ピスタチオ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピスタチオ (お笑い)から転送)
ピスタチオ
PISTACHIO
メンバー 伊地知大樹
小澤慎一朗
結成年 2010年4月
解散年 2022年5月31日
事務所 吉本興業
活動時期 2010年 - 2022年
出身 NSC東京校13期
出会い NSC
現在の活動状況 解散
(伊地知はピン芸人として活動)
芸種 漫才
同期 たつろう
TEAM BANANA
スカチャンなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2015年 第14回決戦!お笑い有楽城 優勝
2015年 第2回ザキヤマ&フジモンがパクリたい-1グランプリ 優勝
テンプレートを表示

ピスタチオは、かつて吉本興業東京本社(東京吉本)に所属していた日本のお笑いコンビNSC東京校13期出身。20104結成、2022531解散。

メンバー[編集]

伊地知 大樹(いじち ひろき、1985年2月5日 - )(37歳)
ボケ担当、立ち位置は向かって左。
神奈川県藤沢市出身。
身長168cm、体重67kg。血液型O型。
目指していた芸人はブラックマヨネーズチュートリアル[1]
歌舞伎町ホストクラブASKYでホストのアルバイトをしていた時期がある。源氏名は春風亭嵐。週に1回の出勤であったが、店舗内でNo.1となった経験もある。現在でもホストとして籍が残っているという[1][2]
フィーバーゆうじろう、野澤輸出(ダイヤモンド)とのリズムユニット『ペペロペBURGERS』としても活動。M-1グランプリ2020および2021では1回戦敗退[3]
2022年4月22日、一般女性と結婚[4]
小澤 慎一朗(おざわ しんいちろう、1988年9月15日 - )(33歳)
ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。
東京都葛飾区出身。
身長172cm、体重60kg。血液型AB型。
目指していた芸人は岡村隆史ナインティナイン[1]
母方の祖父がダイヤブロックの創設者メンバーで、父はIT企業社長[5]。祖父母の旅行のお土産で別荘を貰うほどの資産家だった[5]。芸人デビュー後も潤沢な仕送りを貰っていたため生活に困窮した事がなく、自らを「ハングリー精神が無い」と称している[1]
姉がいる。
スヌーピーが好きで、衣服などを集めている。
2020年10月8日、女優の吉川莉早と結婚[6][7]
2021年4月15日、第1子が誕生[8]

概説[編集]

NSC東京校13期の同期として出会った2人で結成。コンビ名の由来は「響きがかわいい」という事で名付けたもの[1]。余談だが、先輩の村上純しずる)がNSC時代にピスタチオというコンビを組んでいた[9]

最初はネタがウケず、正統派漫才、動きのあるネタ、リズムネタなどライブの度にネタを変え試行錯誤したが、客の反応は無いに等しかった。結成から2年が経過した2012年のある時に解散話が出始め、「どうせ最後になるから何をやってもいいや」として作ったネタが奇妙なイントネーションで喋りつつ変顔をして白目を剥く、独特のスタイルである「白目漫才」だった。そこで「気持ち悪い」など本人たち曰く「初めて反応を得た」と手応えを覚え、解散話を撤回。「白目漫才」を煮詰めていく方針に決めた[1]

この「白目漫才」は2人とも両手を体の前で組んで斜に構えたポーズのまま「私の好きな○○を発表したいですっ」(伊地知)、「ようやく聞けるのですねっ」(小澤)の後、小澤が口でドラムロールの真似をしたり「な〜んのっ?」「それ〇〇じゃな〜くな〜い?」という妙なツッコミをするなど、つかみ所のないナンセンスなやり取りをする流れで押し進めていく[1]2015年、『アメトーーク!』の企画「ザキヤマ&フジモンがパクリたい-1グランプリ」第2回において優勝した[10]。なお、フリートークではこのキャラは全く出さず「キャラ崩壊」とイジられている。

2022年4月27日、同年5月31日を以って解散を発表した[11]。両者とも引き続き吉本興業に所属するが伊地知はピン芸人として再出発し、小澤は芸人を辞め児童福祉関係の資格取得を目指すという[11]。同年6月1日放送の『NEWニューヨーク』にて、ピスタチオの解散式が執り行われた[12]

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブテレビ[編集]

PV[編集]

CM[編集]

単独ライブ[編集]

  • 「ピーナッツ先輩、そりゃないっスよ!!」(2013年8月12日、ヨシモト∞ホール)
  • 「マカダミアナッツくんの逆襲!!」(2014年8月12日、ヨシモト∞ホール)
  • ピスタチオの「おピス」(2015年2月14日、ヨシモト∞ホール)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 日経エンタテインメント! 2015年8月号 p.101「今月のコンテンツガイド」。なお、他のコンビ名候補には「じゃがいも」があったという。
  2. ^ 鬼越トマホーク (2021年8月14日). 【放送禁止】元NO.1ホストがホスト時代のテレビで話せない話を大暴露!!【鬼越トマホーク】 (インターネット番組). 吉本興業. https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=cjZJ8I5BCyI 2022年4月29日閲覧。 
  3. ^ ペペロペBURGERS”. M-1グランプリ 公式サイト. 2021年10月28日閲覧。
  4. ^ “ピスタチオ伊地知大樹、一般女性と結婚していた 5月末でコンビは解散”. サンスポ (産経デジタル). (2022年5月4日). https://www.sanspo.com/article/20220504-D5XQCK4VV5BKLLUBKI7SOPUD44/ 2022年5月4日閲覧。 
  5. ^ a b FRIDAY ダイナマイト 2015年8月25日増刊号(講談社)23ページ
  6. ^ “ピスタチオ小澤、女優の吉川莉早と結婚「たくさんの方々と、なにより奥さんを笑顔に」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年10月10日). https://www.sanspo.com/article/20201010-TEKWAKJMMBKEXDTGK2IF4JGH7E/ 2020年10月10日閲覧。 
  7. ^ ピスタチオ小澤 [@pistachioozawa] (2020年10月10日). "いつもお世話になっている皆様へ。 私事で恐縮ですが、この度結婚致しましーたっ!!(°_°) これから一家を守る大黒柱として、精進して参りますので、今後も応援のほど、宜しくお願いいたしーますっ!(°_°) 伊地知さんにサプライズ報告した時の様子をご覧下ーさいっ!!(°_°)" (ツイート). Twitterより2020年10月10日閲覧
  8. ^ ピスタチオ・小澤慎一朗、第1子誕生を報告 さっそく「将来が不安」と吐露”. ORICON NEWS (2021年5月1日). 2021年5月2日閲覧。
  9. ^ しずる村上純”. Twitter (2014年12月19日). 2022年2月16日閲覧。
  10. ^ 「なんのっ!?」で人気 ピスタチオのボケ役は元No.1ホスト”. 日刊ゲンダイ (2015年3月11日). 2015年3月15日閲覧。
  11. ^ a b “ピスタチオが解散、伊地知は芸人継続、小澤は児童福祉関係の道へ”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2022年4月27日). https://natalie.mu/owarai/news/475678 2022年4月27日閲覧。 
  12. ^ “ピスタチオ解散式「NEWニューヨーク」で実施、2人の今後を鬼越やコロチキが応援”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2022年6月1日). https://natalie.mu/owarai/news/479729 2022年6月12日閲覧。 
  13. ^ “ピスタチオが音楽番組トークコーナーMCに、callmeやあゆみくりかまき招く”. お笑いナタリー. (2016年4月10日). http://natalie.mu/owarai/news/182993 2016年4月11日閲覧。 
  14. ^ 【無料】極楽とんぼKAKERUTV-♯29エロいい女と体験エロ話対決!フリースタイルY談 - Abemaビデオ”. AbemaTV(アベマTV) (2017年11月30日). 2017年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]