フィリップス・エクセター・アカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィリップス・エクセター・アカデミー(Phillips Exeter Academy)は、商人であったジョン・フィリップス(1719年 – 1795年)により、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州エクセター1781年創設されたボーディングスクール(寄宿制中等教育機関)である。 略称は Exeter、PEA。

概要[編集]

アメリカ合衆国の"The Ten Schools"(10スクール)内においても、世界的にも、極めて優秀な卒業生を輩出するボーディング・スクールとして、著名な学校である。

卒業生の多くは、イギリスオックスフォード大学ケンブリッジ大学と言った超一流大学へと進学する。

苛酷、かつ、厳格な校風でも有名である。

創設者ジョン・フィリップスにより創設された姉妹校フィリップス・アカデミー校とは、ライバル校であり、フィリップス・エクセター・アカデミー、フィリップス・アカデミー両校におけるアメリカンフットボールの合同試合は、あらゆる運動競技種目の中において、最も重要度の高い競技種目の試合である。

創設以来、長きに渡って、男子校のボーディング・スクールであったが、1970年より、男女共学制のボーディング・スクールとなった。

資産[編集]

アメリカ合衆国内では最多の寄付金額を誇る中等教育学校であり、その市場価値は2009年2月19日現在、約8億5000万ドルに上る。これは、生徒一人当たりにおける寄付額が、80万ドルと言うことを意味しており、コーネル大学コロンビア大学ブラウン大学ペンシルベニア大学を上回る寄付額である。

2004年秋、寄付総額を現在より3億500万ドル引き上げる増資計画「The Exeter Initiatives」を発表。

著名な卒業生[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]