ビリー・ヒギンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・ヒギンス
基本情報
出生 1936年10月11日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 2001年5月3日(満64歳没)
ジャンル フリー・ジャズハード・バップ
担当楽器 ドラム

ビリー・ヒギンスBilly Higgins, 1936年10月11日 - 2001年5月3日 )はアメリカ合衆国ジャズドラマー。原語発音は「ヒギン」と濁る。

略歴[編集]

主にフリー・ジャズとハード・バップをメインに活動した。1958年オーネット・コールマンのバンドで活動を始めた彼はその後、フリーランスのドラマーとしてドナルド・バードデクスター・ゴードンジョン・コルトレーンジョー・ヘンダーソンミルト・ジャクソンジャッキー・マクリーンパット・メセニーハンク・モブレーセロニアス・モンクリー・モーガンデヴィッド・マレイアート・ペッパーソニー・ロリンズマル・ウォルドロンシダー・ウォルトンロン・カーターらの多くのミュージシャンと幅広い演奏を行った。繊細さと奔放さを持ち合わせたプレーが特色で、にこやかで明るい人間性は共演者からも好かれていた。
1986年の映画『ラウンド・ミッドナイト』にはハービー・ハンコックボビー・ハッチャーソンらと共にゲスト出演している。

ジャズ以外にもロックファンクを含めると700以上のレコーディングに参加している。渡辺貞夫や山本剛といった日本のミュージシャンとの共演もある。

晩年は重い肝炎を患って一時期危険な状態に陥るも、必死の闘病とミュージシャン仲間の献身的な援助・カンパによって一度は復帰した。しかし最後は再び肝臓を患い、肝不全で死去した。