ヒョウ皮のふちなし帽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒョウ皮のふちなし帽
ボブ・ディランシングル
初出アルバム『ブロンド・オン・ブロンド
B面 我が道を行く
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ナッシュビル、コロムビア・スタジオ(1966年3月10日)
ジャンル ロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ボブ・ディラン
プロデュース ボブ・ジョンストン
チャート最高順位
ボブ・ディラン シングル 年表
女の如く
b/w
5人の信者達
(1966年8月)
ヒョウ皮のふちなし帽
b/w
我が道を行く
(1967年4月)
アイ・スリュー・イット・オール・アウェイ
b/w
漂流者の逃亡
(1969年4月)
テンプレートを表示

ヒョウ皮のふちなし帽」(原題: Leopard-Skin Pill-Box Hat)は、ボブ・ディランの楽曲。『ブロンド・オン・ブロンド』(1966年)に収録後、シングルカットされた。

概要[編集]

ニューヨークで2回、ナッシュビルで2回レコーディングが行われたが、最後に行われた1966年3月10日のセッションのものがレコードに使われた。プロデューサーはボブ・ジョンストン。

1967年4月24日、アルバムからシングルカットされた[1]。B面は「我が道を行く(Most Likely You Go Your Way and I'll Go Mine)」。

「ピルボックス帽(pillbox hat)」とは頂点が平らでつばの無い婦人用の小型帽のこと。1961年にアメリカ合衆国のファーストレディになったジャクリーン・ケネディが着用したことで1960年代に広く知られるようになった[2]

スタジオ録音、コンサート音源の詳細は以下のとおり[3]

録音日 場所 演奏者 レコード、CDなど
1966年1月25日 ニューヨーク ロビー・ロバートソン(ギター)、アル・クーパー(オルガン)、ウィリアム・E・リー(ベース)、ポール・グリフィン(ピアノ)、ボビー・グレッグ(ドラムズ) ノー・ディレクション・ホーム:ザ・サウンドトラック(第7集)』(2005年)
1966年1月27日 ニューヨーク ロビー・ロバートソン(ギター)、アル・クーパー(オルガン)、リック・ダンコ(ベース)、ボビー・グレッグ(ドラムズ) The Bootleg Series Vol. 12: The Cutting Edge 1965–1966』(2015年)
1966年2月14日 ナッシュビル チャーリー・マッコイ(ギター、ベース)、ロビー・ロバートソン(ギター)、ウェイン・モス(ギター)、ジョー・サウス(ギター、ベース)、ジェリー・ケネディ(ギター)、アル・クーパー(オルガン)、ハーガス・ロビンス(ピアノ)、ケニー・バットレー(ドラムズ) 同上
1966年3月10日 ナッシュビル ロビー・ロバートソン(ギター)、ウェイン・モス(ギター)、ジョー・サウス(ギター、ベース)、アル・クーパー(オルガン)、ヘンリー・ストルゼレッキー(ベース)、ケニー・バットレー(ドラムズ)、ボブ・ディラン(冒頭のリード・ギター、ハーモニカ) ブロンド・オン・ブロンド』(1966年)、シングル(1967年)
1966年5月17日 マンチェスター ロビー・ロバートソン(ギター)、リック・ダンコ(ベース)、リチャード・マニュエル(ピアノ)、ガース・ハドソン(オルガン)、ミッキー・ジョーンズ(ドラムズ) ロイヤル・アルバート・ホール:ブートレッグ・シリーズ第4集』(1998年)

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 45cat - Bob Dylan - Most Likely You Go Your Way And I'll Go Mine / Leopard-Skin Pill-Box Hat - Columbia - USA - 4-44069
  2. ^ William J. Spurlin, 'I'd Rather Be the Princess Than the Queen', Mourning Diana: Nation, Culture and the Performance of Grief, ed. Adrian Kear and Deborah Lynn Steinberg, Routledge, London, 1999, page 158
  3. ^ STILL ON THE ROAD 1966 BLONDE ON BLONDE RECORDING SESSIONS AND WORLD TOUR