シュライカー大阪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュライカー大阪
原語表記 SHRIKER OSAKA
愛称 シュライカー大阪
クラブカラー オレンジ
創設年 2002年
所属リーグ 日本フットサルリーグ
所属ディビジョン 1
ホームタウン 大阪府大阪市
ホームスタジアム 大阪市中央体育館
収容人数 10.000
監督 日本の旗木暮賢一郎
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

シュライカー大阪(シュライカーおおさか、SHRIKER OSAKA)は、日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟し、大阪府大阪市をホームタウンとするフットサルクラブチームである。

ホームタウンは大阪府大阪市。準ホームタウンはキャンプ地である愛媛県今治市。ホームアリーナは大阪市中央体育館。チーム内のカテゴリーは、ジュニア低学年、ジュニア高学年、ジュニアユース、レディース、エンジョイ、マグ、シュライカーサテライト、シュライカーに分かれている。

歴史[編集]

「いつでも、どこでも、だれでも」をスローガンに2002年4月に前身となるMAG'S FUTSAL CLUB(マグフットサルクラブ)が発足。2003年から2007年まで関西フットサルリーグ4連覇を果たすなど、関西を代表するフットサルチームとして君臨。また全国大会でも4位入賞をはじめ実績を残してきた。

2007年に発足した日本フットサルリーグ(Fリーグ)に参戦するためにシュライカー大阪に改称。なお、日本フットサルリーグへの申請時のチーム名はマグ大阪であった。

シュライカーはシュライク(モズ)とストライカーによるかばん語。モズは大阪府の府鳥であるとともに、季節を告げる鳥と言われているため、フットサルの新時代を告げるという願いからつけられた。ストライカーは最後までゴールを狙うという想いからつけられた[1]

2008年6月15日、大洋薬品オーシャンアリーナ(現:テバオーシャンアリーナ)のこけら落としとして行われた大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008において、決勝で名古屋オーシャンズを下して優勝。

2014-15シーズンではレギュラーシーズン5位からプレーオフ1回戦・準決勝を勝ち上がり、プレーオフ決勝で名古屋に対し1勝1分(名古屋にアドバンテージの1勝あり)として優勝決定延長戦まで持ち込んだが、延長戦に敗れて準優勝に終わった。

2016-17シーズンではレギュラーシーズンの勝ち点で9年間連続1位だった名古屋を初めて上回り初の年間1位を獲得。プレーオフはファイナルステージより出場し、ペスカドーラ町田を2勝1敗(アドバンテージ1勝含む)で下し初優勝を果たした。

獲得タイトル[編集]

2017-18シーズン所属選手[編集]

No. Pos. 選手名
1 日本の旗 GK 冨金原徹
2 日本の旗 GK 柿原聡一朗
5 ブラジルの旗 アルトゥール
6 日本の旗 GK 河内裕介
10 ブラジルの旗 ヴィニシウス
11 ブラジルの旗 チアゴ
12 日本の旗 小曽戸允哉
14 日本の旗 相井忍
No. Pos. 選手名
17 日本の旗 今井翔
18 日本の旗 田村友貴
20 日本の旗 堀米将太
22 日本の旗 佐藤亮(キャプテン)
23 日本の旗 芝野創太
26 日本の旗 加藤未渚実
27 日本の旗 仁井貴仁
33 日本の旗 斎藤日向

ホームアリーナ[編集]

ホームアリーナ
- 収容人数 2015-16
開催数
大阪市 大阪市中央体育館(大阪中体) 10,000人 5試合
住吉スポーツセンター(住吉) 3,500人 1試合
舞洲アリーナ(舞洲A) 7,000人 -
泉州 岸和田市総合体育館(岸和田総合) 2,500人 6試合

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ オレンジ オレンジ
FP(2nd)
GK(1st) 水色 水色
GK(2nd) 黄色 黄色 黄色
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  • チームカラーはオレンジ

ユニフォームサプライ[編集]

マスコットキャラクター[編集]

マスコットキャラクターモズをモチーフにした「シュラッピー」であり、名前は一般公募で募集された。背番号は、鳥のモズ(百舌)の漢数字にかけて100番。 (スポーツのマスコットキャラクター一覧も参照。)

出典[編集]

  1. ^ シュライカー大阪 チーム概要 Fリーグ公式サイト 2013年11月18日閲覧

外部リンク[編集]