ニュージャージー工科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニュージャージー工科大学
New Jersey IT logo.svg
Njitphoto.JPG
大学設置/創立 1881年
学校種別 州立
設置者 ニュージャージー州
本部所在地 ニュージャージー州ニューアーク
学生数 11,652
学部 工学部
情報学部
理学部
建築学部
工業デザイン学部
経営学部
研究科 工学大学院
情報学大学院
理学大学院
建築学大学院
経営学大学院
ウェブサイト http://www.njit.edu/
テンプレートを表示

ニュージャージー工科大学英語: New Jersey Institute of Technology)は、ニュージャージー州ニューアークに本部を置くアメリカ合衆国州立大学である。1881年に設置された。大学の略称はNJIT。

概要[編集]

ニュージャージー州ニューアーク市に本部を置く全米屈指の工学系州立大学。研究開発が盛んな少数精鋭の工科大学で知られ、カーネギー高等教育機関分類 R1 (全米の大学のなかで最も高いレベルの研究が行われているトップ2.5%の115校)の一つに指定されている。比較的小規模の大学ながら2022年度予算は約750億円(586.46m米ドル)を確保している。同州内唯一の公立の建築学部を有する

当校メインキャンパスの所在地であるユニバーシティ・ハイツは、4万を超える学生数を有する学芸地区。当校の他に、ニュージャージー医科歯科大学ラトガース大学ニューアーク校、エセクス短期大学のキャンパスも当学芸地区に所在する。この地区の地理的条件は極めて優れている。ニューヨーク州 マンハッタンへの空の玄関口である『ニューアーク国際空港』のおひざ元に在り、またマンハッタン直通の地下鉄『パストレイン』、加えて大陸鉄道『アムトラック』の最重要本線『Northeast Corridor』(ボストン・ニューヨーク・フィラデルフィアワシントンDCを結ぶ路線)の主要駅の一つであるペンシルベニア駅 (ニューアーク)に隣接している。

歴史[編集]

建国の時代から、ニュージャージー州の北方に位置するニューヨークがアメリカ合衆国の金融の中心であることに対して、ニュージャージー州の南方に位置するフィラデルフィアはアメリカ合衆国の工業の中心であった。この二つの巨大都市に挟まれたニュージャージー州は、金融業と製造業が同時に急速に栄えた州となった。現在でもフォーチュン500(米国経済を代表する500社)の多くが本社をニュージャージー州に構えており、その数はどの州のそれよりも多く、ニューアーク市周辺に集中している。

この背景のもと米国産業界はニュージャージー州政府に対して、ニューアーク市周辺で公立の工科大学を設立するよう強く要望していた。

1881年、州政府は『Newark College of Engineering(ニューアーク工科大学)を創立し、当校の発祥の基となった。20世紀に入ると、ゼネラル・エレクトリックトーマス・エジソンベル研究所アレクサンダー・グラハム・ベルRCAデーヴィッド・サーノフなど世界的な発明家・実業家が当校周辺を本拠地として活動し、この地域は人類史上類を見ない産業ルネサンスを遂げ、同校の発展に多大な恩恵をもたらした。

1973年、州政府は『Newark College of Engineering』と『New Jersey School of Architecture』(ニュージャージー州立建築大学)を併合し、当校は現在の『ニュージャージー工科大学』となった。

昨今の動向

特色[編集]

  • 2022年版フォーブス誌によると、当校卒業生の初年収の高さはニュージャージー州内の公立大学で1位、全米の公立大学で14位に付けている。
  • フォーブス誌が行う「Upward mobility」ランキングにおいて、当校は2018年より毎年、全米大学で1位にランクインしている。Upward mobilityとは、Low Income 家族(全米所得分布のBottom 20%)出身の学生が卒業後、全米所得分布のTop 20%に移動するという「アメリカン・ドリームを実現性」に着眼した所得層上向きの割合を測る指数である。(米国の工科大学は私立の機関が多く学費が高い。公立の工科大学は学費が低く、当校の学生はLow Incomeの家族出身が多い背景がある。)
  • 2022年版Payscale.comによると、Return-on-Investment (一人ひとりの学生が「学費に支払った金額(Investment)」に対して「卒業後に得られた収入(Return)」の平均値、すなわち投資効果の値)の高さにおいて、当校は全米大学のトップ2%のハイ・リターン校に属する。また、2019年版Payscale.comによると、当校卒業生の平均年収は、公立工科大学としては ①ジョージア州立工科大学、②ニューメキシコ州立工科大学に次ぐ、全米第3位(平均年収 勤務年数10年未満=US$62,800 ; 勤務年数10年以上=US$121,000)に付けている。
  • 2019年9月、CollegeFactual誌「Civil Engineeringプログラム」で全米2位にランクイン。
  • 2019年1月、CollegeFactual誌「コンピュータ情報システムプログラム」で全米1位にランクイン。
  • 2018年のデータによると、Undergraduate学生数は8,400+、Graduate学生数は2,900+。学生の出身地は米国39州と米国国外97か国。州内出身者が96%を占めるが、移民一世家族出身が多く少数派民族が全体の約半分を占める。毎年の全米大学調査で最もダイバーシティの高い大学のトップ5入りをしている
  • Financial Aid (奨学金など)を受けている学生の割合は80%以上と高く、奨学金基金の数は210を超える。2016-2017年度に提供された奨学金は$140m (150億円)を超える。
  • 学生と教授の割合(17対1)は公立大学としては著しく低く、私立大学なみの「一人ひとりの学生へのきめ細かな教育」が実践されている工科大学として業界から高い評判を得ている。
  • 当校教授陣は産業界からの評価が極めて高く、その平均給料(平均年収1500万円弱/USD112,563)の高さは全米すべての公立大学の中で1位にランクインされている。

組織[編集]

当校は、6つの「学部」と39の研究機関で構成されている。

学部(6学部)[編集]

工学部 (Newark College of Engineering)[編集]

情報学部 (College of Computing Sciences)[編集]

理学部 (College of Science and Liberal Arts)[編集]

建築学部 (New Jersey School of Architecture)[編集]

工業デザイン学部 (School of Art and Design)[編集]

経営学部 (School of Management)[編集]

研究機関(39機関)[編集]

Applied Life Science(3機関)[編集]

  • The Center for Applied Genomics
  • The Medical Device Concept Laboratory
  • The Vision and Neural Engineering Lab

Architecture and Design(3機関)[編集]

  • Center for Architecture and Building Science Research:
  • Concrete Testing Laboratory
  • Imaging Laboratory

Computing, Mathematics, and Telecommunications(7機関)[編集]

  • Center for Applied Mathematics and Statistics:
  • Center for Wireless Communications and Signal Processing Research
  • Collaborative Hypermedia Laboratory
  • Cryptography & Telecommunication Laboratory
  • Data and Knowledge Engineering Laboratory
  • electronic Arts Habitat (eArtH)
  • New Jersey Center for Wireless Networking and Internet Security

Environmental Science and Engineering(6機関)[編集]

  • York Center for Environmental Engineering and Science
  • Center for Airborne Organics
  • Northeast Hazardous Substance Research Center
  • Geoenvironmental Engineering Laboratory
  • Laboratory for Process and Field Analytical Chemistry
  • Materials Characterization Laboratory

Materials Science and Manufacturing(15機関)[編集]

  • Bearings and Bearing Lubrications Laboratory
  • Dynamic Systems and Control Laboratory
  • Center for Manufacturing Systems
  • Electro-hydrodynamics Laboratory
  • Electronic Imaging Center
  • W.M. Keck Laboratory
  • Metal Combustion Laboratory
  • Microelectronics Fabrication Center
  • Microgravity Research Laboratory
  • New Jersey Center for Engineered Particulates
  • New Jersey Center for Microflow Control
  • Optical Science and Engineering
  • Polymer Processing Institute
  • Vincent A. Stabile Lab
  • Waterjet Technology Lab

Solar Physics(5機関)[編集]

  • Center for Solar Research
  • Big Bear Solar Observatory
  • Owens Valley Solar Array
  • Global High-Resolution H-Alpha Network
  • Space Weather Research Lab

著名な教員[編集]

その他、追加中

出身者[編集]

その他、追加中

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度44分31秒 西経74度10分44秒 / 北緯40.742度 西経74.179度 / 40.742; -74.179