ハゲタカ (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハゲタカ』は、2004年平成16年)に刊行された、作家・真山仁による経済小説。当時「ハゲタカファンド」と呼ばれた、短期的な利益獲得のみを目的とした投資ファンドと、それを取り巻く人や金を描いている。

続編として、『バイアウト』(2006年、文庫版タイトルは、『ハゲタカII』)が刊行されたほか、これら2作を原作として、2007年NHKでテレビドラマ 『ハゲタカ』が、2009年にはタイトル『ハゲタカ』で映画も製作された。

概要[編集]

主にバブル崩壊後の1997年-2004年(ハゲタカ)・2005年-2006年(ハゲタカII)の日本を舞台としている。本2作品は、外資系バイアウト・ファンド(ハゲタカファンド)マネージャー鷲津政彦、および銀行員から企業再生家(ターンアラウンドマネージャー)に転じる芝野健夫を中心として、彼らが不良債権処理や企業買収を行う姿を軸に話が展開する。このことから、一見するとハゲタカ外資と国内資本の対立をテーマとした小説のように受け取られる可能性がある。しかしながら、作者自身はこの作品のテーマについて、「言い訳をしながら生きることはもう止めよう」と述べている[1]。つまり、作者が描きたかったものは「勇気を持って日本の国が抱える問題を正視」[1]する鷲津や芝野の姿勢である。

この作品に登場する架空の企業のそれぞれモデルになった企業は以下のとおりである。

このことは、読者が本2作品に親しみやすくする効果を持っているが、作品中に書かれている記述はあくまで架空のものであることに留意が必要である。

あらすじ[編集]

ハゲタカ[編集]

鷲津政彦は、ニューヨークでハゲタカファンドの世界に身を投じ、ゴールデン・イーグル(イヌワシ)と異名をとる凄腕ファンドマネージャーとなった。彼は、外資ホライズン・キャピタルの代表取締役として1997年に日本へ帰国した。当時、三葉銀行はバルクセール(不良債権の一括売却)を予定しており、三葉銀行資産流動対策室長・芝野健夫と鷲津政彦とは取引の当事者同士として出会う。

バルクセール終了後、芝野は、ターンアラウンドマネージャー(企業再生家)として鷲津の元で働くよう誘われるが、鷲津の人柄に相容れないものを感じて断る。芝野はまた、三葉銀行の体質に疑問を持ったため、退職し、栃木県のスーパーマーケットのターンアラウンドマネージャーに転じる。

一方、鷲津は不良債権処理だけでは飽き足らず、本格的な企業買収に乗り出す。芝野の元上司であった三葉銀行専務の飯島亮介と裏の繋がりをつけた鷲津は、東京相愛銀行、太陽製菓などの買収に成功した。しかしながら、政府系地域再生ファンドを隠れ蓑として、日光の全面的な再開発計画を立てたものの、日本政府の干渉によって断念することになった。

以上の経緯の後で、鷲津が芝野と飯島に接近した本当の理由は、ビジネスに関するものではなく個人的なものであったことが明かされる。

ハゲタカII(バイアウト)[編集]

前作の最後で取った行動のため、命に危険を感じた鷲津は日本から1年間離れて放浪していた。帰国後、鈴紡を最初の買収対象にした鷲津だが、鈴紡のメインバンクのUTB銀行(元の三葉銀行)と対立することになる。UTB銀行の頭取に就任していた飯島は、最高事業再構築者責任者(CRO)として芝野を鈴紡へ送り込む。最終的に、鈴紡は...。

鈴紡の処理が決まった約1年後、芝野は曙電機のCROに就任していた。日本を代表する優良企業シャインや米国の軍事産業ファンドであるプラザ・グループによる曙電気獲得の嵐に、芝野と鷲津は巻き込まれていくのであった...。

レッドゾーン[編集]

前作における将軍との戦い以降、鷲津はいつまでも変わらない日本という国に対する憤りを感じていた。そんな時、鷲津達のもとに賀一華と名乗る人物が接触する。

中国における若手ファンドマネージャーである賀一華による日本最大の自動車メーカーである「アカマ自動車」の買収劇。アカマ自動車内部の分裂、中国政府の関与など様々な利害が渦巻く中、鷲津は史上最大の買収決戦に臨んでいく。

主要人物[編集]

鷲津政彦
職歴: ジャズピアニスト → KKLディーラー → ホライズン・キャピタル(社長→会長)→ サムライ・キャピタル代表
芝野健夫
職歴: 三葉銀行(船場支店→ニューヨーク支店→(中略)→営業企画部→資産流動対策室長)→えびす屋(専務→社長)→ 鈴紡CRO → 曙電機CRO → マジテックCRO → アカマ自動車CRO
飯島亮介
職歴: 三葉銀行(船場支店営業課長→(中略)→大阪本店取締役→常務総合企画部長→専務)→ UTB銀行(副頭取→頭取)→ ニッポン・ルネッサンス機構総裁
松平貴子
職歴: ミカドホテル従業員(ローザンヌホテル大学留学)→ロイヤル・センチュリーホテル・ジャパン→ミカドホテルグループ社長→ミカドホールディングス社長→リゾルテ・ドゥ・ビーナス支配人
リン・ハットフォード
職歴: ゴールドバーグ・コールズ(日本法人副社長→(中略)→米国本社副社長)→ サムライ・キャピタル会長

モデルとなった現実の出来事[編集]

括弧内は小説作中の架空企業

既刊[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 真山仁公式サイト・土曜ドラマ「ハゲタカ」特設ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]