ローレン・エタメ・マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローレン Football pictogram.svg
名前
本名 Laureano Bisan Etame Mayer
ラウレアーノ・ビサン・エタメ・マイヤー
ラテン文字 LAUREN
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1977-01-19) 1977年1月19日(39歳)
出身地 ロンディ・クレイビ
身長 180cm
体重 83kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
代表歴
1998–2004 カメルーンの旗 カメルーン 25 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラウレアーノ・ビサン・エタメ・マイヤーLaureano Bisan Etame Mayer, 1977年1月19日 - )はカメルーンの元サッカー選手。ポジションはディフェンダー

人物[編集]

父親は赤道ギニア政治家だった。メイドが働き、大きな家に住んでいた裕福な家庭だったが、1977年に独裁者のマシアス・ンゲマにより、突然父親が政治犯として投獄され、処刑を待つ身になっていた。赤道ギニアに所属していた兄の働きで父親は釈放された。父親は既にローレンを妊娠中だった母親と共に国境を越えカメルーンに入国。ローレンはカメルーンで生まれた。かつてスペインの植民地だった赤道ギニアと違い、カメルーンではフランス語で話す必要があったため、家族は数年でスペインのマドリードに引越し、セビリアに移り住んだ[1]

経歴[編集]

スペインでプロデビューし、1998年にRCDマヨルカに加入。元スペイン代表のビセンテ・エンゴンガと鉄壁のダブルボランチを構成した。98-99年のカップウィナーズカップ(現在のUEFAカップ)では、決勝でSSラツィオに敗れたものの、準決勝でアーセナルFCを破るなど、マヨルカ旋風の立役者となった。(ちなみに、マヨルカ在籍時代は、『ラウレン』と表記されることが多かった)

2000年夏にアーセナルFCへと移籍。03-04シーズンのリーグ戦無敗優勝等、チームの主力として活躍した。

2007年1月、冬の移籍マーケットでアーセナルFC時代のチームメイト、ソル・キャンベルヌワンコ・カヌらがプレーしているポーツマスFCへ移籍した。

代表では2002 FIFAワールドカップに出場し、カメルーン代表の話題性に乗じて日本でも幾度か名前を聞くことができた。しかし大会後に代表招集を拒否、2004年に再び招集を受け入れるもその後正式に代表引退を表明した。2001年のコンフェデレーションズカップでは、何の予告もなく来日が遅れ、一部では『ローレン失踪か?』と報じられた。

2010年3月にスペインのコルドバCFと契約を結んだが、シーズン終了後現役を引退した。

所属クラブ[編集]

出典[編集]

  1. ^ フットボール:インタビュー: ローレン・ビサン-エタメ: '大きな狙いは Football: Interview: Lauren Bisan-Etame: `The main aim is the イギリスインデペンデント紙 2005年1月17日 by BRIAN VINER

外部リンク[編集]