ピエール・ボヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・ボヤ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Pierre Boya
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1984-01-16) 1984年1月16日(35歳)
出身地 ドゥアラ
身長 183cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム インドの旗 モフン・バガンAC
ポジション FW
背番号 43
利き足 右足
ユース
カメルーンの旗 ユニオン・ドゥアラ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003 レバノンの旗 サラーム・ザガルター 27 (15)
2003-2007 セルビアの旗 パルチザン・ベオグラード 64 (9)
2007-2009 ルーマニアの旗 ラピド・ブカレスト 32 (8)
2009-2010 フランスの旗 グルノーブル 31 (1)
2010-2011 セルビアの旗 パルチザン・ベオグラード 7 (3)
2011-2012 オーストリアの旗 アウストリア・ルステナウ 14 (11)
2012-2013 デンマークの旗 ラナース 15 (2)
2014 アルバニアの旗 クケシ 9 (4)
2014- インドの旗 モフン・バガン 20 (13)
代表歴
2005-2007 カメルーンの旗 カメルーン 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年7月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ピエール・ボヤPierre Boya1984年1月16日 - )は、カメルーンドゥアラ出身のサッカー選手カメルーン代表経験もある。ポジションはフォワード

来歴[編集]

地元の強豪でもあるウニオン・ドゥアラのユース出身。その後、レバノンリーグへと渡り、国外デビューを果たす。

2003/04シーズンから在籍したセルビアパルチザン・ベオグラードでは、フィジカル面を生かして攻撃のオプションとして、まずまずの働きを見せ、チャンピオンズリーグUEFAカップにも出場している。

その後、ルーマニアラピド・ブカレストへと移籍したが、2008/09シーズン途中に、ラピド・ブカレストの経営難などから、グルノーブルへと移籍した。

カメルーン代表では、パルチザン時代の活躍から招集を受け、4Capと1得点を記録している。

エピソード[編集]

  • 好不調の波が大きい。2004年のUEFAカップでは、格上ともいえるセリエASSラツィオに対して、1人で2得点をあげる大車輪の働きを見せ、ドローに貢献しているが、その後長きにわたって得点を挙げられなかった。