清露国境紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清露国境紛争[1]
Albazin.jpg
アルバジンを包囲する清軍
1652年–1689年
場所黒竜江省ことアムール州
発端アムール川の支配、ザバイカルの支配
結果

清の勝利

衝突した勢力
指揮官
戦力
1650年代の戦い
  • 清:3,000人[2]
  • 李氏朝鮮: 260人

アルバジンの戦い

  • 清 :
ロシア:2,000人[2]
被害者数
1650年代の戦い
  • 清:約数百人
  • 李氏朝鮮:32人

アルバジン戦争(6年戦争)

ロシア:800人[3]

清露国境紛争(しんろこっきょうふんそう)は、1652年から1689年にかけて、アムール川黒竜江)沿岸地帯の支配をめぐって、ロシア・ツァーリ国のあいだに起きた断続的な紛争である。 16世紀〜17世紀にかけて、ロシア人はシベリアに次々と侵入していった。主な目的は毛皮などを先住民族からヤサク(貢納)として取り立てることである。[4] 明と清の移り変わりのさなかで、清も黒竜江周辺を支配してまもなく[5]、衝突が多発した。1650年代に、清は勅令を発っし、李氏朝鮮にも援軍を出させ、ロシア人たちと対決した。[6] いっぽうで、ロシア・ツァーリ国は清との貿易を望んでいたが、交渉は進まなかった。

1683年から1689年にかけてアルバジン戦争(六年戦争)が行われ、清国軍が勝利した。[7]ロシア政府と清国政府は交渉を続け、1689年にネルチンスク条約が結ばれ、国境が画定し、貿易も軌道に乗った。[8]

背景[編集]

係争地の地誌 [編集]

紛争地帯とネルチンスク条約で確定された国境

シベリア東南部のスタノヴォイ山脈南部のザバイカル地方から、特に、アムール河(黒竜江)流域が主な係争地である。 水文学では、北極圏へ流れ込む川と南のアムール川へ流れ込む川はスタノヴォイ山脈で分かれる。 生態学的には、この地域はタイガの最東南に位置し、肥沃な地域を含んでいた。

歴史的には、この地域は紀元7世紀頃から中華-満州文化圏の北端[要出典]であった。数々の中華王朝が、その盛期に領有を主張し、砦を築き朝貢を集めてきた。モンゴル人による朝は、黒竜江河口近くのアムグン川下降に東征元帥府を設置した。[9] 奴児干城(ヌルゲン城)都指揮使司[10] によりアムール北岸の黒河に砦が築かれ[11]、今日のトィルニコラエフスク・ナ・アムーレ上流に位置)である奴児干城に政庁が置かれた。[12]


上記のような主張の一方、東シベリアは、多数の民族の活動場所でもあった。 アムール河流域の南側には、ナーナイ族オロチ族ウリチ族ウデヘ族ネギダル族、ウイルタ族(オロッコ)族、ニヴフ族、アイヌがいた。 彼らは漁撈や狩猟文化のほか、紀元前二千年から前一千年ころから、既に鉄器を保有し、農耕も行っていた。 アムール河の北には、エウェン族が住んでいた。狩猟民のエヴェンキ族はアムール河北からエニセイ川以西まで移動しながら暮らしていた。[13]

清の状況[編集]

清を建国した民族は、黒竜江下降にいた黒水靺鞨(まっかつ)族の子孫である。 彼らは契丹帝国時代に南下し、ジェシン(女真人、女直人)と呼ばれていたが、清の2代目皇帝ホンタイジは、1635年に民族名をマンジュ(満州人)と改名した。1636年に大清帝国が成立したが、明やその朝貢国との戦いは続いた。北京を陥落させ、清の入関が行われたのは1644年である。 [14] 言語はツングース系であった。[15]

1639年12月から1640年5月にかけて、先住民と清の間で初の戦闘であるグアラルの戦い(ロシア語:селение Гуалар)が起こる。清の2連隊に対しボムボゴル(英語版)(博木博果爾もしくは博穆博果爾)率いるエヴェンキ族・ダウール族連合軍の500人の分遣隊が戦った。しかし、他の先住民の頭領であるバルタチ(巴爾達斉もしくは巴爾達奇)は中立を貫いた。 1640年9月:2度目の戦闘。ヤクサ(雅克薩, のちのアルバジン)の戦いで、先住民(ソロン族・エヴェンキ族・オロチョン族)と清が戦った。 1643年5月:3度目の戦闘。先住民族が清に降伏する。

1644年にはホンタイジが死去し、三代目皇帝順治帝(在位(1643年‐61年)が跡を継いだ。

ロシアの状況[編集]

ロシアのシベリア征服は、1582年、ストロガノフ家の援助を受けた、ドン・コサックイェルマーク率いるシビル・ハン国攻略により始まり[16]、 1643年までにはオホーツク海に到達した。

シベリア征服の大きな目的は、地元民からヤサク(貢納)という形で毛皮を徴収することにあった。 この東征は、国家事業というより、私的な利益を求めたものであった。コサックのみならず狩猟業者も関わり、現地民を武力制圧して要塞を建設し、その後ロシア政府が承認するという形を取った。 [17]

ただ、エニセイ川から東には農作に適する土地がほとんど存在せず、唯一の例外であるスタノヴォイ山脈からアムール川に広がるザバイカル地方は名目上、清の統治下にあった。[18][19]

1643年にロシア人探検家がスタノヴォイ山脈を渡ったが、1689年に至るまでに清により退けられた。当時、ザバイカルにはゼヤ川流域にダウール族が9,000人、下流にダッチャー族英語版14,000人、また河口付近にエヴェンキ族ニヴフ族数千が居住していた。また、イヴァン・モスクヴィチンマクシム・ペルフィレブが1640年にザバイカルを発見したとされている。[18][19][20]

1859年から1860年にかけて、この地域はロシア領となり、直ちにロシア人が入植した。

モンゴルの状況[編集]

ザバイカリエにはモンゴル系のハルハ部族左翼が住んでいた。 1636年にゴビ砂漠の南のモンゴル所属が清朝に臣従したが、ハルハ部族は独立を保ち、ブリヤート人に貢納させていた。 1654年には、ロシア人がネルチンスク要塞を建築した。また続いて、1665年にはセレンギンスク、1666年にはウダの冬営地を建設したため、ハルハ・モンゴル人はロシアに抗議した。 1672年、ハルハ左翼の宗主トシェート・ハーンがモスクワに使節を派遣し、貢民を返すよう要求したが、ロシア側の回答は、彼らは50年以上前からロシアに毛皮税を払っているというものであった。 [21]

アルバジン戦争直前まで[編集]

1643-1644年:ヴァシーリー・ポヤルコフの探検[編集]

1643年冬-1644年春:コサックのヴァシーリー・ポヤルコフに率いられたロシア探検隊の一分遣隊により、今日のゼヤ川であるジンキリ川とアムール川流域が探検された。分遣隊はその後、アムール川を下り、オホーツクを北に向かい3年をかけてヤクーツクに帰還した。[18][19][20]

1649-1653年:エロフェイ・ハバロフの探検[編集]

1650-1651:エロフェイ・ハバロフは1649年に上アムールへのより良い経路を発見し、直ちにヤクーツクへ戻った後に、当地域を征服するためのより大人数の勢力を要請した。同年に再び上アムールへ向かい、流域で最も北にあるアルバジンに冬営地を築いた。[18][19][20]その後アルバシ(阿爾巴西)を長とするダウール族の一団を従え、アルバジンに築かれていた砦を占領した。 ロシアのシベリア征服では抵抗する先住民に対する虐殺が行われ、コサックは彼らを厳しく弾圧した。先住民はコサックをその残虐さから羅刹(ロチャ) [22]と呼んだ。[23]

1652年3月24日:アチャンスクの戦い[編集]

その次の年の夏に、ハバロフはアムール川を下り、今日のハバロフスク近郊と見られているアチャンスクに要塞を築いた。再び先住民と衝突し、清の援軍も要請された。1652年3月24日、ハイセ(海色)[24][25]に率いられた、寧安からの600人の満州人兵と1500人のダウール族・ドゥチェル族英語版兵から成る清軍がアチャンスク攻略を試みた。しかし、この試みは失敗に終わり、ハイセ(海色)はその失敗のために処刑された。[26]そして解氷後すぐにハバロフは上流へ撤退し、フマルに冬営した。[27]1653年春にドミートリー・ジノビエフ指揮下の増援が到着したものの、二人の間に不和があり、ハバロフは拘束され、モスクワへ移送された。[18][19][20]

1654-1658年:オニュフリー・ステパノフによる征服[編集]

オニュフリー・ステパノフ英語版は400から500人の兵を率い、抵抗をものともせず略奪を行い、駐屯する清軍に勝利した。

清はこれに対し2つの政策をとった。まず、清は先住民に避難を命じ、ロシア人の動機となっていた穀物生産をなくした。そして、松花江河口の鑲藍旗中国語版出身で、経験豊富なサルフダ英語版寧安駐屯兵の指揮官にした。1657年、サルフダは吉林で40隻以上の船を建造した。1658年にサルフダ指揮下の清艦隊がステパノフのもとにたどり着き、ステパノフと220人ほどのコサックが戦死し、残りの少数が逃亡し野盗となった。[18][19][20]

1654-1658年:清-朝鮮連合軍による対ロシア遠征[編集]

この遠征では、清国の要請によって、朝鮮の鉄砲隊150名が派遣された。[28] 孝宗王率いる朝鮮軍が清側に加わった。この戦いを朝鮮史では「羅禅征伐」("나선정벌"、ロシア征服)と呼ぶ。

  • 1654年1月:朝鮮軍部隊が寧安で清軍に合流する。
  • 1654年6月:厚通江の戦い(松花江依蘭近く):邊岌(ビョング、韓国語:변급)率いる1500人の朝鮮-清連合軍が、ロシア軍400から500人と戦闘を行う。
  • 1658年:漢人造船者によりロシア軍の軍艦に対抗できうる軍艦が建造され、清水軍に利用される。[29]サルフダの艦隊は申瀏英語版率いる多数の朝鮮軍を連れてアムールへ向かい、アルバジンのオニュフリー・ステパノフ英語版率いる少数の艦隊と戦闘した。この海戦は7月10日に、松花江河口から数キロ離れた場所で行われた。ロシア軍は11隻を失い、生存者は残りのただ一隻に逃げ出した。ステパノフ自身は戦死した。[30]

1658年までには、ネルチンスク以南のロシア人は清により北へ追いやられ、そこには無法者と逃亡コサックが集まった。1660年にはロシア人入植地の多くは破壊されていたが、清軍は以前の政策で現地農民を退去させていたため、コサックを探し出すことに困難が生じた。1670年代には、清軍はオホーツク沿岸からロシアの影響力を除去しようと遠征を行い、マヤ川にまで到達した。[18][19][20]

今日のアムール川流域の地図.ネルチンスクはシルカ川下流に、 アルバジンはアムール北岸に位置する。またクマンスクはやや下流に位置し、ゼヤ川河口にはアイグン、今日のハバロフスクにアチェンスクが位置する。

外交交渉[編集]

1655年、ロシア側は、二人の使節を清に送った。ピョートル・ヤルィジキンとセイトクル・アブリンは北京入りし、貢使として扱われた。 その後、ロシアの使者が数回、北京を訪れた。叩頭といった清側の儀礼に応えることを拒否したため面会ができなかった者もいたが、清側の近臣にツァーリの勅書を手渡し貢物を渡すことで数倍の価値の品物を下賜されるという、朝貢に似たかたちの関係がはじまった。 1669年には、即位したばかりの康熙帝(在位 1662年〜1723年)が、使者のアブリンらを宴に招き、厚遇した。 貿易関係が結ばれる可能性が出てきたいっぽう、アムール川沿岸での紛争が再び問題になった。 康熙帝は正式なロシア使節を要請した。ロシアは1674年にギリシア人ニコライ・ガヴリロヴィチ・スパファリ(ミレスク)を全権大使としてモスクワから派遣したが、同時にアルバジン要塞を正式なロシアの軍事拠点とした。 スパファリは自由な交易を望む要望書を持っていたが、清側はロシア人は清に臣従する民に乱暴を行わないよう口頭で指示したのみであった。 このあと、露清の外交関係はいったん途絶える。[31]

1665-1689年:1665年から六年戦争までのアルバジンの状況[編集]

1665年、リムスクのヴォイヴォダ(軍司令官)が、ポーランド人ニキフォール・チェルノゴフスキー英語版により殺害された。[32] チェルノゴフスキーはアムール川流域へと逃亡し、アルバジン砦を再占領した。そしてアルバジンを中心としてヤクサ王国英語版を建国した。 チェルノゴフスキー(チェルニゴフスキー)らは再びヤサクを徴収しはじめた。1666年から1667年にエヴェンキ系ネリュード族の族長ガンチムールは、ロシアにヤサクを貢納するようになった。清は領土に対して『属人主義』を取っていたため、ガンチムールのロシアへの貢納を非常に問題視した。[33]

ヤクサ王国は1670年の清による攻撃を耐え、1672年にはツァーリの恩赦と公的な承認を受けた。 清は、1673年から1683年にかけて、南方での三藩の乱の鎮圧にかかりきりになった。 1682年もしくは1684年にチェルノゴフスキーはヴォイヴォダに任命された。[18][19][20]

アルバジン戦争(六年戦争):1683年から1689年[編集]

1683年[編集]

1683年、清はゼーヤ川流域のロシア要塞を奪回して食糧補給路を断った。[34]

1685年5月-7月:アルバジン包囲 [編集]

紛争から一世紀後に英国で描かれた地図。主戦場となり紛争後に清領となったチチハル(Tcitcisar)と吉林省(Kirin)を描いている。寧安(Nimguta)は紛争初期において清の水軍の基地となったが、後に吉林(Kiring Ula)に移された。地図上の"Saghalien R."、”Tchikiri R”はそれぞれアムール川とゼヤ川である。アイグン("Saghalien"または"Ula Hotum")は清軍のアルバシン攻略での前線基地であった(アルバシン自体は地図上に描かれていない)。また、"Aihom ruin(e)d"はアムール川左岸の元々のアイグンの場所である。 ネンジャン(Mergenkhotun)チチハル(Tcitcisar) は北満州の主要都市であった。 "Houmar River"はロシア側の記録でのコマール川中国語版であり、ネルチンスク(Nerczinsk)で終戦条約が結ばれた。

清は6月10日、アルバジンへの攻撃を開始した。

ロシア側の記録『シベリア年代記』によると、トルブジン指揮下のコサック736名(または単に守備兵826名という)が善戦した。アルバジンは数日で陥落したが、トルブジンは、プロイセン人将校ベイトンら外人部隊の援軍を得て、アルバジンを奪い返した。また、この際、ロシア人住民の一部が北京に拉致された。 [35]


翌、1685年6月11日には、 ハルハ・モンゴル部隊がセレンギンスク、ついでウジンスクを包囲した。[36]

ロシア兵のほとんどはネルチンスクへ敗走したものの、少数は清に寝返り、北京駐屯の八旗鑲黄旗に編入されてオロス・ニルやアルバジン人中国語版(阿爾巴津人)と呼ばれる部隊が発足した。その後、清の撤退後に、アレクセイ・トルブージン指揮下のロシア軍800人が再び訪れ、砦を占領した。ただ彼らの当初の目的は、この地域での稀少品である穀物を栽培することであった。

1686年7月-11月:第二次アルバジン包囲 [編集]

清による二度目のアルバジン包囲戦が行われた。清軍は8000人の兵がいたともいう。また清の史料では兵力2100名、増援200名ともいう。[37] ロシア側は736名のコサックが戦った。別の説では守備兵826名である。軍司令官トルブジン戦死後、ベイトンが指揮した。 彼らは壊血病に苦しんだが、1687年5月に清が包囲を解いたので陥落することはなかった。 [38]


同年12月に和平条約の知らせが届き包囲が解かれたとも[39]、18か月後に砦は破られトルブジンは殺害されたとも[40]されているが、包囲が終わった時、砦には兵士は100人も残っていなかった。

1685年-1686年 休戦交渉とハルハ・モンゴルの動き[編集]

1685年、アルバジン攻撃に苦戦し、清はロシアに国書を送った。 ロシア政府はアムール河での休戦交渉のために、12月には全権大使フョードル・ゴローヴィンを派遣した。 ゴローヴィンはザバイカリエを訪れ、ハルハ・モンゴル人を中立化させようとしたが、当時のハルハ部は清と密接に連携していた。 1688年1月、ハルハ・モンゴル軍は清の軍事援助の元、セレンギンスクとウディンスクを挟撃した。ロシア軍が勝利し、ゴローヴィンは無傷であった。[41]

逸話[編集]

アルバジン戦争において清に徴発された軍[編集]

康熙帝は、藤牌中国語版トウの盾)で知られ、人の父と日本人の母を持つ鄭成功[42] </ref>の下にいた兵士たち(藤牌営)をアルバジンへ送る献策を受けた。康熙帝は彼らの技巧に感銘を受け、林興珠と何佑の指揮下で500人をアルバジン防衛の任に就かせた。藤牌営は敗北した際にも一人も戦死者を出さず、筏で川を移動しロシア軍を分断した。また彼らは戦いにおいて藤牌と剣しか用いず、渡河の際には裸で戦った。[43][44][45] 鄭氏政権に仕えていた漢人航海者が清に用いられた。[46]また藤牌営をはじめ台湾の元鄭氏政権の兵士たちが戦闘に参加した。[47] これは彼らの深い海戦経験を買われてのことであった。[48]

藤牌営の活躍[編集]

清側の記録である平定羅刹方略中国語版3巻にはこう記されている。

"ロシア軍の増援が川で砦へと向かって来ていたため、林興珠は水兵皆に服を脱ぎ川に飛び込むよう命じた。皆は頭に藤牌(トウの盾)をかぶり、大剣を握って敵に向かって泳いだ。ロシア人は慄き、口々に「ああ、大帽のタタール人どもよ!」と叫んだ。我らが水兵は水に潜っていたため、奴らは銃を使えず、盾を被っていたため弾や矢も防げた。水兵は長剣で敵の足首を切り付け、川に落ちたロシア人は死ぬか、さもなければ重傷を負い、残りは敗走した。そして林興珠は水兵を一人も失わず、包囲を始めた。"

[49]

講和条約[編集]

1860年代のアムール川流域
17~19世紀での清露国境の変化

1689年にネルチンスク条約が結ばれ、ロシアはアルバジンを含むアムール川流域全体を放棄し、国境はアルグン川スタノヴォイ山脈とされた。イエズス会士が通訳を果たしたため、条約には、ロシア語、ラテン語、満州語の3種類の言語版が存在する。[50]

1727年のキャフタ条約により、この国境が確定し、清露貿易についての取り決めがなされた。

アルバジン陥落からほぼ2世紀後の1858年に、アイグン条約によりスタノヴォイ山脈からアムール川まで(プリアムール)がロシア領となった。また、1860年、北京条約によりロシアは17世紀には争われていなかった沿海地方までを得た。

注釈[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Wurm 1996, p. 828.
  2. ^ a b CJ. Peers, Late Imperial Chinese Armies 1520-1840, 33
  3. ^ China Marches West: The Qing Conquest of Central Eurasia By Peter C. Perdue Published by Harvard University Press, 2005
  4. ^ (田中, 倉持 & 和田, p. 390)
  5. ^ (森永, p. 53)
  6. ^ (宮脇, p. 183)
  7. ^ (森永, p. 183)
  8. ^ (田中, 倉持 & 和田, p. 391)
  9. ^ (宮脇, p. 182)
  10. ^ L. Carrington Godrich, Chaoying Fang (editors), "Dictionary of Ming Biography, 1368–1644". Volume I (A-L). Columbia University Press, 1976. 0-231-03801-1
  11. ^ Du Halde, Jean-Baptiste (1735). Description géographique, historique, chronologique, politique et physique de l'empire de la Chine et de la Tartarie chinoise. Volume IV. Paris: P.G. Lemercier. pp. 15–16. http://web2.bium.univ-paris5.fr/livanc/?cote=00992x04&do=chapitre 
  12. ^ Li, Gertraude Roth (2002). “State Building before 1644”. In Peterson, Willard J.. The Ch'ing Empire to 1800. Cambridge History of China. 9. Cambridge University Press. p. 14. ISBN 978-0-521-24334-6 
  13. ^ (荻原, 三上 & 神田, p. 55)
  14. ^ (宮脇, pp. 175-176)
  15. ^ (荻原, 三上 & 神田, p. 56)
  16. ^ (森安, p. 233)
  17. ^ (森永, pp. 46-47)
  18. ^ a b c d e f g h Forsyth, James (1994). A History of the Peoples of Siberia: Russia's North Asian Colony 1581-1990. Cambridge University Press. ISBN 0-521-47771-9. https://books.google.com/books?id=nzhq85nPrdsC 
  19. ^ a b c d e f g h Lincoln, W. Bruce (2007 (earlier edition, 1994)). The Conquest of a Continent: Siberia and the Russians. Cornell University Press. ISBN 0-8014-8922-9. https://books.google.com/books?id=a7JrTvgU4yMC 
  20. ^ a b c d e f g G. Patrick March, Eastern Destiny: the Russians in Asia and the North Pacific, 1996.
  21. ^ 宮脇 & pp182-183
  22. ^ 森永, p. 50
  23. ^ Kang 2013 Archived 2014-05-23 at the Wayback Machine., p. 1.
  24. ^ Gong, Shuduo; Liu, Delin (2007). 图说清. 知書房出版集團. p. 66. ISBN 986-7151-64-X. https://books.google.com/books?id=5XzTXqTwECcC 
  25. ^ Август 1652 г. Из отписки приказного человека Е.П. Хабарова якутскому воеводе Д.А. Францбекову о походе по р. Амуру. Archived 2011-10-04 at the Wayback Machine.
  26. ^ Hummel, Arthur William (1970). Eminent Chinese of the Ch'ing period (1644-1912), vol. 2. Ch'eng Wen Publishing Co.. p. 632. https://books.google.com/books?id=Hs8LhXwRqPgC. "Haise was executed for this disgrace"  "SARHUDA" article.
  27. ^ Оксана ГАЙНУТДИНОВА (Oksana Gainutdinova) Загадка Ачанского городка Archived 2007-08-13 at the Wayback Machine.
  28. ^ 森永, p. 50
  29. ^ Kang 2013 Archived 2014-05-23 at the Wayback Machine., p. 17.
  30. ^ A.M. Pastukhov, "Корейская пехотная тактика самсу в XVII веке и проблема участия корейских войск в Амурских походах маньчжурской армии
  31. ^ 森永, p. 53
  32. ^ Ravenstein, The Russians on the Amur, 1860(sic), Google Books
  33. ^ 森永, pp. 52-53
  34. ^ 森永, p. 53
  35. ^ 阿部, p. 80
  36. ^ 宮脇, p. 186
  37. ^ 阿部, p. 80
  38. ^ 阿部, p. 80
  39. ^ March, chapter 5
  40. ^ John J. Stephen, The Russian Far East, 1994,page 31
  41. ^ 阿部, p. 80
  42. ^ 岡田, 神田 & 松村, p. 80
  43. ^ Robert H. Felsing (1979). The Heritage of Han: The Gelaohui and the 1911 Revolution in Sichuan. University of Iowa.. p. 18. https://books.google.com/books?ei=XC-KU--0JKPKsQTR5IDgBg&id=EsO3AAAAIAAJ&dq=The+most+implausible+component+of+the+account%2C+the+episode+in+which+the+emperor+calls+upon+Ming+loyalists+to+defend+the+Qing+dynasty+and+they+handily+defeat+barbarian+interlopers%2C+actually+happened.+In+l684%2C+a+Chinese+special+troop+unit+composed+of+men+who+had+once+served+under+Zheng+Chenggong+defeated+a+Russian+force+that+had+encroached+upon+Chinese+soil+at+Albazin.+The+Kangxi+emperor+himself+had+ordered+the+recruitment+of+Zheng+Chenggong%27+s+men+after+witnessing+a+demonstration+of+their+skills+with+the+long+sword+and+impenetrable+l2+rattan+shields.+The+force+of+approximately+500+former+Ming+troops+beat+the+Russians+in+a+river+battle+without+suffering+a+single+l3+casualty.+The+inclusion+of+this+historically+verifiable+event+in+the+founding+tradition+of+the+Hongmen+strongly+suggests+that+the&focus=searchwithinvolume&q=Chenggong+Albazin 
  44. ^ Louise Lux (1998). The Unsullied Dynasty & the Kʻang-hsi Emperor. Mark One Printing. p. 270. https://books.google.com/books?ei=Iy-KU6CNIc_lsASGpIHIDA&id=IfxVAAAAYAAJ&dq=On+the+river+side%2C+Russian+reinforcements+—+as+few+as+40+or+as+many+as+500+—+attempted+to+reach+the+fort+on+rafts%2C+but+the+rattan+marines%2C+stripped+naked+except+for+head+shields+and+armed+with+swords%2C+cut+them+1.+According+to+the+Chinese%2C+they+were+3500+strong%2C+500+of+these+the+rattan-shield+experts+who+had+surrendered+at+Formosa+and+were+led+by+the+former+Wu+general%2C+Lin+Hsing-chu%2C+and+the+former+Koxinga+loyalist%2C+Ho+Yu.&focus=searchwithinvolume&q=rattan+marines+stripped 
  45. ^ Mark Mancall (1971). Russia and China: their diplomatic relations to 1728. Harvard University Press. p. 338. https://books.google.com/books?ei=6gG5UpnkD9LJsQTcyYBA&id=UEduAAAAMAAJ&dq=He+recommended+sending%2C+instead%2C+surrendered+officers+and+soldiers+from+Fukien%2C+who+were+skilled+in+the+use+of+rattan+shields+and+were+now+settled+in+the+eight+banners+in+such+places+as+Shantung%2C+Shansi%2C+and+Honan.+Five+hundred+of+these+...&focus=searchwithinvolume&q=rattan+shields 
  46. ^ R. G. Grant (2005). Battle: A Visual Journey Through 5,000 Years of Combat. DK Pub.. p. 179. ISBN 978-0-7566-1360-0. https://books.google.com/books?id=Gb8qAQAAMAAJ&focus=searchwithinvolume&q=Albazin+Kangxi+had+a+substantial+force+sent+to+attack+the+outpost.+This+included+some+of+the+Zhengs%27+followers+recently+defeated+in+Taiwan%2C+who+supplied+valuable+naval+expertise+for+navigating+the+northern+rivers 
  47. ^ Jonathan D. Spence (1991). The Search for Modern China. Norton. pp. 56–. ISBN 978-0-393-30780-1. https://books.google.com/books?id=vI1RRslLNSwC&pg=PA56#v=onepage&q&f=false 
  48. ^ Settling Siberia: Nerchinsk, 1689”. The World of Chinese (2016年9月6日). 2016年9月6日閲覧。
  49. ^ Lo-shu Fu (1966). A Documentary Chronicle of Sino-Western Relations, 1644-1820: Translated texts. the Association for Asian Studies by the University of Arizona Press. p. 80. https://books.google.com/books?id=VuXoAAAAIAAJ&q=Lo-Shu+Fu,+A+Documentary+Chronicle+of+Sino-western+Relations&dq=Lo-Shu+Fu,+A+Documentary+Chronicle+of+Sino-western+Relations&hl=en&sa=X&ei=ugSKVYGKLYvj-QG-moGYCQ&ved=0CB4Q6AEwAA 
  50. ^ 森永, p. 5

出典[編集]

日本語[編集]

ロシア史

東北シベリアの民族

清国史

モンゴル史

  • 宮脇淳子 『モンゴルの歴史 遊牧民の誕生からモンゴル国まで』(2012年 初版4刷版) 刀水書房、2002年。ISBN 978-4-88708-244-1 

英語[編集]

1. Page 133 -152 China Marches West: The Qing Conquest of Central Eurasia By Peter C. Perdue Published by Harvard University Press, 2005