デオキシウリジン一リン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デオキシウリジン一リン酸
識別情報
CAS登録番号 964-26-1
PubChem 688
MeSH 2'-deoxyuridine-5'-monophosphate
特性
化学式 C9H13N2O8P
モル質量 308.182
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

デオキシウリジン一リン酸(デオキシウリジンいちリンさん、: Deoxyuridine monophosphate)は、デオキシヌクレオシドの一種である。

デオキシウリジン一リン酸は、デオキシリボヌクレオシド代謝中間体である。

デオキシウリジン一リン酸5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸は、チミジル酸シンターゼ (FAD)によりメチル化されたチミジル酸(dTMP)とテトラヒドロ葉酸を生成する。

(反応式) 5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸 + デオキシウリジン一リン酸(dUMP) + FADH2 チミジル酸(dTMP) + テトラヒドロ葉酸 + FAD

なお、DNAの合成は、dUMP(デオキシウリジン一リン酸)-dTMP(チミジル酸)-dTDP(チミジン二リン酸)-dTTP(チミジン三リン酸)と進み[1][信頼性要検証]、リン酸2分子分のピロリン酸が遊離して、チミジル酸に相当する部分がDNA鎖のデオキシリボースの3'位に結合することで、アデニングアニンシトシンチミンと4種類あるDNA塩基のうちのチミンが完成する。

DNAの化学構造

脚注[編集]

  1. ^ 血液検査-巨赤芽球性貧血 1999/03/10の講義 中国労災病院中央検査部

関連[編集]