岸和田市総合体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸和田市総合体育館
Kishiwada Park140712NI4.JPG
施設情報
用途 屋内スポーツ
設計者 安井建築設計
建築主 三井住友建設
構造形式 S造・RC造
延床面積 11,268m²
階数 地上3階
竣工 1996年8月[1]
所在地 596-0044
大阪府岸和田市西之内町45-1
位置 北緯34度28分6.3秒
東経135度23分44.6秒
座標: 北緯34度28分6.3秒 東経135度23分44.6秒

岸和田市総合体育館(きしわだしそうごうたいいくかん)は、大阪府岸和田市西之内町45-1にある体育館。旧春木競馬場跡地に建設された岸和田市中央公園内にある。別名は千亀利スポーツセンター(ちきりスポーツセンター)。

歴史[編集]

1996年(平成8年)8月に竣工し、同年11月に開館した。建物の外観には日本の伝統美が取り入れられている。1997年の第52回国民体育大会(なみはや国体)では剣道競技の会場として使用された。bjリーグ(バスケットボール)の大阪エヴェッサ[2]Fリーグ(フットサル)のシュライカー大阪[3]Vリーグ(バレーボール)の堺ブレイザーズのホームゲームの一部が開催されている。

施設[編集]

  • メインアリーナ – 床面積2,159m2
    • 固定観覧席1,322席
    • 移動観覧席1,206席
    • 車いす席30席
  • サブアリーナ – 床面積557m2
  • 武道場 – 床面積436m2
  • 弓道場 – 床面積636m2
  • トレーニングルーム – 床面積365m2

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岸和田市総合体育館三井住友建設
  2. ^ ARENA - 会場情報大阪エヴェッサ
  3. ^ ホームスタジアムシュライカー大阪

外部リンク[編集]