チュウテンカク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チュウテンカク
Euphorbia ingens (habitus), crop.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キントラノオ目 Malpigiales
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
: トウダイグサ属 Euphorbia
亜属 : Euphorbia
: Euphorbia[1]
: チュウテンカク E. ingens
学名
Euphorbia ingens
E.Mey. ex Boiss.
シノニム

Euphorbia candelabrum[2]

英名
Naboom, Candelabra Tree

Euphorbia ingensトウダイグサ属植物の一種。園芸名はチュウテンカク(沖天閣)。

樹高は10mを超え、トウダイグサ属では最大級である。幹は下の方から無数の多肉質の枝に分岐し、燭台のような外見となる[3]。種小名のingensラテン語で「巨大な・大きな」を意味する[4]南アフリカ北部からモザンビークジンバブエに広がる乾燥地帯に分布し、標高1600mまでの岩山や砂地に自生する[3]

乳液は極めて有毒で危険な刺激性物質であり、矢毒として使用されていた[5]

脚注[編集]

  1. ^ Dorsey, Brian L., et al. (2013). "Phylogenetics, morphological evolution, and classification of Euphorbia subgenus Euphorbia". Taxon 62 (2): 291–315. 
  2. ^ Philippe Faucon. “Naboom, Candelabra Tree in desert-tropicals.com”. 2015年3月31日閲覧。
  3. ^ a b Euphorbia ingens”. African Plant Database. 2015年3月31日閲覧。
  4. ^ Euphorbia ingens”. Plantz Afrika. 2015年3月31日閲覧。
  5. ^ Hecker, E. (1977). "New toxic, irritant and cocarcinogenic diterpene esters from Euphorbiaceae and from Thymelaeaceae". Pure Appl. Chem. 49 (9): 1423–1431. doi:10.1351/pac197749091423. 

関連項目[編集]