ナンヨウスギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナンヨウスギ科
Kauri Te Matua Ngahere.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: ナンヨウスギ科 Araucariaceae
学名
Araucariaceae Henkel & W.Hochstetter
和名
ナンヨウスギ科

本文参照

ナンヨウスギ科学名Araucariaceae)は、裸子植物門マツ綱で、すべて常緑高木である。東南アジアからオセアニア、中南米の熱帯から温帯にかけて3属40種ほどが分布している。比較的寒さに強い物は、庭園樹として植栽される。木目が美しく、建築材、家具材などとして利用されている種も多い。

1994年オーストラリアで発見されたウォレマイ・パイン Wollemia nobilis は、ナンヨウスギ科の新属新種であり、植物学上の重要な発見と言われている[1]

[編集]

出典[編集]

  1. ^ ウォレマイ・パイン・インターナショナル. “ウォレマイ・パインの発見の経緯 (PDF)”. ウォレマイ・パイン・インターナショナル. 2014年1月4日閲覧。