マグヌス5世 (ノルウェー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マグヌス5世
Magnus V Erlingsson
ノルウェー王
Magnus Erlingssons saga-Tittelfrise-G. Munthe.jpg
「マグヌス・エーリングソンのサガ」
在位 1161年 - 1177/84年
出生 1156年
ノルウェー、エトネ
死去 1184年6月15日
フィムライテ
配偶者 ラグンヒルド・エリクスドッテル
子女 エストリッド
王家 シュル家
王朝 ホールファグレ朝
父親 エーリング・スカッケ
母親 クリスティン
テンプレートを表示

マグヌス5世(Magnus V Erlingsson, 1156年 - 1184年6月15日)は、ノルウェー王(在位:1161年 - 1177年/84年)。マグヌス3世の曾孫、マグヌス4世の甥にあたる[1]

生涯[編集]

マグヌス4世の姉妹クリスティンと豪族エーリング・スカッケの間の子[1]。1177年、ノルウェー王家の庶流の出であるスヴェレ・シグルツソンが民衆の支持を得てノルウェーに上陸し、反乱を起こしたため、鎮圧に向かうも敗れて、逆にデンマークへ追放された。

1184年、再起を図って再度ノルウェーに上陸するも、またもスヴェレ・シグルツソンの前に敗れて戦死した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 百瀬 他、付録p. 66

参考文献[編集]

  • 百瀬宏 他 『新版 世界各国史 21 北欧史』 山川出版社、1998年
先代:
ホーコン2世
ノルウェー王
1161年 - 1177/84年
次代:
スヴェレ・シグルツソン