ジュニア・クック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュニア・クック
出生名 Herman Cook
出生 1934年7月22日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州ペンサコーラ
死没 1992年2月3日(満57歳没)
ジャンル ハード・バップ
担当楽器 テナー・サックス

ジュニア・クック (Herman "Junior" Cook、1934年7月22日 - 1992年2月3日)は、ジャズハード・バップテナーサックス奏者であった。


略歴[編集]

ジュニア・クックはアメリカ合衆国フロリダ州ペンサコーラで生まれた[1]。1958年にディジー・ガレスピーと共演した後、ジュニア・クックはホレス・シルバー・クィンテットの長年の参加メンバー (レギュラー・メンバー)の為に幾つかの名声を得た (1958年-1964年)。ジュニア・クックとブルー・ミッチェルはホレス・シルバー・クィンテットを去った後、ジュニア・クックはブルー・ミッチェル・クインテットで演奏した (1964年〜1969年)。

サイドマンとして多くの出演に加え、ジュニア•クックはジャズランド (1961)、Catalyst (1977)、ミューズ、SteepleChaseでリーダーとして吹込みを行った。

ジュニア・クックはまた1970年代に年間でバークリー音楽学校で教鞭を取った[2]

1990年代初頭、ジュニア・クックはクリフォード・ジョーダンのグループで共演する。

ジュニア・クックはニューヨーク・シティの彼のアパートで死亡した[2]

デイスコグラフィー[編集]

リーダー作アルバム[編集]

  • Juniors Cookin´ (OJC)
  • The Place To Be (Steeplechase; 1988)
  • On A Misty Night (Steeplechase, 1989)
  • You Leave Me Breathless (Steeplechase,1991)

参加アルバム[編集]

Horace Silver

  • Live At Newport '58 (1958)
  • 6 Pieces of Silver (1956–58)
  • Finger Poppin' (1956–58)
  • Blowin' the Blues Away (1959)
  • Horace-Scope (1960)
  • Doin' the Thing (1961)
  • The Tokyo Blues (1962)
  • Silver's Serenade (1963)
  • Song For My Father (1964)
  • Music to Ease Your Disease (1988)

Freddie Hubbard

  • Sing Me a Song of Songmy (1971)
  • Keep Your Soul Together (1973)
  • High Energy (1974)
  • Polar AC (1974)

Blue Mitchell

  • The Cup Bearers (Riverside, 1962)
  • The Thing to Do (Blue Note, 1964)
  • Down with It! (Blue Note, 1965)
  • Bring It Home to Me (Blue Note, 1966)
  • Boss Horn (Blue Note, 1966)

others

  • Kenny Burrell : Blue Lights (Blue Note, 1958)
  • Dave Bailey Sextet : One Foot In The Gutter (Epic, 1960)
  • Barry Harris : Luminiscence (OJC, 1967)
  • Cedar Walton : Cedar! (OJC, 1967)
  • John Patton : That Certain Feeling (Blue Note, 1968)
  • Don Patterson : Dem New York Dues (Prestige, 1968–69)
  • Clifford Jordan : Two Tenor Winner (Criss Cross, 1984)
  • McCoy Tyner : Uptown/Downtown (Milestone, 1988)
  • THE PLACE TO BE Musiciens : Junior Cook (ts), Mickey Tucker (p), Wayne Dockery (b), Leroy Williams (dr) (23-11-1988)
  • Bill Hardman: What’s Up? (Steeplechase, 1989)
  • Larry Gales Sextet : A Message from Monk (Candid, 1990)
  • Bertha Hope : Elmo’s Fire (Steeplechase, 1991)

リファレンス (参考)[編集]

  1. ^ Junior Cook at All About Jazz”. All About Jazz. 2008年8月9日閲覧。
  2. ^ a b Junior Cook, 57, Tenor Saxophonist In Jazz Ensembles”. New York Times (1992年2月5日). 2008年8月9日閲覧。


この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます