タラバ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タラバ州
州の愛称: 国への自然の賜物
タラバ州の位置
ナイジェリアの国旗 ナイジェリア
州都ジャリンゴ
設置日1991年8月27日
公用語英語
面積54,473 km² (3位)
人口
 -1991年 国勢調査
 -2005年 推計
30位
1,480,590
2,688,944
州知事
一覧
ダンババ・スンタイ (PDP)
上院議員アンソニー・マンゾ (PDP)
ダヒル・ガッソル (PDP)
ジョエル・ダンラミ (PDP)
ISO 3166-2:NGNG-TA

タラバ州ナイジェリア東部の。州都はジャリンゴ。

歴史[編集]

1991年にイブラヒム・ババンギダ政権によりゴンゴラ州英語版が東のアダマワ州と分割されて設置された。

地理[編集]

北にバウチ州ゴンベ州、東から南にカメルーンアダマワ州北西州南西州、南西にベヌエ州、北西にナサラワ州プラトー州と接する。

北から南西にベヌエ川が流れ、州の大半は南岸にある。南東部は標高1,800mのマンビラ高原でカメルーン国境のチャパル・ワッディ山がナイジェリア最高峰である。南部は低木林、北部は草原である。ベヌエ川には何れもカメルーン山地を水源とする支流にドンガ川、タラバ川、イビ川がある。

経済[編集]

農業が主な産業で、換金作物としてコーヒーラッカセイ綿花などが栽培される。食用に、トウモロコシソルガム雑穀キャッサバヤムなどが栽培される。ウシヒツジヤギがマンビラ高原などで放牧されている。ウサギブタも家畜として飼育されている。河川沿岸では釣りも盛んである。

他に陶磁器織物染色、マット、彫刻刺繍鍛冶などが伝統的産業である。

住民[編集]

シャンバ族、ムムイェ族、マンビラ族、ウルクム族、フラニ族、ジュンクン族、ジェンジョ族、クテブ族、イチェン族、ティヴ族、ンドロ族などが住む。

地方行政区[編集]

タラバ州には16の地方行政区 (LGA) が置かれている。

  • アルド=コラ
  • イビ
  • ウカリ
  • ウッサ
  • ガシャカ
  • ガッソル
  • カリン=ラミド
  • クルミ
  • コラ
  • ジャリンゴ
  • ジング
  • タクム
  • ドンガ
  • バリ
  • ヨッロ
  • ラウ

座標: 北緯8度00分 東経10度30分 / 北緯8.000度 東経10.500度 / 8.000; 10.500