ガープの世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガープの世界』(ガープのせかい、The World According to Garp)は、ジョン・アーヴィングの4作目の小説1978年刊行。および、それを原作とした1982年映画

小説はアメリカでは数年にわたる大ベストセラーとなり、これによって一躍アーヴィングは現代アメリカの小説家の稼ぎ頭になった。

あらすじ[編集]

物語は主人公T・S・ガープの出生の事情から始まる。ガープの母親ジェニー・フィールズは看護師だったが、子供は欲しいが夫は欲しくない、子作りのため以外にはセックスしたくないという固い意志を抱いていた。ある時彼女は、戦争で受けた怪我のせいで意識不明のまま寝たきりになっていた三等曹長のガープの看護をすることになる。頭部に銃弾が貫通したせいでこの植物人間男根がつねに勃起しているのを知った彼女は、名前以外には何も知らないこの三等曹長と(一方的に)セックスし、子を宿す。こうしてT・S・ガープが生まれる。ジェニーは息子をひとりで育て、高校に通わせる。

成長したガープは3つのことに興味をもつ。セックス、レスリング、そして物語を書くことである。ガープの母ジェニーはこれらのどれにもあまり興味をもたなかった。ガープは作家になり、レスリングのコーチの娘に求婚し、そして結婚する。3人の子供が生まれる。一方ジェニーは 『性の容疑者』 という題名の自伝を書いてベストセラー作家になり、一躍フェミニストたちの憧れの的になる。

ガープはよき父親となり、子供が安全でいられるかという不安と格闘し、世界の危険から子供が守られるようにと願う。ガープ一家は暗く暴力的な出来事に否応なく翻弄され、それを通じて成長し、変化していく。ガープは人生で出会った女性たちから(しばしば痛ましい仕方で)多くを学び、不寛容を前にしてどうにかしてもっと寛容になろうとする。物語は愚行と悲哀に満ちているが、登場人物たちが経験する滑稽なまでの出来事の数々にはそれでも苦い真理が響いている。

『ガープの世界』 にはジョン・アーヴィングの小説のほとんど全篇に現れる要素のいくつかが含まれている。、レスリング、ウィーン、登場人物の一生を追うディケンズ流の複雑な筋書き等。またアーヴィングの小説によく現れるもう一つのテーマである「姦通」も重要な役割を果たしており、この物語の最も印象的な場面で描かれている。アーヴィングの作品にこれもよく現れる「去勢不安」のテーマもあり、マイケル・ミルトンの悲劇的運命に明らかである。

映画[編集]

ガープの世界
The World According to Garp
監督 ジョージ・ロイ・ヒル
脚本 スティーヴ・テシック
製作 ジョージ・ロイ・ヒル
ロバート・L・クロウフォード
製作総指揮 パトリック・ケリー[要曖昧さ回避]
音楽 デイヴィッド・シャイア
主題歌 ビートルズ
ホエン・アイム・シックスティー・フォー
撮影 ミロスラフ・オンドリチェク
編集 スティーヴン・A・ロッター
ロナルド・ルーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年7月23日
日本の旗 1983年10月15日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

『ガープの世界』は1982年映画化された。監督はジョージ・ロイ・ヒル。脚本はスティーヴ・テジック。ガープ役にロビン・ウィリアムズ、フィールズ役にこれが映画デビューとなるグレン・クローズを迎え、性転換した元フットボール選手のロベルタ役をジョン・リスゴーが演じた。撮影はニューヨーク州の私立学校ミルブルック・スクールのキャンパスで行われた。また、劇中にはアーヴィング本人とヒル監督が共にカメオ出演している。

受賞歴では、クローズとリスゴーが共にアカデミー賞の助演賞にノミネートされたほか、ニューヨーク映画批評家協会賞助演男優賞(リスゴー)、ロサンゼルス映画批評家協会賞助演賞(クローズ、リスゴー)をそれぞれ受賞した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • ガープの作家としての経歴が、アーヴィング自身の経歴とよく似ている。ガープの小説第1作はウィーンの動物園の動物を檻から逃がすというもので、『熊を放つ』 に類似。ガープの第2作はスワッピングを扱ったもので、アーヴィングの小説第3作 『158ポンドの結婚』 とよく似ており、第2作である 『ウォーターメソッドマン』 とも若干似たところがある。ガープの小説第3作は 『ベンセンヘイヴァーの世界』 という題名で、(『ガープの世界』 同様)主人公の名前から取られており、ジェニーによれば「性欲」を扱っている。偶然ながら、この第3作も 『ガープの世界』 同様ベストセラーになった。しかもガープはこの第3作が自伝的であるという説を一笑に付している(これはおそらくアーヴィングにも当てはまる)。

日本における 『ガープの世界』[編集]

『ガープの世界』 は発表当初から日本のアメリカ文学研究者からも注目された他、作家の大江健三郎が 『世界、ガープ発』 という題名で紹介を試みたり、村上春樹(アーヴィング『熊を放つ』を翻訳している)によって紹介され、翻訳が待たれていた。

日本語訳は、筒井正明訳(上下)が、1983年にサンリオで、1985年にサンリオ文庫で刊行されたが、1987年にサンリオ文庫の廃刊に伴い絶版。サンリオ文庫版の発行部数は累計で十数万部程度だった[1]。翌88年10月に、新潮文庫に版を改め出版された(上巻 ISBN 4102273018 / 下巻 ISBN 4102273026)。

脚注[編集]

  1. ^ 「ブックレーダー'87 『サンリオSF文庫』が終刊 売れ行きに難、10年で息切れ」『読売新聞』1987年8月10日付朝刊、8面。

外部リンク[編集]