カノ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カノ州
州の愛称: 商業の中心地
カノ州の位置
ナイジェリアの国旗 ナイジェリア
州都 カノ
設置日 1967年5月27日
公用語 英語
面積 20,131 km² (20位)
人口
 -1991年 国勢調査
 -2006年 国勢調査¹
1位
5,632,040 人
9,383,682 人
州知事
一覧
イブラヒム・シェカラウ (ANPP)
ISO 3166-2:NG NG-KN
公式サイト Kano State Government
¹ 予備調査

カノ州 (Kano State) は、ナイジェリアの北西部の州である。北西にカツィナ州、北東にジガワ州、南東にバウチ州、南西にカドナ州に接する。1967年に当時の北部州が6つに分割され設置された。1991年に北東部がジガワ州に分割された。

社会・産業[編集]

歴史的にカノは鉱物資源が豊富で落花生を中心とした農業や商業が盛んである。18,684km² 以上の耕地があり、ナイジェリア国内で最大の灌漑地である。北部の商業の中心地であり、外国投資が町中で見られる。近年では宗教や民族対立による暴力が増えている。カノ州は石油生産州ではないが石油収入の最大の受益者(1990年1996年には10.9%)であった。人間開発指数は比較的低い。製造業も盛んであったが、電力供給が不安定なため停滞した。このためゴンベ州で産出されるウランを利用した原発建設が計画されている。

住民[編集]

ハウサ族が多い。公用語英語ハウサ語 が一般的に使われている。国勢調査では人口が首位であり、ラゴスに基盤を持つ人権活動家のガニ・ファウェヒンミなどは信頼性に疑問を示している。

地方行政[編集]

44 の地方行政区 ( local government areas, LGA) が置かれている。

  • Dala
  • Kano
  • Kunbotso
  • Nassarawa
  • Rimin-Gado
  • Tofa
  • Doguwa
  • Tudun Wada
  • Sumaila
  • Wudil
  • Takai
  • Albasu
  • Bebeji
  • Rano
  • Bunkure
  • Karaye
  • Kiru
  • Kabo
  • Kura
  • Madibo
  • Gwarzo
  • Shanono
  • Dawakin Kudu
  • Tsanyawa
  • Bichi
  • Dambarta
  • Minjibir
  • Ungogo
  • Gezawa
  • Gabasawa
  • Bagwai
  • Gaya
  • Dawakin Tofa
  • Waraua
  • Fage
  • Gwale
  • Tarauni
  • Ajingi
  • Garko
  • Garun Mallam
  • Rogo
  • Makoda
  • Kibliya
  • Kunchi

外部リンク[編集]

座標: 北緯11度30分 東経8度30分 / 北緯11.500度 東経8.500度 / 11.500; 8.500