ニコラス・エドワード・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラス・エドワード・ブラウン

ニコラス・エドワード・ブラウン(Nicholas Edward Brown、1849年7月11日 - 1934年11月25日)は、イギリス植物学者分類学者である。多肉植物南アフリカの植物などの専門家として知られた。

サリー州のレッドヒルで生まれた。ライゲート(Reigate)のW. Wilson Saundersの博物館の学芸員として働いた後、1873年からキュー植物園で助手として働き始め、1909年から1914年の間、アシスタント・キーパーを務めた。南アフリカのメッセンブリアンセムム(Mesembryanthemum)などに関する研究で知られる他、多くの新種植物の記載を行った。これらの研究はキュー植物園の紀要("Kew Bulletin")や雑誌、"Flora Capensis"に発表された。これらの貢献から1932年に南アフリカ生物学会から、スコット・メモリアル・メダル(Captain Scott Memorial Medal)を受賞した。南アフリカのウィットウォーターズランド大学から名誉学位を受賞した。

ハマミズナ科の属名、Brownanthus献名されている。