チャールズ・シルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャールズ・シルモン Portal:陸上競技
2013 World Championships in Athletics (August, 10) by Dmitry Rozhkov 54.jpg
選手情報
ラテン文字 Charles Silmon
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m
大学 アメリカ合衆国の旗 テキサスクリスチャン大学
生年月日 (1991-07-04) 1991年7月4日(26歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 テキサス州ウェーコ
身長 173cm
成績
世界選手権 100m 予選5組5着 (2013年)
4x100mR 2位 (2013年)
国内大会決勝 全米選手権
100m 2位 (2013年)
最高世界ランク 100m 11位 9秒98 (2013年)
自己ベスト
60m 6秒60 (2013年)
100m 9秒98 (2013年)
9秒85w (2013年)
200m 20秒23 (2013年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

チャールズ・シルモンCharles Silmon1991年7月4日 ‐ )は、アメリカ合衆国ウェーコ出身で短距離走が専門の陸上競技選手。2013年モスクワ世界選手権男子4×100mリレーの銀メダリストである。

経歴[編集]

高校時代にはNFL選手を夢見ていたが、ACL(前十字靭帯)断裂のためにその夢は諦め、陸上競技に切り替えた[1]

2010年[編集]

7月、世界ジュニア選手権(現・世界U20選手権)の男子100m決勝で10秒23(-0.7)の自己ベスト(当時)をマークするも、デクスター・リー(10秒21)に次ぐ2位で惜しくも金メダルを逃した[2]。4×100mリレーでは2走を務め、決勝で38秒93をマークしての金メダル獲得に貢献した[3]

2012年[編集]

7月、北中米カリブU23選手権の男子100m決勝で10秒17(+0.9)をマークし、ジェイソン・ロジャーズ(10秒06)、キーナン・ブロック英語版(10秒15)に次いで銅メダルを獲得した。4×100mリレーでは2走を務め、38秒94をマークしての金メダル獲得に貢献した。

2013年[編集]

3月30日、テキサスリレーの男子100mに出場し、追い風参考記録ながら自身初の9秒台となる9秒94(+4.3)をマークした[4]

6月上旬、全米学生選手権(NCAA選手権)の男子100m予選を9秒92(+3.0)で突破すると、決勝は9秒89(+3.2)で制して初優勝を成し遂げた[5]

6月下旬、全米選手権の男子100m準決勝を9秒85(+3.2)の全体1位で突破すると、決勝では公認初の9秒台となる9秒98(+1.1)をマークしてジャスティン・ガトリン(9秒89)に次ぐ2位に入り、8月に開催されるモスクワ世界選手権アメリカ代表の座をつかんだ[6][7]

8月、モスクワ世界選手権の男子100mと4×100mリレーに出場。100mは予選で10秒34(-0.1)の組5着に終わり敗退したが[8]、4×100mリレーでは1走(シルモン、マイク・ロジャースラキーム・サラーム英語版ジャスティン・ガトリン)を務め、決勝で37秒66をマークしての銀メダル獲得に貢献した[9]

2015年[編集]

6月、全米選手権の男子100m準決勝で追い風参考記録ながら9秒94(+3.7)をマークするも、0秒001というわずかな差で決勝進出を逃した[10]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒98 (+1.1) 2013年6月21日 アメリカ合衆国の旗 デモイン
9秒85w (+3.2) 2013年6月21日 アメリカ合衆国の旗 デモイン 追い風参考記録
200m 20秒23 (+0.6) 2013年5月25日 アメリカ合衆国の旗 オースティン
室内
60m 6秒60 2013年3月8日 アメリカ合衆国の旗 フェイエットビル
200m 21秒04 2012年2月25日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2010 世界ジュニア選手権 カナダの旗 モンクトン 100m 2位 10秒23 (-0.7) 自己ベスト
4x100mR 優勝 38秒93 (2走)
2012 北中米カリブU23選手権 (en メキシコの旗 イラプアト 100m 3位 10秒17 (+0.9)
4x100mR 優勝 38秒94 (2走)
2013 世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 100m 予選 10秒34 (-0.1)
4x100mR 2位 37秒66 (1走)
2014 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x100mR 予選 DQ (4走)

脚注[編集]

  1. ^ Track runner Charles Silmon overcomes injuries to become an All-American”. tcu360.com (2013年2月22日). 2016年10月3日閲覧。
  2. ^ 第13回世界ジュニア選手権男子100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月26日閲覧。
  3. ^ 第13回世界ジュニア選手権男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月26日閲覧。
  4. ^ Patton clocks windy 9.75 at Texas Relays”. 国際陸上競技連盟 (2013年3月31日). 2016年2月26日閲覧。
  5. ^ TCU's Silmon takes 100 meter title; USC ties Texas for first with two event wins”. 全米大学体育協会 (2013年6月7日). 2016年2月26日閲覧。
  6. ^ 2013年全米選手権フルリザルト”. 全米陸上競技連盟. 2016年2月26日閲覧。
  7. ^ ゲイが今季世界最高で男子100m優勝、全米陸上選手権”. フランス通信社 (2013年6月22日). 2015年6月20日閲覧。
  8. ^ 第14回世界選手権男子100m予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月26日閲覧。
  9. ^ 第14回世界選手権男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月26日閲覧。
  10. ^ 2015年全米選手権フルリザルト”. 全米陸上競技連盟. 2016年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]