ノクターン号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノクターン号(京浜急行バス)
ノクターン号(京浜急行バス)
ノクターン号(弘南バス)
ノクターン号(弘南バス)

ノクターン号(ノクターンごう 英称:The nocturne)は、神奈川県横浜市東京都23区青森県弘前市五所川原市とを結ぶ夜行高速バス

概要[編集]

弘前と盛岡を結ぶ高速バス「ヨーデル号」の利用状況が好調であったが、利用者の60%が弘前から東京への流動で占められていることが判明した[1]。当時、東北新幹線盛岡駅が終点だった。このため、弘南バスでは東京へ直行するバスにも需要が認められると判断、夜行バスの新規路線運行計画を立案した。共同運行事業者として、それまで帰省バスの運行支援などで実績のあった京浜急行電鉄を選ぶことになった。

当初は採算性を疑問視するバス会社が多く、当事者である弘南バスと京浜急行電鉄も需要に不安はあった[2]。その後、横浜線の新設や五所川原への延伸、スーパーシートの設定(現在は終了)など積極的に施策が講じられている。

2002年10月より昼行便の「スカイターン号」を新設したが、利用低迷により[3]2006年9月に青森上野号(現・スカイ号)に統合する形で廃止されている。

運行会社[編集]

運行系統および停車停留所[編集]

2014年12月1日現在。

凡例 ○:乗車のみ取り扱い ●:降車のみ取り扱い ↓↑:通過又は経由せず ◇◆:休憩

所在地 停留所名 ノクターン号(夜行便) 備 考
横浜

五所川原
横浜

五所川原
品川

五所川原
品川

五所川原
品川

弘前
品川

弘前
浜松町

弘前

神奈川県 横浜市 横浜駅東口バスターミナル
東京都 港区 品川バスターミナル
浜松町バスターミナル 9号車以降は浜松町始発
栃木県 佐野市 佐野SA
岩手県 紫波郡紫波町 紫波SA
青森県 弘前市 弘前バスターミナル
さくら野弘前店
五所川原市 五所川原駅
  • 繁忙期に増発便を運行する場合は、浜松町バスターミナル始発便が設定される場合がある。
  • 開放休憩は、2014年12月1日発車分から上り便が佐野SA、下り便が紫波SAで、それぞれ行われる。なお、上下便とも乗務員の休憩として佐野・国見・紫波の3箇所で停車する。また、繁忙期に増便される4列シート車で運行される便に限り、これら3か所全てで開放休憩が行われる。

運行回数[編集]

ノクターン号

  • 横浜・浜松町 - 弘前・五所川原間 - 1日1往復
  • 品川・浜松町 - 弘前間 - 1日1往復
  • 品川・浜松町 - 弘前・五所川原間 - 1日1往復(繁忙期・特定日のみ)
    • 各系統とも浜松町バスターミナル(下り)・弘前バスターミナル(上り)を同時刻に発車(実際の運行体制は#車両の項を参照のこと)。

歴史[編集]

品川バスターミナルで並ぶ京急車(左)と弘南車(右)
  • 1986年昭和61年)12月26日 - ノクターン号を新設[4]。弘前バスターミナル - ホテル・パシフィック・メリディアン東京(品川)間運行開始[4]。運行開始当時、運行距離685kmと日本で最も長距離を走る高速バスであった(それまではムーンライト号の646km)[4]
  • 1989年平成元年)1月14日 - 品川バスターミナル乗り入れに伴い、ホテル京急への乗り入れを廃止。
  • 1990年(平成2年)4月26日 - 横浜線を新設。弘前ビブレ(現・さくら野弘前店) - 横浜間運行開始。
  • 2000年(平成12年)10月2日 - 女性専用車両と往復割引運賃を新設[5]
  • 2002年(平成14年)7月1日 - 昼行便のスカイターン号を新設。
  • 2005年(平成17年)12月1日 - スカイターン号の京浜急行バス担当便を京急観光バスへ移管。
  • 2006年(平成18年)
    • 9月1日 - スカイターン号廃止。
    • 11月1日 - 横浜線の起終点を五所川原駅に変更。
  • 2008年(平成20年)9月30日 - 品川 - 五所川原線(4号車)、月曜日 - 水曜日の運行を休止(繁忙期を除く)。品川 - 弘前線の2号車に設定してきた女性専用車両の運行を終了[6]し、通常車両での運行に変更。
  • 2011年(平成23年)9月1日 - 回数券と学生割引を新設。
  • 2012年(平成24年)12月1日 - この日の品川出発の便をもって、弘南バス車両に設定されていたスーパーシートが廃止[7][8]
  • 2013年(平成25年)
    • 9月29日 - この日をもって、回数券の販売を終了。
    • 11月1日 - この日乗車分から、曜日別運賃が適用(実質の運賃値下げ)。なお、年末年始等、繁忙期は適用除外日がある[9]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 消費税増税に伴い、運賃改定。
  • 2019年令和元年)10月1日 - 消費税引き上げに伴い、運賃を改定[10]

車両[編集]

号車 運行区間 運行担当会社 座席仕様 備 考
1号車 横浜 - 五所川原 京急 / 弘南(隔日運転) 3列独立 繁忙期は浜松町を通過する場合あり
2号車 品川 - さくら野
3号車 品川 - 五所川原
4号車 京急 / 弘南いずれか
5号車 横浜 - 五所川原 運行区間を品川 / 弘前に変更する場合あり
6号車 品川 - 弘前 運行区間を浜松町 / 五所川原に変更する場合あり
7号車 運行区間を浜松町 / 五所川原に変更する場合あり
8号車以降 弘南バス 4列 運行区間を浜松町 / 五所川原に変更する場合あり
  • 通常は1~2号車の2台体制で運行。3号車以降はGW、お盆、年末年始等の繁忙期に運行される。
  • 運行開始当初は「NOCTURNE」の文字をあしらったノクターン号オリジナルの塗装だったが、現在は両社とも独自塗装の車両を使用している。また、一部では2列+1列シートの車両も運用されていた。
  • かつて設定されていたスーパーシートには個室カーテンが装備されていた。但し、3,870円の追加料金が必要であり、往復割引運賃が適用されないなど利用条件が異なっていた。

乗車券[編集]

原則として乗車日の1か月1日前より京浜急行バスの各窓口、ルトラン上大岡、ルトラン横須賀中央、弘南バスと弘南観光の各窓口、JTBなど主要旅行会社で受け付ける。10日以内に往復利用する場合は繁忙期を除き往復割引運賃が適用される。

その他[編集]

  • HTBのTV番組『水曜どうでしょう』の企画「サイコロ6」では、「キング・オブ・深夜バス」と称された「はかた号」に対して、ノクターン号は「東日本の女王」と紹介された。
  • 年間の利用者数は約7万7千人で、関東~東北間を結ぶ夜行高速バスでは最も利用者が多い。「平成18年度における管内高速バス輸送実績(国土交通省東北陸運局 2007年8月9日)」より。
  • 2006年12月に運行開始20周年を記念し、京急バスと弘南バス共同で「ノクターン号」運行開始時の車両・塗装をモデルにしたチョロQを制作した。

関連項目[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木文彦『高速バス大百科』p113
  2. ^ 鈴木文彦『高速バス大百科』p114
  3. ^ 鉄道ジャーナル2003年10月号の記事によれば、キャンペーンとして往復割引運賃を設定した際には、乗客数は1便平均20人程度あったものの、通常期は1便平均10人前後と低迷していた。
  4. ^ a b c 鉄道ジャーナル』第21巻第5号、鉄道ジャーナル社、1987年4月、 137頁。
  5. ^ “品川-弘前間 来月から夜行高速バスに女性専用車”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2000年9月7日) 
  6. ^ その代替として、「パンダ号」に女性専用車両が設定された。
  7. ^ 高速バス ノクターン号スーパーシート車両運行終了について(京浜急行バス トピックス 2012年10月24日)
  8. ^ ノクターン号スーパーシート廃止のお知らせ (PDF) (弘南バス 2012年10月19日)
  9. ^ ノクターン号 運賃改定のお知らせ - 弘南バス・2013年9月20日リリース
  10. ^ 消費税引き上げに伴う運賃改定について”. 京浜急行バス (2019年9月6日). 2019年10月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 鈴木文彦「新版 高速バス大百科」中央書院、1991年11月 ISBN 492442062X

外部リンク[編集]