ハーラル1世 (ノルウェー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハーラル1世
古ノルド語: Haraldr hinn hárfagri
ノルウェー語: Harald Hårfagre
ノルウェー王
Flateyjarbok Haraldr Halfdan.jpg
右側の長髪の人物がハーラル1世(フラート島本
在位 872年頃 - 930年
出生 850年
死去 930年
配偶者 ラグンヒルド・エリクスドッテル
  オーサ・ホーコンスドッテル
子女 エイリーク1世
ビョルン
シグル
オーラヴ
ホーコン1世
王家 ユングリング家
王朝 ホールファグレ朝
父親 ハルフダン黒王[1](ヴェストフォルの王)
テンプレートを表示

ハーラル1世古ノルド語:Haraldr hinn hárfagriノルウェー語:Harald Hårfagreアイスランド語:Haraldur hinn hárfagri850年頃 - 930年頃)は、ノルウェー最初の統一王とされる人物(在位:872年頃 - 930年頃)である。

解説[編集]

フレデリック・サンディーズ(Frederick Sandys)が1862年に描いたハーラル1世

ヴェストフォルの小王ユングリング家の出身[2]スウェーデン王家の出身であるともいわれている[3]

美髪王Hårfagre)とも呼ばれるが、それについては以下のような伝承がある。ハーラルはノルウェー西部の一小王の娘に求婚したが、「一国全体の王としか結婚できない」と拒絶された。そこで彼はノルウェー全土の征服を決意、それを実現するまで髪を切らない誓いを立て、「蓬髪のハーラル」と呼ばれるようになった。そしてノルウェー統一がなった後は髪を整え、以後「美髪」と呼ばれるようになったという[3]

なお、ハーラル1世のノルウェー統一事業最後の戦いは、885年(伝承では872年)と考えられているが、統一は実際には沿岸部のみで、他の地方は彼と姻戚関係を結んだ豪族たちが実効支配していた。

ハーラルのノルウェー統一は実際には、略奪的なヴァイキング(本来は「遠征」の意味)によらず、交易に関与し沿岸航路の安全をはかる必要のあった豪族たちによる協働の結果とする説も唱えられている。

また、ハーラル1世の親衛兵の一部はベルセルクであったという伝承もある。

子女[編集]

以下の子女がいる[1]


脚注[編集]

  1. ^ a b 下津、p. 376
  2. ^ 百瀬 他、p. 48、付録p. 66
  3. ^ a b 武田、p. 22

参考文献[編集]

  • 百瀬宏 他 『新版 世界各国史 21 北欧史』 山川出版社、1998年
  • 武田龍夫 『物語 北欧の歴史』 中央公論社、1993年
  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

先代:
ノルウェー国王
872頃 - 930頃
次代:
エイリーク1世