刊スポーツ. (2018年3月4日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201803040000421.html 2018年3月4日閲覧。 
  10. ^ a b c d e “岡本直己、鈴木亜由子が優勝/北海道マラソン詳細”. 日刊スポーツ. (2018年8月26日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201808240000308.html 2018年8月26日閲覧。 
  11. ^ “藤本拓、MGC切符も「大迫くんに持っていかれた」”. 日刊スポーツ. (2018年10月8日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201810080000041.html 2018年10月31日閲覧。 
  12. ^ a b c “服部勇馬、山岸宏貴、福田穣がMGC出場権獲得”. 日刊スポーツ. (2018年12月2日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201812020000456.html 2018年12月2日閲覧。 
  13. ^ a b “マラソン初挑戦の松田瑞生が逆転優勝 MGC出場権”. 日刊スポーツ. (2018年1月28日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201801280000369.html 2018年1月28日閲覧。 
  14. ^ a b c “初マラソン関根花観が日本人トップ3位、GC出場権”. 日刊スポーツ. (2018年3月11日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201803110000376.html 2018年3月11日閲覧。 
  15. ^ “小原、MGC出場権獲得も…「練習不足。本当にきつかった」と苦笑/マラソン”. サンスポ. (2018年9月16日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180917/ath18091700000001-n1.html 2018年9月16日閲覧。 
  16. ^ 来年9・15マラソン代表選考レースMGC放送は男子TBS、女子NHK報知新聞 2018年8月9日

外部リンク[編集]