ブラゴヴェシチェンスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラゴヴェシチェンスク
Благовещенск
Night in Blagoveshchensk.jpg
ブラゴヴェシチェンスクの市章
市章
位置
ブラゴヴェシチェンスクの位置の位置図
ブラゴヴェシチェンスクの位置
座標 : 北緯50度16分12秒 東経127度31分48秒 / 北緯50.27000度 東経127.53000度 / 50.27000; 127.53000
歴史
建設 1856年
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 極東連邦管区
 行政区画 アムール州の旗 アムール州
 市 ブラゴヴェシチェンスク
市長 Aleksandr Migulya
地理
面積  
  市域 353 km2
標高 130 m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 207,333人
その他
等時帯 ヤクーツク時間 (UTC+9)
郵便番号 675000-675999
市外局番 +7 4162
ナンバープレート 28
公式ウェブサイト : http://www.admblag.ru/

ブラゴヴェシチェンスクロシア語:Благовещенскヴラガヴィェーシェンスク;ラテン文字転写の例:Blagoveshchensk、Blagoveshshensk)はロシア連邦都市シベリア南部のアムール州州都中国との国境近くに位置し、満州語ではHailan boo (春楡(ハルニレ)の村)の意味、中国語では海蘭泡 (Hailanpao) または孟家屯(Mengjiatun)と呼ばれる。人口は211,200人(2004年)。モスクワから東に7,985km。

シベリア鉄道の線路から110km。中国との国境線を形成するアムール川の左岸にあり、ゼヤ川との合流点に位置する。ブラゴヴェシチェンスクと対岸の中国の町、黒河は自由経済地域とされ、黒河口岸を通じて国境交易が盛んに行なわれている。

歴史[編集]

1856年にロシアの要塞都市として建設された。 アムール川の北部はに属していたが、1858年アイグン条約(璦琿条約)、1860年北京条約によってロシア領となり、アムール・コサック軍の根拠地となった。

20世紀初めにが発見されたことで急速に成長した。

義和団の乱に際し、1900年7月に義和団がブラゴヴェシチェンスクに2週間にわたり立てこもった。ロシア軍はブラゴヴェシチェンスク在住の清国人3,000人を虐殺してアムール川に投げ込むと[1]、対岸の黒河鎮(こくがちん)、愛琿城を焼き払い避難民を虐殺した[1]。(江東六十四屯を参照)

1918年3月6日、白軍であるアムール・コサック軍が、ガモフの反乱ロシア語版を起こした。

1975年にはアムール大学が国立大学として設置された。

気候[編集]

真夏の気温は18~32℃、真冬の気温は-18℃~-32℃。その差は60℃以上になる。

ブラゴヴェシチェンスクの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 0.2
(32.4)
7.0
(44.6)
20.3
(68.5)
31.4
(88.5)
34.7
(94.5)
39.4
(102.9)
37.7
(99.9)
36.9
(98.4)
33.5
(92.3)
28.0
(82.4)
13.4
(56.1)
3.6
(38.5)
39.4
(102.9)
平均最高気温 °C (°F) −15.6
(3.9)
−9.5
(14.9)
−0.5
(31.1)
11.0
(51.8)
19.5
(67.1)
25.5
(77.9)
27.3
(81.1)
25.1
(77.2)
18.9
(66)
9.1
(48.4)
−4.8
(23.4)
−14.7
(5.5)
7.6
(45.7)
日平均気温 °C (°F) −21.5
(−6.7)
−16.3
(2.7)
−6.8
(19.8)
4.7
(40.5)
12.8
(55)
19.3
(66.7)
21.8
(71.2)
19.6
(67.3)
12.7
(54.9)
3.2
(37.8)
−10
(14)
−19.8
(−3.6)
1.6
(34.9)
平均最低気温 °C (°F) −26.2
(−15.2)
−21.9
(−7.4)
−12.6
(9.3)
−1.2
(29.8)
6.6
(43.9)
13.6
(56.5)
17.1
(62.8)
15.1
(59.2)
7.6
(45.7)
−1.5
(29.3)
−14.1
(6.6)
−24.1
(−11.4)
−3.5
(25.7)
最低気温記録 °C (°F) −44.5
(−48.1)
−45.4
(−49.7)
−35.7
(−32.3)
−17.7
(0.1)
−7.5
(18.5)
0.1
(32.2)
8.2
(46.8)
4.4
(39.9)
−4.3
(24.3)
−24.8
(−12.6)
−32.9
(−27.2)
−41.2
(−42.2)
−45.4
(−49.7)
降水量 mm (inch) 6
(0.24)
5
(0.2)
10
(0.39)
31
(1.22)
42
(1.65)
91
(3.58)
131
(5.16)
125
(4.92)
73
(2.87)
26
(1.02)
14
(0.55)
9
(0.35)
563
(22.15)
降雪量 cm (inch) 12
(4.7)
10
(3.9)
3
(1.2)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1
(0.4)
4
(1.6)
8
(3.1)
38
(14.9)
平均降雨日数 (≥ 0.1 mm) 0.09 0.03 0.5 8 13 15 15 16 14 7 0.3 0 89
平均降雪日数 12 7 8 2 0 0 0 0 0 3 11 14 57
 % 湿度 73 68 62 55 55 69 76 78 72 61 67 74 67.5
平均月間日照時間 139.5 194.9 226.3 222.0 251.1 255.0 226.3 226.3 168.0 189.1 156.0 124.0 2,378.5
出典 1: Погода и Климат[2]
出典 2: Hong Kong Observatory (sunshine only)[3]

交通[編集]

ブラゴヴェシチェンスクへはシベリア横断鉄道シベリア横断道路上のベロゴルスクからそれぞれの支線がある。イグナチェヴォ空港Ignatyevo Airport)へは国内定期便、国際チャーター便が飛んでいる。また、アムール川ゼヤ川水運も利用できる。

アムール川対岸の中国黒龍江省黒河へははなく舟運により、そこから中国の鉄道G202国道、または航空路で南のハルビンなどへ通じている。

2016年12月20日には対岸の黒河との間の鉄橋が着工される予定である[4]

教育[編集]

大学[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宮脇淳子 『世界史のなかの満洲帝国』 PHP研究所2006年、136頁。ISBN 4569648800
  2. ^ Климат Благовещенска”. Погода и Климат. 2011年10月17日閲覧。
  3. ^ Climatological Information for Blagovescensk, Russia”. Hong Kong Observatory. 2011年10月17日閲覧。
  4. ^ 黑河-布市黑龙江公路大桥计划在12月20日前开工建设

外部リンク[編集]

座標: 北緯50度16分 東経127度32分 / 北緯50.27度 東経127.53度 / 50.27; 127.53