ダンケルク (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dunkerque-2.jpg
艦歴
発注
起工 1932年12月24日
進水 1935年10月2日
就役 1937年5月1日
退役 1942年
その後 1942年11月27日にドック内で自沈
除籍 1945年
性能諸元
排水量 基準:26,500トン
全長 215.14 m、209 m(水線長)
全幅 31.1 m
吃水 8.7~9.63 m
機関 インドル式重油専焼水管缶6基+ラテュ式ギヤード・タービン4基4軸推進
最大出力 135,585hp
最大速力 31ノット(通常時)
乗員 1,381名
兵装 33cm(52口径)4連装砲2基、
13cm(52口径)連装両用砲2基
 +同4連装両用砲3基、
37mm(60口径)連装機関砲10基、
13.2 mm(76口径)連装機銃16基
艦載機 水上機4機(常用3機、予備1機)、
カタパルト1基

ダンケルク (Dunkerque) は、フランス海軍戦艦ダンケルク級戦艦の1番艦。艦名は同国の港湾都市ダンケルクに因む。フランス海軍初の「高速戦艦」であった。

艦歴[編集]

ダンケルクは1932年12月24日にブレスト海軍工廠で起工し、1935年10月2日に進水、1937年5月1日に就役した。同時代の戦艦と比べ、主砲2基と副砲の一部を四連装砲塔に収めたことで軽量化に成功し、その浮いた重量分を装甲の強化に当て、かつ主砲塔2基を艦前部に集中配置としたことでヴァイタル・パートも短縮化できたため功・防・走のバランスの取れた艦となった。ダンケルクはドイツポケット戦艦に対抗する目的で建造され、全ての点でポケット戦艦ドイッチュラントを凌駕する優れた艦であった。

設計は四連装主砲塔2基を艦前方に配置するなどその前に竣工したイギリス海軍ネルソン級と同じく非常に革新的な主砲配置を採用していた。本級のモデルとなったネルソン級は三連装砲塔3基を艦首側甲板に集中的に配置していたが、3番目の砲塔は2番砲塔と塔型艦橋に阻まれ、その射界が限られたものであった。 四連装砲塔はノルマンディー級より続く、ダンケルク級やリシュリュー級といったフランス新戦艦の外見上の大きな特徴であった。

第二次世界大戦の初期、まやかし戦争の間にダンケルクは姉妹艦のストラスブールと共に、長大な航続性能を生かして連合国側で船団護衛任務に従事した。1939年8月にはイギリス海軍と共同してアドミラル・グラーフ・シュペーの追撃戦に参加している。

1940年6月フランスが降伏すると、ダンケルクとストラスブールはアルジェリアメルセルケビールでドック入りし整備される。1940年7月3日にイギリス軍は、フランス艦隊を無力化するためメルセルケビール港攻撃を行なったが俊足のストラスブールはトゥーロンへ脱出成功し、ダンケルクは中破したが沈没を避けるため故意に浅瀬に座礁させられた。7月6日、空母アーク・ロイヤルの搭載機による攻撃がおこなわれ(レバー作戦)、哨戒艇が被雷。その搭載爆雷の誘爆でダンケルクは一層の被害を受けた。

後にダンケルクは浸水を排水し、応急修理終了後しばらくしてから1942年2月にトゥーロンへ帰還した。トゥーロンで、ダンケルクは乾ドックに入渠し本格修理された。 11月27日ドイツ軍が侵攻してきたためストラスブールと共に自沈処理が行われた。ダンケルクの艦長は当初自沈処理を拒否したが、ラ・ガリソニエールの艦長に説得され自沈を受け入れた。

ダンケルクは戦後の1945年に浮揚され、解体処分された。

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第22集 近代戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第30集 イギリス戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第38集 フランス戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第38集 第2次大戦時のイギリス戦艦」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第22集 近代戦艦史 2008年10月号(海人社)
  • 「世界の艦船 列強最後の戦艦を比較する 2006年2月号」(海人社)

外部リンク[編集]