フレディ・ハバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フレディ・ハバード
Freddie Hubbard
Freddie Hubbard 1976.jpg
アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター(1976年)
基本情報
出生名 Frederick Dewayne Hubbard
生誕 (1938-04-07) 1938年4月7日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州インディアナポリス
死没

2008年12月29日(2008-12-29)(70歳)

カリフォルニア州シャーマンオークス
ジャンル ハード・バップ新主流派フリー・ジャズフリー・バップフュージョン
職業 ミュージシャンバンドリーダー作曲家
担当楽器 トランペットフリューゲルホルンコルネットフレンチホルンメロフォン
活動期間 1958年 - 2008年
レーベル アトランティック・レコード
コロムビア・レコード
CTIレコード
ブルーノート・レコード
共同作業者 ハービー・ハンコック
ウェイン・ショーター
オーネット・コールマン

フレディ・ハバード[1]Freddie Hubbard1938年4月7日 - 2008年12月29日)は、アメリカインディアナポリス生まれのジャズトランペット奏者。

略歴[編集]

少年時代、フレディ・ハバードはインディアナポリスにおいて、ウェス・モンゴメリーとその兄弟を含む、数多くの音楽家たちと親交を結んだ。

ハバードのジャズのキャリアが本格的に始まるのは、1958年のニューヨーク進出からである。ニューヨークで彼は、オーネット・コールマンエリック・ドルフィースライド・ハンプトンJ・J・ジョンソンフィリー・ジョー・ジョーンズクインシー・ジョーンズオリヴァー・ネルソンそしてソニー・ロリンズ等と共演している。彼は、影響力の強いハード・バップ演奏集団であったアート・ブレイキー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズにおける演奏によって有名になった。その演奏は『モザイク』『ブハイナズ・デライト』『フリー・フォー・オール』等のアルバムに収録されている。

1960年代初頭、ハバードはブルーノート・レコードに広範な録音を残している。ブルーノート初登場にしてバンドリーダーを務めた『オープン・セサミ』を皮切りに、8枚のリーダー・アルバムを残し、28枚のアルバムにサイドマンとしてその名を刻んでいる。それらの録音のほとんどは、同時代のブルーノートの多くの音源がそうであるように、今日では古典とみなされている。オーネット・コールマンの『フリー・ジャズ』、エリック・ドルフィーの『アウト・トゥ・ランチ』、ジョン・コルトレーンの『アセンション』など、いくつかの初期のフリー・ジャズの古典となるアルバムの中にもハバードを見出すことができる。しかし彼は、それらのフリー・ジャズの影響を受けながらも、完全にとらわれてしまうということは無かった。

1970年代に入ると、彼はハービー・ハンコック率いるV.S.O.P.クインテットのメンバーとなった。このバンドは、1940年代のバップ、1950年代のモード・ジャズ、1960年代のフリー・ジャズを統合したフリー・バップとして知られるスタイルを開拓した。ハバードの多くの優れた録音が、V.S.O.P.のメンバーとのコラボレーションから生まれた。

商業的なスムーズジャズのアルバムが批判を呼んだとはいえ、1970年ごろの彼は、その炎のような、そしてメロディックなインプロビゼーションと驚異的なテクニックによって、リーディング・トランペッターとしての全盛期を迎えた。

おそらく、彼の最もよく知られた作品は、ヒットシングル「Red Clay」を含む、1971年にパラディウムでライブ録音されたCTIレコードからの『カリフォルニア・コンサート』(CTIオールスターズ名義)というアルバムであろう。

1992年、ハバードは長期にわたる健康状態の悪化と深刻な唇の故障から立ち直り、恒常的な演奏活動と録音活動に復帰した。

2008年12月29日、心臓発作により逝去[2]。70歳没。

その他の共演者には、ジミー・ヒースジョー・ヘンダーソンロン・カーターティナ・ブルックスマッコイ・タイナーサム・ジョーンズハンク・モブレーポール・チェンバースジュリアン・プリースターシダー・ウォルトンウェイン・ショーターエルヴィン・ジョーンズジョー・チェンバースハロルド・メイバーンリー・モーガン等が挙げられる。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『オープン・セサミ』 - Open Sesame (1960年、Blue Note)
  • 『ゴーイン・アップ』 - Goin' Up (1960年、Blue Note)
  • 『ハブ・キャップ』 - Hub Cap (1961年、Blue Note)
  • 『グルーヴィー!』 - Groovy!/Minor Mishap (1961年、Fontana/Black Lion)
  • レディ・フォー・フレディ』 - Ready for Freddie (1961年、Blue Note)
  • 『ジ・アーティストリー・オブ・フレディ・ハバード』 - The Artistry of Freddie Hubbard (1962年、Impulse!)
  • 『ハブ・トーンズ』 - Hub-Tones (1962年、Blue Note)
  • 『ヒア・トゥ・ステイ』 - Here to Stay (1962年、Blue Note)
  • 『ボディ・アンド・ソウル』 - The Body & the Soul (1963年、Impulse!)
  • 『ブレイキング・ポイント』 - Breaking Point! (1964年、Blue Note)
  • 『ザ・ナイト・オブ・クッカーズ』 - The Night of the Cookers (1965年、Blue Note)
  • Jam Gems: Live at the Left Bank (1965年、Label M)
  • 『ブルー・スピリッツ』 - Blue Spirits (1966年、Blue Note)
  • 『バックラッシュ』 - Backlash (1966年、Atlantic)
  • Fastball: Live at the Left Bank (1967年、Hyena)
  • 『ハイ・ブルース・プレッシャー』 - High Blues Pressure (1968年、Atlantic)
  • 『ア・ソウル・エクスペリメント』 - A Soul Experiment (1969年、Atlantic)
  • 『ブラック・エンジェル』 - The Black Angel (1970年、Atlantic)
  • 『ザ・ハブ・オブ・ハバード』 - The Hub of Hubbard (1970年、MPS)
  • 『レッド・クレイ』 - Red Clay (1970年、CTI)
  • 『ストレート・ライフ』 - Straight Life (1970年、CTI)
  • 『ソンミの歌』 - Sing Me a Song of Songmy (1971年、Atlantic)
  • 『ファースト・ライト』 - First Light (1971年、CTI)
  • 『スカイ・ダイヴ』 - Sky Dive (1973年、CTI)
  • 『キープ・ユア・ソウル・トゥギャザー』 - Keep Your Soul Together (1973年、CTI)
  • 『イン・コンサート Vol.1』 - Freddie Hubbard/Stanley Turrentine in Concert Volume One (1973年、CTI) ※with スタンリー・タレンタイン
  • 『イン・コンサート Vol.2』 - In Concert Volume Two with Stanley Turrentine (1974年、CTI) ※with ハービー・ハンコック、スタンリー・タレンタイン
  • 『ポラール・AC』 - Polar AC (1975年、CTI)
  • 『ハイ・エナジー』 - High Energy (1974年、Columbia)
  • 『グリーム』 - Gleam (1975年、Sony (Japan))
  • 『リキッド・ラヴ』 - Liquid Love (1975年、Columbia)
  • 『ウィンドジャマー』 - Windjammer (1976年、Columbia)
  • 『バンドル・オブ・ジョイ』 - Bundle of Joy (1977年、Columbia)
  • 『スーパー・ブルー』 - Super Blue (1978年、Columbia)
  • 『ラブ・コネクション』 - The Love Connection (1979年、Columbia)
  • 『スカグリー』 - Skagly (1979年、Columbia)
  • Live at the North Sea Jazz Festival (1980年、Pablo)
  • 『ミストラル』 - Mistral (1981年、East World (Japan)/Liberty) ※with アート・ペッパー
  • 『アウトポスト』 - Outpost (1981年、Enja)
  • 『スプラッシュ』 - Splash (1981年、Fantasy)
  • 『ローリン』 - Rollin' (1981年、MPS)
  • 『キーストン・バップ』 - Keystone Bop: Sunday Night (1981年、Prestige)
  • Keystone Bop Vol. 2: Friday & Saturday (1981年、Prestige)
  • 『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』 - Born to Be Blue (1981年、Pablo)
  • 『風立ちぬ』 - Ride Like the Wind (1982年、Elektra/Asylum)
  • Above & Beyond (1982年、Metropolitan)
  • 『バック・トゥ・バードランド』 - Back to Birdland (1982年、Real Time)
  • 『スウィート・リターン』 - Sweet Return (1983年、Atlantic)
  • 『バラの刺青』 - The Rose Tattoo (1983年、Baystate (Japan))
  • 『トランペット伝説』 - Double Take (1985年、Blue Note) ※with ウディ・ショウ
  • 『ライフ・フライト』 - Life Flight (1987年、Blue Note)
  • The Eternal Triangle (1987年、Blue Note) ※with ウディ・ショウ
  • 『スターダスト』 - Stardust (1987年、Denon) ※with ベニー・ゴルソン
  • 『フィール・ザ・ウインド』 - Feel the Wind (1988年、Timeless) ※with アート・ブレイキー
  • Times Are Changing (1989年、Blue Note)
  • 『トプシー - スタンダード・ブック』 - Topsy – Standard Book (1989年、Alpha/Compose)
  • Bolivia (1991年、MusicMasters)
  • At Jazz Jamboree Warszawa '91: A Tribute to Miles (1991年、Starburst)
  • Live at Fat Tuesday's (1991年、MusicMasters)
  • 『マイルスに捧げる枯葉』 - Blues for Miles (1992年、Evidence)
  • 『MMTC (モンク・マイルス・トレーン・キャノン)』 - MMTC: Monk, Miles, Trane & Cannon (1995年、MusicMasters)
  • New Colors (2000年、Hip Bop)
  • On the Real Side (2007年、Times Square)
  • 『ウィズアウト・ア・ソング:ライヴ・イン・ヨーロッパ 1969』 - Without A Song: Live In Europe 1969 (2009年、Blue Note)

出典[編集]

  1. ^ フレディー・ハバード」の表記もある。
  2. ^ Indy jazz trumpeter Freddie Hubbard dies Indianapolis Star 2008年12月29日閲覧

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、132-133頁。ISBN 491555709X
  • 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、170,178,185,191,206,216,235,247,260。ISBN 4915557014
  • 悠雅彦、稲岡邦弥、福島哲雄『ジャズCDの名盤』文春新書、2000年、234-235頁。ISBN 4166601164

外部リンク[編集]