グアノシン二リン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グアノシン 5'-二リン酸
グアノシン 5'-二リン酸
一般情報
IUPAC名 グアノシン 5'-二リン酸
別名 GDP
分子式 C10H15N5O11P2
分子量 443.20 g/mol
形状
CAS登録番号 [146-91-8]
SMILES O[C@H]1[C@H]([C@H](N2C(N=
C(N)NC3=O)=C3N=C2)O[C@@H]
1COP(O)(OP(O)(O)=O)=O)O
性質

グアノシン二リン酸(グアノシンにリンさん、Guanosine diphosphate)、はヌクレオチドの一種であり、略号はGDPである。それはグアノシンヌクレオシドピロリン酸エステルである。すなわち、GDPはピロリン酸五炭糖リボースそして核酸塩基グアニンから構成される。

GDPはGTPアーゼGTPを用いた二リン酸化、例えばシグナル伝達の際にGタンパク質、により生成する。

生化学的にはGDPはピルビン酸キナーゼホスホエノールピルビン酸の助けによりGTPに変換される。

関連項目[編集]