ブルーライン交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルーライン交通株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
759-5331
山口県下関市豊北町神田1411番地
設立 1963年9月28日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業、貸切バス事業
代表者 上野茂之
主要株主 サンデン交通(90%)他
外部リンク http://www.sandenkotsu.co.jp/group/blk
テンプレートを表示
一般路線車

ブルーライン交通株式会社(ブルーラインこうつう)は、山口県北西部をエリアとするバス事業者である。山口県の主要路線バス事業者であるサンデン交通の子会社。

沿革[編集]

豊浦郡豊北町(現:下関市豊北町)内で個人事業にて路線バスの運行を行っていた「秋枝自動車」が起源だという[1]。1963年にサンデン交通の資本を受け入れ、同社傘下の子会社「秋枝バス」として法人化される。その後1966年10月に「豊北交通」(ほうほくこうつう)に変更。1984年にサンデン交通豊北営業所跡地の現在地に移転。1988年4月に社名を「ブルーライン交通」に改めたのち、平成に入ってサンデン交通の大津郡日置町および油谷町(現:長門市西部)の路線を引き継ぎ、営業エリアを拡大した。その後、サンデン交通の豊田地区(現:下関市豊田町)および川棚地区(現:下関市豊浦町)の路線を引き継ぎ、現在はサンデン交通の地域子会社としての色合いがより強くなっている[2]

本社および営業所[編集]

現行路線[編集]

  • 営業拠点ごとに「下関市北部(豊北・豊浦)地区」「豊田・美祢地区」「長門地区」に大きく分けることができる。
  • 全ての路線で、山口県共通バスカードが使用可能。(下記参照)

下関市(豊北・豊浦)地区[編集]

豊田町西市方面と角島方面は滝部駅で一部直通運転

豊田・美祢地区[編集]

  • 豊田町西市 - 西市高校
  • 豊田町西市 - 豊田前 - 御注連 - (一部はバイパス経由) - 大嶺駅前 - 美祢市立病院 - 美祢駅
  • 美祢駅 - 美祢市立病院 - 来福台団地

長門地区[編集]

長門市駅方面と川尻方面は人丸駅で一部直通運転

車両[編集]

首都圏や関西圏を中心とした各社からの移籍車が中心で一般路線バスの大半は屋根がベージュ色、窓下帯がオレンジ色、車体下部が濃い緑色にグレーのストライプである。サンデン交通からの移籍車両も所属しており違いは側面ロゴの「サンデン交通」が「ブルーライン交通」となり、後部のイニシャル表記が「S.D.K.」(San-Den Kotsu←Sanyo Denki Kido)から「B.L.K.」(Blue-Line Kotsu)に変わったのみである。文字部分に上からシールを貼ったのみの車両もある。マイクロバス(三菱ローザ)に軽微な改造を施して乗合仕様としているものもある。

2012年より一般路線バスの塗装を新塗装に変更する。新塗装は水色一色で 英語の筆記体で「BlueLine」と表記されている。

山口県共通バスカードについて[編集]

山口県では、サンデン交通と防長交通が中心となって県内の共通バスカードの取扱いを行っており、県内の6事業者(サンデン・防長・船木鉄道宇部市交通局岩国市交通局中国JRバス)の間で共通に使用できる。しかし、当初ブルーライン交通はバスカード導入そのものを見送ったため(カード利用が期待できる都市型路線が皆無で、カードリーダーの取り付けなどで新たな経費が発生することを嫌ったためと推測される)、移管後暫くは長門地区ではバスカードが使用できなかった。だが、長門地区の車両も運用の関係上サンデン交通や防長交通と重複する区間を運行することが多い上、沿線利用者からの要望も強かったため、現在は原則全ての車両が共通バスカードに対応している(サンデン交通の公式HP側には豊北及び長門の記載がないが、利用できる。尚、ブルーライン交通のHPにはサンデン交通の「ロングライフパス」はご利用いただけませんと記載しているのみで、バスカードに関する記載はない)。新規導入車両には新規導入のバスカード機器が、中古及びサンデン交通から移管導入された車両にはかつてサンデン交通で使用していたバスカード機器が導入されている。

因みに、豊田営業所・川棚分所管内については、共通バスカード取扱い開始後にサンデン交通から路線譲渡を受け、移管後も一部区間でサンデン交通と路線が重複していたことから、サービス維持のために共通バスカードが移管後当初から使用可能となっていた。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 町田多万夫. “愛しいバスたちよ 連載22” (日本語). 別冊ベストカーバスマガジン. 講談社ビーシー. 2010年1月22日閲覧。
  2. ^ サンデン交通 『サンデン交通80年史』、2007年

外部リンク[編集]