ジミー・ヒース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジミー・ヒース
Jimmy Heath
Jimmy Heath 1998.jpg
ジミー・ヒース(1998年)
基本情報
出生名 James Edward Heath
生誕 (1926-10-25) 1926年10月25日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 (2020-01-19) 2020年1月19日(93歳没)
ジャンル ジャズビバップハード・バップ
職業 ミュージシャン、教育者、作曲家、編曲家
担当楽器 アルト・サクソフォーン、テナー・サクソフォーン、フルート
活動期間 1940年代 - 2020年
公式サイト www.jimmyheath.com
クリスチャン・マクブライド(左)と談笑(2007年)

ジミー・ヒースJimmy Heath1926年10月25日[1] - 2020年1月19日)は、アメリカ合衆国ジャズサクソフォーン奏者、作曲家アレンジャー。あだ名は「リトル・バード (Little Bird)」。ベースパーシー・ヒースドラムアルバート・ヒースは兄弟。ジェームズ・エムトゥーメの父にあたる[2]

略歴[編集]

パーシー・ヒース(左)とジミー(1977年)

元はアルト・サクソフォーンを吹いていたが、1940年代後半にチャーリー・パーカーハワード・マギーディジー・ガレスピーと演奏しているのを聴き、テナーに変えた。それ故、「リトル・バード」と呼ばれるようになった[1]

1959年にジョン・コルトレーンに替わりマイルス・デイヴィス・バンドに短期間参加。ケニー・ドーハムギル・エヴァンスとも共演。[1][3]

1960年代にはミルト・ジャクソンアート・ファーマーとよく共演[1]

1975年、兄弟でザ・ヒース・ブラザーズを組み、ピアノのスタンリー・カウエルも参加した[1]

1956年にチェット・ベイカーアート・ペッパーのアルバム『プレイボーイズ (Playboys)』では、曲の大半を作曲した[1]

1980年代に、ニューヨーク市立大学クイーンズ校の音楽学部の教授に就任。20年以上、教えている。ドナルド・バードなどを招聘した[4] [3][3][5]

人物・家族[編集]

友人のマイルス・デイヴィスは自伝『完本マイルス・デイヴィス自叙伝』(中山康樹訳)(p236)で1952年をふりかえる。

「ジミーは小さな足をしていたが、いつも格好良い靴を履いて粋な服を着ていた。ヒース兄弟は音楽一家で、しかも母親が大変な料理上手だったから、ヒース家にはいつも、たくさんのミュージシャンがたむろしていた。ジミーはビッグ・バンドを持っていて、そこにはジョン・コルトレーンも入っていた。奴らはヒップで、演奏もすごい、すばらしい連中だった」。

楽曲[編集]

出演[編集]

ヒースは1991年、コルトレーン伝記ドキュメンタリージョン・コルトレーンの世界』に出演し、コルトレーンに関し多くのことを語った。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ザ・サンパー』 - The Thumper (1959年、Riverside)
  • 『リアリー・ビッグ!』 - Really Big! (1960年、Riverside)
  • 『ザ・クォータ』 - The Quota (1961年、Riverside)
  • 『トリプル・スレット』 - Triple Threat (1962年、Riverside)
  • 『スワンプ・シード』 - Swamp Seed (1963年、Riverside)
  • Fast Company (1964年、Milestone)
  • Nice People (1964年、Original Jazz Classics)
  • 『オン・ザ・トレイル』 - On the Trail (1964年、Riverside)
  • Jam Gems: Live at the Left Bank (1965年、Label M) ※with フレディ・ハバード
  • 『ギャップ・シーラー』 - The Gap Sealer (1972年、Cobblestone) ※『Jimmy』(Muse)として再発あり
  • Love and Understanding (1973年、Muse)
  • The Time and the Place (1974年、Landmark)
  • 『ピクチャー・オブ・ヒース』 - Picture of Heath (1975年、Xanadu)
  • 『ニュー・ピクチャー』 - New Picture (1985年、Landmark)
  • 『ピアー・プレジャー』 - Peer Pleasure (1987年、Landmark)
  • You've Changed (1991年、SteepleChase)
  • 『リトル・マン・ビッグ・バンド』 - Little Man Big Band (1992年、Verve)
  • You or Me (1995年、SteepleChase)
  • Turn Up the Heath (2006年、Planet Arts)
  • Endless Search (2010年、Origin)
  • Our Jazz Family(2012年、JZAZ Records)
  • Togetherness:Live at the Blue Note (2014年、Jazz Legacy Productions)
  • My Ideal (2014年、Jazz Elite S.P.) ※デジタル
  • Love Letter (2020年、Impulse!)

ザ・ヒース・ブラザーズ[編集]

  • 『マーチン・オン!』 - Marchin' On! (1975年、Strata-East)
  • 『パッシング・スルー…』 - Passin' Thru (1978年、Columbia)
  • Live at the Public Theatre (1979年、Columbia)
  • In Motion (1979年、Columbia)
  • Expressions of Life (1980年、Columbia)
  • 『ブラザリィ・ラヴ』 - Brotherly Love (1981年、Antilles)
  • Brothers and Others (1981年、Antilles)
  • As We Were Saying (1997年、Concord)
  • Jazz Family (1998年、Concord)
  • Endurance (2009年、Jazz Legacy Productions)

参加アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Allmusic biography
  2. ^ National Endowment for the Arts. “NEA Jazz Masters: Jimmy Heath”. National Endowment for the Arts. 2012年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月20日閲覧。
  3. ^ a b c Friedwald, Will (2010年7月19日). “A Jazz Colossus Steps Out”. The Wall Street Journal (New York: Dow Jones & Co.). ISSN 0099-9660. http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704518904575366003370572496.html?KEYWORDS=jimmy+heath 2010年7月20日閲覧。 
  4. ^ Berman, Eleanor. "The jazz of Queens encompasses music royalty", Pittsburgh Post-Gazette, January 1, 2006. Accessed October 1, 2009. "When the trolley tour proceeds, Mr. Knight points out the nearby Dorie Miller Houses, a co-op apartment complex in Corona where Clark Terry and Cannonball and Nat Adderley lived and where saxophonist Jimmy Heath still resides."
  5. ^ CUNY.edu
  6. ^ Allmusic review

外部リンク[編集]