殊勲飛行十字章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
殊勲飛行十字章。

殊勲飛行十字章(しゅくんひこうじゅうじしょう、: Distinguished Flying Cross)は、アメリカ合衆国勲章

制度[編集]

1926年7月2日第69議会(公法第446号)で制定され、「1918年11月以降に航空活動において英雄的行為、もしくは格別の功績があった者」に対して与えられる。五軍将兵のほか、友好国の軍人にも授与される。

戦功章の一つでレジオン・オブ・メリットの下位、ソルジャーズメダル(陸軍)、ネイビー・アンド・マリーンコープス・メダル(海軍、海兵隊)、エアマンズメダル(空軍)、コーストガードメダル(沿岸警備隊)の上位に位置する。

最初の受賞者は、1926年12月から1927年5月まで行われた南米への親善飛行、パン・アメリカン・フライトに参加したパン・アメリカン・フライヤーズの10名のパイロットであった。10人中2人は1927年2月26日にブエノスアイレスに着陸する際の空中衝突によって殉職していため、死後追贈となった。この時メダルはまだ制定されていなかったため、彼らは証明書だけを受け取った。メダルが制定されたのは1927年6月11日ワシントンD.C.における大西洋単独無着陸飛行に成功したチャールズ・リンドバーグの帰国レセプションの席上においてである。メダルはリンドバーグの功績を讃えるため、カルヴィン・クーリッジ大統領によって急遽準備されたものだった。

受章者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]