エルモ・ホープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルモ・ホープ
出生 1923年6月27日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 1967年5月19日(満43歳没)
ジャンル ビバップハードバップ
担当楽器 ピアノ

エルモ・ホープElmo Sylvester Hope, 1923年6月27日1967年5月19日)はアメリカ合衆国ジャズピアニスト。主にビバップ様式やハードバップ様式で演奏を行なった。きわめて独創的なピアノ奏法や作品のために、支持者は多くないながらも、デイヴィッド・ローゼンタールのような評論家からは、バド・パウエルセロニアス・モンクと並ぶピアニストと看做されており、ハービー・ニコルスに匹敵すると論ずる向きもなくはないが、依然として他のミュージシャンよりも低い評価に甘んじている。

略歴[編集]

ジョー・モリス楽団に入団して音楽活動を開始する。1953年からニューヨークでリーダーとして録音を行い、ソニー・ロリンズルー・ドナルドソンクリフォード・ブラウンジャッキー・マクリーンのサイドマンとしても録音に携わった。チェット・ベイカーとも共演している。薬物使用のせいでニューヨークのキャバレーへの出演許可証を失ったため、1957年ロサンゼルスに移動する。ライオネル・ハンプトンと共演し、ハロルド・ランドカーティス・カウンスと録音を行なった。リーダーとしては、フランク・フォスタージョン・コルトレーンハンク・モブレーアート・ブレイキーポール・チェンバースフィリー・ジョー・ジョーンズと共演して録音を行なっている。録音のほとんどではトリオ編成を採っているが、稀にクィンテット編成を採る例もある。契約したレーベルは、ブルーノート・レコードやプレスティージ、リヴァーサイドなどであった。

西海岸のジャズ界に幻滅して1961年にニューヨークに戻るが、薬物所持のために短期間投獄され、釈放後に演奏活動を再開した。録音はほとんどしなかった。1967年に薬物の過剰摂取のため急死した。

後世への影響[編集]

ホープに影響されたビバップ様式のピアニストに、フランク・ヒューイットとサッシャ・ペリーの名を挙げることができる。ロズウェル・ラッドは自作の《希望 第2番(英語: Hope No. 2)》をホープの追憶に捧げた。ラッドはホープについて、「偉大で優れた作曲家。今なおアメリカの大きな秘密の一つ」と呼んでいる。モダン・ジャズのギタリスト、カート・ローゼンウィンケルは、講習会やインタビューの場で、ホープに影響を受けたと繰り返し語ってきた。

バーサ(・ロザモンド)未亡人(Bertha (Rosamond) Hope, 1936年11月8日 – )もジャズ・ピアニストであり、1961年に夫と共演して録音しているが、結婚前にもホープの作品を録音して発表している。

外部リンク[編集]