チミジン三リン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チミジン 5'-三リン酸
チミジン 5'-三リン酸
一般情報
IUPAC名 チミジン 5'-三リン酸
別名 dTTP
分子式 C10H17N2O14P3
分子量 482.168 g/mol
形状
CAS登録番号 [365-08-2]
性質

チミジン三リン酸(チミジンさんリンさん、Thymidine triphosphate、略号TTP)またはデオキシチミジン三リン酸(デオキシチミジンさんリンさん、 deoxythymidine triphosphate、略号dTTP)は、4つのヌクレオチド三リン酸の一つで生体内(In vivo)DNA合成に利用される。またDNAリガーゼによって、細菌性プラスミドの突起端を閉じる際の"sticky ends"を形成する場面に利用される。