プジョー・508

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

508は、プジョーが製造・販売している自動車である。

歴代モデル[編集]

初代 (2011-2018年)[編集]

508
セダン 前期型
Paris - Mondial de l'automobile 2010 - Peugeot 508 - 006.JPG
セダン 後期型
Peugeot 508 facelift China 2015-04-10.jpg
製造国 フランスの旗 フランス
販売期間 2011-2018年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン(SW)
エンジン 水冷 直列4気筒 ガソリン 1,600cc ディーゼル 1,600cc, 2,000cc
駆動方式 FF
変速機 5/6MT
6AT
全長 4,800mm (セダン)
4,820mm (ワゴン)
全幅 1,860mm (セダン)
1,860mm (ワゴン)
全高 1,460mm (セダン)
1,480mm (ワゴン)
ホイールベース 2,820mm
姉妹車 シトロエン・C5
先代 プジョー・407
プジョー・607
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

407及び607を統合した車である。ボディタイプは407同様、セダンとSW(ワゴン)がラインナップされている。スタイリングは、新世代第一号のものとなり、新たにPEUGEOTのロゴがフロントグリル上部に配置された。プラットフォームやエンジンは、二代目シトロエン・C5と共有であり、生産も同じPSAレンヌ工場で行われる。

エンジンは直噴ターボ採用のガソリン1.6Lとコモンレール式ディーゼル(HDi)1.6L/2.0Lがラインナップされている。トランスミッションは、6速MTがガソリン1.6Lとディーゼル1.6L/2.0L、6速ATがガソリン1.6Lとディーゼル2.0Lにそれぞれ組み合わせる。

日本国内では2011年6月9日に発表され、同年7月11日より発売を開始した。日本に導入されるユニットはセダン、SWともガソリン1.6L+6ATのみで、それぞれにベースグレードの「アリュール」とキセノンヘッドランプや本皮革シート等を採用した上級グレード「グリフ」が用意され、SW全車にパノラミックガラスルーフが標準装備となる。


2代目 (2018年-)[編集]

508
サルーン
2019 Peugeot 508 GT-Line BlueHDi 1.5 (130 PS).jpg
SW
Peugeot 508 SW Hybrid, Paris Motor Show 2018, IMG 0690.jpg
製造国 フランスの旗 フランス
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアファストバック
5ドアステーションワゴン(SW)
駆動方式 FF
変速機 6MT
6/8AT
全長 4,750mm
全幅 1,860mm
全高 1,405mm
ホイールベース 2,790mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2018年3月、ジュネーブモーターショーにて正式発表[1]。 同年欧州にて販売開始。

先代が最大のターゲットとしていた中国市場での失敗を踏まえ、当代では欧州モデルの原点に立ち返ったスポーティなデザインへと舵を切った。SWは先代同様にステーションワゴンスタイルだが、サルーンは4ドアセダンスタイルから5ドアファストバックスタイルへと転換され、全高が抑えられた。

インテリアには最新のプジョー車同様、「i-Cockpit」が搭載され、サスペンションにはプジョーブランド初となるアクティブサスペンションが搭載される。

日本へは2018年11月にまずサルーンの「ファーストエディション」が60台限定で先行投入され、2019年3月より本格導入を開始。同年6月にSWの導入を開始した。 サルーン、SWともに1.6L直噴ツインスクロールターボ「PureTech」+8速ATの「Allure(アリュール)」と「GT Line」、2.0L直噴コモンレール式ターボディーゼル「BlueHDi」+8速ATの「GT BlueHDi」が用意される。

尚、中国市場には同市場限定の「508L」が用意される。サルーンをベースとし、サルーン比でホイールベースが55㎜、全長が110㎜延長されている。



脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]