ピエール・ウォメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピエール・ウォメ Football pictogram.svg
Pierre Womé.jpg
名前
本名 ピエール・ヌレンド・ウォメ
Pierre Nlend Womé
ラテン文字 Pierre Womé
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1979-03-26) 1979年3月26日(39歳)
出身地 ドゥアラ
身長 178cm
体重 78kg
選手情報
ポジション DF / MF (左SB / 左SH)
利き足 左足
ユース
1993-1994 カメルーンの旗 フォガペ・ヤウンデ
1994-1996 カメルーンの旗 キャノン・ヤウンデ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1997 イタリアの旗 ヴィチェンツァ 3 (0)
1997-1998 イタリアの旗 ルッケーゼ 24 (2)
1998-1999 イタリアの旗 ローマ 8 (0)
1999-2002 イタリアの旗 ボローニャ 47 (3)
2002-2003 イングランドの旗 フラム 14 (1)
2003-2004 スペインの旗 エスパニョール 23 (1)
2005 イタリアの旗 ブレシア 16 (3)
2005-2006 イタリアの旗 インテル・ミラノ 13 (0)
2006-2008 ドイツの旗 ブレーメン 28 (2)
2008-2010 ドイツの旗 ケルン 30 (0)
2010-2011 ガボンの旗 サパン 17 (0)
2012 カメルーンの旗 コトンスポール 2 (0)
2012-2014 カメルーンの旗 キャノン・ヤウンデ 25 (5)
2014 カメルーンの旗 UMSデ・ロウム
2014-2015 フランスの旗 シャンブリー 21 (0)
2015-2016 フランスの旗 ロワ=ノヨン 18 (2)
代表歴
2000 カメルーンの旗 カメルーン U-23 6 (0)
1998-2012 カメルーンの旗 カメルーン 69 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ピエール・ヌレンド・ウォメPierre Nlend Womé, 1979年3月26日 - )は、カメルーンドゥアラ出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションは、左サイドバック及び左サイドハーフ

経歴[編集]

クラブ[編集]

母国のフォガペ・ヤウンデとキャノン・ヤウンデの下部組織を経て、1996年夏にヴィチェンツァ・カルチョでプロキャリアを始め、2002年8月にイングランド1部フラムFCへ移籍する[1]までの約7シーズンをイタリアで過ごした。ASローマに移籍金20億リラで加入し、1999年にはボローニャFCへ共同保有・移籍金60億リラで加入[2]。また、ボローニャからローマへフランチェスコ・アントニオーリ, アメデオ・マンゴーネ英語版, アレッサンドロ・リナルディ英語版がそれぞれ100億リラ, 130億リラ, 60億リラで移籍した。その後、2000年6月にボローニャは僅か100万リラで買い取った。イングランドのフラムでは、2003年2月のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦(3-0)で移籍後初得点にして唯一となる得点を挙げた[3]

フラム退団後はRCDエスパニョールインテルナツィオナーレ・ミラノでプレーした後、ドイツのヴェルダー・ブレーメンへ移籍した。この結果、欧州の4大リーグ全てでプレーした史上5人目の選手となった(前例はフロリン・ラドチョウゲオルゲ・ポペスクアベル・シャヴィエルヨン・ダール・トマソン)。2008年夏に1.FCケルンに移籍し[4]、2010年6月30日に退団した。

2012年2月24日に母国のコトンスポール・ガルアに加入するも[5]、3月16日にキャノン・ヤウンデに4ヶ月の契約で移籍[6]。母国復帰の理由について、ロナウジーニョがやり直すためブラジルに復帰したのを見て、自身もその思いに駆られたと明かした[7]

代表[編集]

2000年に行われたシドニーオリンピック決勝でのPK戦で5人目のキッカーとして成功し、金メダル獲得に貢献した。

2006 FIFAワールドカップ・アフリカ予選の最終節・エジプト戦は、この試合に勝利しなければ2006 FIFAワールドカップ出場を逃すという重要な試合だったが、1-1で迎えたロスタイムにPKを得るもポストに当てて外してしまった。これにサポーターが憤怒し、ヤウンデにあるウォメの自宅が襲われ、愛車ベンツが破壊された。たった1回のPK失敗が大騒動を引き起こした。(詳細についてはヤウンデの悲劇を参照)

それから数日後の記者会見で、"あの場面で会話はなかったが、サミュエル・エトオや主将のリゴベール・ソングですら、あのPKを蹴りたがらなかった。だが、自分はPKキッカーのリストに名を連ねていたから、あそこに向かった"と語り、またサポーターから身の危険を感じていることも明かした[8]

2007年3月19日に代表引退を表明した[9]が、2009年7月の2010 FIFAワールドカップ・アフリカ予選で復帰[10]。それを最後に暫く遠ざかっていたが、2012年10月に久しぶりに招集された[10]

脚注[編集]

  1. ^ "Fulham snap up Wome"
  2. ^ "BILANCIO D’ESERCIZIO E CONSOLIDATO DI GRUPPO AL 30 GIUGNO 2000"
  3. ^ "Fulham overpower Baggies"
  4. ^ "Wome seals Cologne move"
  5. ^ "Wome calls Coton Sport home"
  6. ^ "Football: Wome Officially Joins Canon"
  7. ^ "Pierre Wome Nlend: “Why I choose to return to Cameroon”."
  8. ^ "Wome reveals fears for his life "
  9. ^ "Wome quits Cameroon"
  10. ^ a b "Wome accepts Lions' recall"

外部リンク[編集]