ヒポキサンチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒポキサンチン
識別情報
CAS登録番号 68-94-0
PubChem 790
MeSH Hypoxanthine
特性
化学式 C5H4N4O
モル質量 136.112
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヒポキサンチン(Hypoxanthine)は、天然に存在するプリン誘導体の一つである。ヒポキサンチンは核酸で見られ、ヌクレオシドイノシンの形でtRNAアンチコドンを与える。

反応[編集]

ヒポキサンチンはキサンチンオキシダーゼによってキサンチンから作られ、サルベージ経路ヒポキサンチン-グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼによってイノシン一リン酸に変換される。また、アデニンは自発的に脱アミノ化しヒポキサンチンに変化する。これは、DNAの誤転写・誤複製に繋がっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]