武田テバオーシャンアリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武田テバオーシャンアリーナ
オーシャンアリーナ外観
武田テバオーシャンアリーナの位置(愛知県内)
武田テバオーシャンアリーナ
武田テバオーシャンアリーナの位置(名古屋市内)
武田テバオーシャンアリーナ
施設情報
所在地 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-7
位置 北緯35度2分55.9秒
東経136度50分49.9秒
座標: 北緯35度2分55.9秒 東経136度50分49.9秒
起工 2007年2月8日
開場 2008年6月13日
所有者 武田テバファーマ
運用者 株式会社名古屋オーシャンズ
グラウンド 鋼製下地にフローリング床張り、塗装+ポリウレタンコーティング (メインアリーナ)
樹脂製床、スポーツコート(サブアリーナ)
ピッチサイズ 20m×40m(国際規格フットサルコート)各1面
大型映像装置 8m×3mLEDパネル1基(メインアリーナ)
3m×2mLEDパネル1基(サブアリーナ)
設計者 堀内建築研究所・安井建築設計事務所JV[1]
建設者 鹿島建設[1]
川北電気工業[1]
東洋熱工業[1]
旧称
大洋薬品オーシャンアリーナ
テバオーシャンアリーナ
使用チーム、大会
名古屋オーシャンズ・オーシャンアリーナカップ(2008-)
全国施設選抜レディースフットサル大会(2008-)
AFCフットサルクラブ選手権(2013)
収容能力
2,569人(メインアリーナ)
190人(サブアリーナ)
アクセス
#アクセスを参照。

武田テバオーシャンアリーナ(たけだテバオーシャンアリーナ)は、愛知県名古屋市港区金城ふ頭にあるアリーナ。日本初のフットサル専用アリーナである。日本初のプロフットサルクラブである名古屋オーシャンズのホームアリーナである。

歴史[編集]

2006年10月26日に建設が発表され、2007年2月8日に起工式が行われた。2008年5月2日に竣工式が行われ、6月13日に大洋薬品オーシャンアリーナとして開業した。なお開業日から3日間、こけら落としとして大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008を開催し[2]シュライカー大阪が決勝でPK戦の末に名古屋オーシャンズを下して優勝した。2009年8月にはFリーグの公式カップ戦としてFリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップ2009が開催され、シュライカー大阪が連覇を果たした。

2012年には大洋薬品工業興和テバとの合併によりテバ製薬に名称変更したことに伴い、施設名をテバオーシャンアリーナに改称した。2013年8月に開催されたAFCフットサルクラブ選手権では主会場となり、この大会では企業名を外したオーシャンアリーナの名称で使用された。

2016年10月にはテバ製薬が武田テバファーマとなったため、2017年4月1日には施設名を武田テバオーシャンアリーナに改称した[3]。2017年5月20日にはWBO世界ライトフライ級タイトルマッチ、王者田中恒成VS挑戦者アンヘル・アコスタの試合が行われた。

年表[編集]

  • 2008年6月13日 - 大洋薬品オーシャンアリーナとして開業。
  • 2012年4月1日 - テバオーシャンアリーナに改称。
  • 2017年4月1日 - 武田テバオーシャンアリーナに改称[3]

施設[編集]

アリーナ内部
メインアリーナ
  • 競技場有効高さ:13m
  • 観客席:2569席
    • プレミアシートA78席
    • プレミアシート90席
    • 一般シート2344席
    • ロイヤルシート12席
    • 車椅子席12席
  • 映像システム
    • LEDビジョン8m×3m
サブアリーナ
  • 競技場有効高さ:5m
  • 観客席:190席
その他

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 大洋薬品オーシャンアリーナ”. 近代建築社. 2013年6月29日閲覧。
  2. ^ 大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008
  3. ^ a b ホームアリーナ施設名称変更のお知らせ 名古屋オーシャンズ 2017年3月27日

外部リンク[編集]