ハハコグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハハコグサ
Gnaphalium affine
Gnaphalium affine
東京都府中市、2005年5月11日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類II Euasterids II
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ハハコグサ連 Gnaphalieae
: ハハコグサ属 Gnaphalium
: ハハコグサ G. affine
学名
Gnaphalium affine
D.Don[1]
シノニム

Pseudognaphalium affine
(D.Don) Anderb.
Gnaphalium luteoalbum
L.
subsp. affine
(D.Don) Koster
Pseudognaphalium luteoalbum
(L.) Hilliard et B.L.Burtt
subsp. affine
(D.Don) Hilliard et B.L.Burtt

英名
Jersey Cudweed

ハハコグサ(母子草、学名: Gnaphalium affine)は、キク科ハハコグサ属越年草である。春の七草の1つ、御形(ごぎょう、おぎょう)でもあり、茎葉の若いものを食用にする[2]

名称[編集]

ハハコグサの語源は諸説あるが、有力なものとしては、茎葉全体に白く軟らかい毛が密生し、花の冠毛も起毛状にほおけ立つことから、別名ホオコグサとよばれ、これを昔は「ほほける」を「ははける」と書いたので、当て字でハハコグサに転訛したといわれている[2][3][4]。ホウコグサと言われたのは、江戸時代だといわれている[5]ホウケグサの名は、花が終わった後の綿毛が毛羽立つ(ほうける)様子から、「ほうける草」に由来する[3]。また平安時代前期の文徳天皇の事績を記した『文徳実録』(879年)では、この植物は「母子」と呼ばれたり、「母子草」と記されているとされ[5]、この草の物語を創作し、母子草の字を当てたとの説もある[2]

ハハコグサは春の七草の一つに数えられており、有名な四辻左大臣の歌で「ごぎょう」あるいは「おぎょう」と詠まれている[6][4]。古名であるゴギョウオギョウ(御形)の語源は、厄除けのために御形とよばれる人形(ひとがた)を川に流した、雛祭りの古い風習が関係していると考えられている[6]

漢名(中国植物名)は鼠麹草(そきくそう)で、葉に軟毛があって、形がネズミの耳に似ていて、黄色い花とその形からを連想して名付けたといわれている[2][6]

日本の地方により、アワゴメ(粟米)、ウサギノミミ(兎の耳)、ホーコ、マワタソウ(真綿草)、キャーロツリクサ(蛙釣草)、コウジバナ(麹花)、モチグサ(餅草)など方言名がある[6]。幼いころの名称は、カラスノオキュウ(烏のお灸)[4]

特徴[編集]

二年草で、秋に発芽して、はへら形の白っぽい根出葉が地面に広がってロゼットの状態で越冬し、になるとを伸ばして草丈15 - 40センチメートル (cm) になる[2][7][8]。根出葉は花のころにはほぼなくなり[8]と茎には白い綿毛が密生している[7]。ハハゴグサ全体を包んでいる軟毛は、害虫に食べられるのを防ぐためのものであると考えられている[9]

花期である春から初夏にかけて(4 - 6月ころ)、茎の先端に頭状花序の黄色いが密に集まって多数咲かせる[2][5]。花が終わると、同科のタンポポと同じように、実は綿毛をつけて、風に乗せて種子を飛ばす[3][7]

分布・生育地[編集]

中国からインドシナマレーシアインドにまで分布する。日本では全国に見られるが、古代中国または、朝鮮半島から帰化したと言われる[2]

荒れ地、人里の道端や田畑などに普通に見られ[8][10]、冬の水田にもよく出現する。

利用[編集]

食用[編集]

春の七草でよばれるオギョウ(御形)は、ロゼットの部分を七草がゆに用いる[4]。茎が立つ以前の若苗を食用にし、餅や団子に入れて、草餅草団子をつくることができる[7][8]

かつては3月の節句に若芽を摘んで、餅に入れて草餅にして、「母子餅」とよんで祝いに用いられていたであった[2]。もともと草餅は、香りづけや色づけではなく、餅のつなぎとして草が入れられたもので、そこで全体に細かな毛が生えていたハハコグサが用いられ、餅に絡まって粘りを出すために役立てられていた[9]。ハハコグサを使った「母子餅」は雛祭りに欠かせないものだったが、「母と子をでつくのは縁起が良くない」として[9]平安時代ごろからに代わったともされているが、実際には、出羽国秋田や丹後国峯山など、地方によっては19世紀でも草餅の材料として用いられている。餅草がヨモギに変わったのは、江戸時代初期といわれている[2]

薬用[編集]

花期の地上部の茎葉には、フラボノイドの一種であるルテオリン・モノグルコシドフィトステロール硝酸カリカリウム塩などを含んでいる[2]。カリ塩が約1%と多く含むことから、尿の出を良くする利尿作用、痰の切れを良くする去痰作用があると考えられている[2][7]。カリ塩以外の他の成分も、前記の作用を補助していると考えられている[2]

開花初期に、花がついた全草を採取し細かく裁断して日干ししたものには鼠麹草(そきくそう)という生薬名があるが[2]、伝統的な漢方方剤では使わない。民間療法として、かぜや咳止め、扁桃炎、のどの腫れなどには、鼠麹草1日量20グラムを約600 ccの水で半量になるまでとろ火で煮詰めた煎じ汁を、うがい薬として用いる用法が知られている[2]。痰が多い咳で服用するときは、鼠麹草1日量5グラムを600 ccの水で煎じた汁で3回に分けて分服すると、寒いところで出る咳の場合に良いとされる[10]。また急性腎炎などで尿の出が悪く身体がむくんだときに、鼠麹草1日量10グラムを前記に準じた煎じ汁で1日3回に分けて分服すると、利尿作用でむくみを軽くするといわれている[2]。肺を温める薬草で、肺に熱があり、痰が黄色で、のどが渇く人には禁忌とされる[10]

栽培[編集]

開花後に白い綿状の冠毛が見えるものを採取し、苗床に蒔かれる[7]。種子は極めて小さいため、土に押しつけて灌水し、落ち着かせる[7]

ハハコグサ属[編集]

ハハコグサ属(ハハコグサぞく、学名: Gnaphalium)は、キク科の一つ。世界中に100種ほどが知られ[6]、日本ではハハコグサ、チチコグサアキノハハコグサなど5種ほど、それに若干の新しい帰化種が加わる。属の学名グナファリウムは、軟毛に由来するフェルトを意味する[6]英語名のエバーラスティングは、丈夫なラシャ布を表す語である[6]

なお、ウスベニチチコグサ属(学名: Gamochaeta)をハハコグサ属に含めることもある。

その他[編集]

やや姿の似た植物にはハハコグサ(あるいはハハコ)の名を持つものがある。代表的なものを以下に挙げる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 田中孝治 1995, p. 105.
  3. ^ a b c 稲垣栄洋 2010, p. 57.
  4. ^ a b c d 飯泉優 2002, p. 92.
  5. ^ a b c 田中修 2007, p. 31.
  6. ^ a b c d e f g 稲垣栄洋 2010, p. 56.
  7. ^ a b c d e f g 馬場篤 1996, p. 93.
  8. ^ a b c d 菱山忠三郎 2014, p. 17.
  9. ^ a b c 稲垣栄洋 2010, p. 54.
  10. ^ a b c 貝津好孝 1995, p. 109.

参考文献[編集]

  • 飯泉優『草木帖 —植物たちとの交友録』山と溪谷社、2002年6月1日、92頁。ISBN 4-635-42017-5
  • 稲垣栄洋『残しておきたいふるさとの野草』地人書館、2010年4月10日、54 - 57頁。ISBN 978-4-8052-0822-9
  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、109頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 田中修『雑草のはなし』中央公論新社〈中公新書〉、2007年3月25日、30 - 31頁。ISBN 978-4-12-101890-8
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、105頁。ISBN 4-06-195372-9
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光舎、1996年9月27日、93頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 菱山忠三郎『「この花の名前、なんだっけ?」というときに役立つ本』主婦の友社、2014年10月31日。ISBN 978-4-07-298005-7
  • 平野隆久写真『野に咲く花』林弥栄監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、1989年、56頁。ISBN 4-635-07001-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]