シダー・ウォルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シダー・ウォルトン
生誕 (1934-01-17) 1934年1月17日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
死没 (2013-08-19) 2013年8月19日(79歳没)
ジャンル モダンジャズ
担当楽器 ピアノ
シダー・ウォルトン(2001年)

シダー・ウォルトンCedar Walton, 1934年1月17日 - 2013年8月19日)は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のモダンジャズピアノ奏者、作曲家。

大学卒業後、1955年頃にニューヨークへ出た彼は、2年間軍隊で過ごした後にケニー・ドーハムのバンドに加わり活動を始めた。以後アート・ファーマーベニー・ゴルソンのジャズテットやジジ・グライス、ルー・ドナルドソンらのグループに参加。また、ジョン・コルトレーンの『ジャイアント・ステップス』の録音に参加した。

1961年には、ピアニスト、アレンジャーとしてアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズへ加入。3年間籍を置きウェイン・ショーターフレディ・ハバードカーティス・フラーらと活動をともにした。作曲家としても非凡な才能を持ちジャズ・メッセンジャーズ時代には『ugetsu』など日本にちなんだ曲も作っている。

1964年にジャズ・メッセンジャーズを脱退後は様々なミュージシャンと演奏を行っており、サム・ジョーンズビリー・ヒギンスらと日本にも来日している。日本のミュージシャンでは渡辺貞夫笠井紀美子山本剛鈴木勲らと共演した。

2013年8月、ニューヨークの自宅で病死。[1]

強く弾いても音の美しさが崩れない、「鈴の音」と形容されるピアノタッチが彼の特色。

主なディスコグラフィー[編集]

  • 『シダー!』(プレスティッジ) - 初のリーダー・アルバム。トランペットにケニー・ドーハム、テナー・サックスにジュニア・クックを配したクインテット編成。
  • 『スペクトラム』
  • 『ブレイクスルー!』(コブルストーン・レコード) - 1972年作。ハンク・モブレー(テナー・サックス)とチャールズ・デイヴィス(バリトンとソプラノ・サックス)という2サックスをフロントに据えたクインテット演奏。プロデューサーはプレスティッジ時代と同じドン・シュリッテン。アントニオ・カルロス・ジョビンのボサノヴァや、『ある愛の詩』のテーマが「流行りもの」として取り上げられている。ハンク・モブレーのラスト・レコーディングになったレコードである。
  • 『ナイト・アット・ブーマーズ』(ミューズ・レコード) - 1973年にヴィレッジのジャス・クラブ<ブーマーズ>で実況録音されたライブ盤。クリフォード・ジョーダンが加わっている。「流行りもの」はバート・バカラックの「ジス・ガイ」一曲だけに抑えられている。演奏されているのはウォルトンのオリジナルが一曲(「ホーリー・ランド」)、ジョーダンのオリジナルが一曲、あとはすべて有名なスタンダード曲―「セント・トーマス」、「ネイマ」、「ブルー・モンク」、「ステラ・バイ・スターライト」―である。
  • 『サムシング・フォー・レスター』(コンテンポラリー) - 1977年作。レイ・ブラウンのベース、エルヴィン・ジョーンズのドラムズ。リーダーのレイ・ブラウンの希望によりウォルトンを加えたピアノ・トリオでの録音となった。(レイはミルト・ジャクソン・バンドの一員としてウォルトンとともに二度ばかり日本公演をし、そのときに彼の演奏にすっかり惚れ込んでしまった)
  • 『セカンド・セット』(スティープルチェイス) - 1977年作。テナーの新星ボブ・バーグを加えたカルテット編成でのライブ録音。場所はコペンハーゲンの<モンマルトル>。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]