デッド オア アライブ エクストリーム ビーチバレーボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デッド オア アライブ エクストリーム ビーチバレーボール
DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL
ジャンル バカンススポーツゲームカジノゲーム
対応機種 Xbox
発売元 テクモ
プロデューサー 板垣伴信
長田光生(プロジェクトマネージャー)
John INADA(共同P)
Max. NAKA(エグゼクティブP)
デザイナー 板垣伴信(ゲームD)
江原克則、志賀元弘(企画・調整)
笹木千登成(モーションマネージャー)
プログラマー 佐渡毅史(チーフP)、前田泰志、他9名
音楽 稲森崇史(サウンドコンポーザー)
美術 中倉康、四方春彦、他3名(キャラクターデザイン)
新美秀樹、他2名(背景D)
平岡知雄、他10名(モーションD)
荒生真実子、他2名(アイテムD)
宮前隆、杉本圭子、他2名(アートワーク)
人数 1 - 2人
メディア 専用DVD-ROM
発売日 日本の旗 2003年1月23日、廉価版 2003年12月11日
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2003年1月22日
欧州連合の旗 2003年3月28日、廉価版 2004年4月2日
対象年齢 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 ESRBM(17歳以上)
欧州連合の旗 ELSPA:15+、廉価版 PEGI:16+(旧黒色)
ドイツの旗 USK:16(旧黄色)
コンテンツ
アイコン
ギャンブル関係(北米版)、暴力表現(欧州廉価版)、性的/性表現(北米/欧州廉価版)
アスペクト比 4:3 - 16:9
解像度 480p (HDTV D2)
サウンド ドルビーデジタル (5.1ch)
売上本数 11万本(販売約1か月後時点)[1]
その他 1セーブHDD限定、ワイドTV対応
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(♥)が含まれています詳細

デッド オア アライブ エクストリーム ビーチバレーボール』(DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL)は、2003年1月23日に発売されたXbox用ゲームソフト。

略称は「DOAX」や「DOAXBV」。アドヴァタイジングスローガンは「ごめんあそばせ♥」。

概要[編集]

シリーズ初の派生タイトルで、『デッド オア アライブ3』までのメンバーと合わせた全8名オール女性キャストのヴァケーション体験ゲーム。リサ (LISA) アメリカ合衆国の旗が初登場。

プレイヤーは恋愛アドベンチャーにおけるヒロインたちを攻略していくような男主人公ではなく「DOA女性キャラの誰か」となり、パートナーを選んで様々なミニゲームで遊んだり、水着やアクセサリーをプレゼントしドレスアップさせて楽しむもの。

ゲーム内容[編集]

ビーチバレーボール[編集]

副題にもなっているビーチバレーボールは劇中の通貨=ザックを稼げる方法の1つであると同時に、対人対戦も考慮された本格スポーツゲームでもある。バカンスモードではザック稼ぎで重宝する一方、日数が経つにつれてCPUの「やる気」も増して難易度が上がり、完封するのが困難になっていくというジレンマがある。対戦モードでは5種類で設定されている能力パラメータの数値も大事だが、それ以上に3段階の優劣がある「体格値」という隠し設定も重要で、小さいキャラクターは相手からのジャンプサーブをレシーブしたりスパイクをブロックすると尻餅をついたり吹き飛ばされたりしやすく、ラリーの安定性が勝敗に影響する当作において致命的な隙をつくることになる。

コスチューム[編集]

水着は約300種類が用意されている。また、動物をモチーフにした水着はザックからのプレゼントでしか貰えないレアアイテムとなっており、本人しか着られない専用(オリジナル)水着でもある。

一方、かすみの「ベゴニア」「りんどう」、ティナの「アステローペ」「カノープス」「ポラリス」、レイファンの「ピピット英語版(スカート)」「ウッドペッカー」、あやねの「ラミナ」「バンシー」、エレナの「ミントフラッペ」、ヒトミの「ユニコーン」「タウルス」、リサの「ソフィア」などが『2U』『O』『D』といった格闘ゲーム側に移植された。

さらに、あやねの「エコー」(日本限定)、ヒトミの「ケフェウス」、リサの「アマテラス」に、上述の「アステローペ」と「ラミナ」を加えた全5着が公式の実物アパレルグッズ「DOAXオリジナル水着」[2]シリーズとして実際に販売されたほか、プレスリリース会場となった『E3 2003』では現地アメリカのモデルを起用してのファッションショー演出で披露した[3]

後述の玩具では、かすみの「あさがお」「カトレア」「ライラック」、ティナの「タイゲタ」「アルゴル」「リゲル」「アルキオーネ」、レイファンの「ウッドペッカー」「ピピット(スカート)」「ホーク(スカート)」「コンドル」「スパロー(スカート)」、あやねの「ピクシー」「スプリガン」、エレナの「ブラッディメアリー」「ハバナビーチ」「キールロワイヤル英語版」、ヒトミの「リトルベアー」「フォックス」「コルト」、クリスティの「ジェット」「ムーンストーン」「カーネリアン」、リサの「アウローラ」「マッハ」「ウシャス」「ヴィーナス」「ヘラ」「ガイア」などが立体化されている。

経過日数や日差しの強いスポットで多く過ごすと肌色も5段階で日焼けしていくため、アイテムのサンスクリーンやサンタンローションで濃淡具合を調整できる。また、マニキュアペディキュア)による部分的な化粧も可能。

その他[編集]

『3』のサバイバルでトロフィーランク入りしていたり、何度も女性キャラクター同士でタッグバトルをプレイしたセーブデータがあると、スタート時点の所持金が3から10万ザックに増えたり、そのペアのなかよし度が高い状態で始められる。

BGMには自社製作の楽曲はほとんど用いられておらず、オープニングテーマの歌手であるメイヤを含め、ボブ・マーリースパイス・ガールズジャネット・ケイといった洋楽アーティストをデフォルトリストとして多数セレクトしている。

互換性サービスには対応していないため、Xbox 360本体からのプレイは不可能となっている。

なお、リリース当時の日本国内ではCEROの導入前だったことからレイティングの対象外となっている。

当作の誕生については、セガの『パワースマッシュ』や『ビーチスパイカーズ英語版』の影響があったと語られている[4]

廉価版[編集]

DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL Platinum Collection
日本の廉価版。
DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL XBOX CLASSICS
欧州の廉価版。

グッズ[編集]

音楽CD[編集]

メイヤ "How Crazy Are You?"
コロムビア・レコード。オープニングテーマ。続篇でも使用されバカンスシリーズ共通のイメージソングにもなっている。

書籍[編集]

デッド オア アライブ エクストリーム ビーチ バレーボール パーフェクト ガイド
エンターブレイン、2003年2月19日発売、ISBN 4-7577-1344-4
DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL BEST SHOT
ソフトバンクパブリッシング、2003年5月2日発売、ISBN 4-7973-2325-6

玩具[編集]

DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL
バンダイ、全6+6種 - ガシャポンのシリーズ。エレナとクリスティを除く計6名で、全員に肌が日焼けしているバリエーションがあり、そのさいの水着は黒一色にTeam NINJAの赤いロゴが印刷された当品オリジナルアレンジとなっている。
DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL 〜常夏のザックアイランド編〜
バンダイ、全6+5種 - 第2弾。ティナとリサを除く計6名で、シークレットにヒトミ、エレナ・クリスティには第1弾と同じ日焼け、かすみ・レイファン・あやねには水着違いのバリエーションがある。
DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL ONE COIN FIGURE SERIES
KOTOBUKIYA、全8+2+2種 - カプセルトイ。シークレット2種にザック、かすみ・レイファンには(髪型含む)水着違いのバリエーションがある。

企画[編集]

Xbox Championship Vol.2 〜DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL〜
2003年9月26日 - 28日開催、マイクロソフト主催 - 『東京ゲームショウ2003』で決勝戦が行われた全国大会。エレナを主とする関西代表が優勝し、JTB旅行券100万円分などの賞品を手にした[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]