スタークルーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタークルーザー
ジャンル 3Dアクションアドベンチャー
対応機種 PC-8801mkIISR以降
開発元 アルシスソフトウェア
発売元 アルシスソフトウェア
シナリオ 吉村功成
宮園武志
プログラマー 吉村功成
くはらのぶひこ
宮園武志
音楽 山中季哉
美術 吉村功成
人数 1人
メディア 5インチ2Dフロッピーディスク2枚組
発売日 日本 1989051989年5月
テンプレートを表示

スタークルーザー』は、アルシスソフトウェア(後のサイバーヘッド)が1988年に発売した3Dアクションアドベンチャーゲーム、ならびに同ゲームに登場する宇宙艇のことである。メガドライブ版は、メサイヤ(当時は日本コンピュータシステムが保有していたブランド)からリリースされた。

PC版(PC-8800シリーズ版(SR以降)、X1turboシリーズ版、PC-9801版、X68000版)とメガドライブ版は若干異なっている。

続編には『スタークルーザー2』がある。こちらはPC9801シリーズ版とFM-TOWNS版のみのリリースとなった(DOS/V版のリリースが予定されていたが実際に開発・発売されたかは不明)。

概要[編集]

3Dで展開される、スペースオペラ的世界観の作品で、メガドライブ版は同機初のポリゴンシューティングゲームだった。PC版、MD版とも当時持ち得る技術を惜しみなく引き出していた。PC版「1」の迷宮戦での戦闘が敵にぶつかるとバトルフィールドへ移行し、小さなフィールドで戦うのに対し、メガドライブ版と「2」では3Dフィールド内で自由自在に射撃を行うことができた。

「2」のオープニングで「1」の戦闘がVOID戦役として紹介される。

宇宙空間の敵が表示上とは違う方向に移動している不具合や、回転の操作性が悪く、敵を追跡する際の難易度が高いという欠点が存在した。「2」ではともに改善された。開発当初から回転の操作性を向上することになっていたが、発売直前まで修正されなかった。コマンド戦闘は操作系の問題を解決する目的も含めて開発途中から導入されていた。

ファミコン版スターラスターと違い、升目ごとに閉鎖された宇宙を蛇行するのではなく、広い宇宙を飛んでいるため、便宜上、ワープを使わなくても目的の惑星近くまで飛ぶことはできるが、着陸には「ビーコン」というデータ(ゲーム内のフラグ)が必要になる。

なおX68000版より前のバージョンでは取り込み画像を加工したものだったが、X68000版以降は権利関係の問題もあり、アニメ調となっている。

設定[編集]

ストーリー[編集]

世界観[編集]

人類が宇宙に進出した後、というものを基底としたスペースオペラである。ブラックホール、モノポール、複数の方式を設定し分けたワープ航法など、80年代中葉当時の先端宇宙論や物理学予想、SF用語を駆使し、コンピュータゲームながらサイエンスフィクションとしての骨格を太いものとしていた。

物語の視点は、常にブライアン(主人公)=プレイヤーという図式を守っており、主人公の知りえない情報をプレイヤーのみが知り得るという「神の視点」を排除している。

また、内的独白、主人公の感情吐露を交えることなく物語を進行させることにより、センチメンタリスムへ陥ることも避けている。

主人公ブライアンのクールさに加え、こうした物語そのもののクールさにより、本作はハードボイルドとしても価値のある作品となっている。

また、「2」では人類の祖先たちは全銀河をその版図とした一大帝国を築いたことがあったが、ある時を境に植民地を全て放棄していくつかの星系に引きこもり、銀河の歴史から消えた伝説の種族の末裔だとされる。この伝説の種族が帝国を築いてきた時代に支配を受けてきた種族が現在の銀河連邦の主核構成種族の一部にも根強く残っており、その末裔である人類を快く思わずVOIDもNUKEもこの種族の手によってもたらされた可能性が非常に高い。

登場人物[編集]

ハンターギルド側[編集]

ブライアン・ライト(パソコン版のみ、メガドライブ版はデフォルト名)
このゲームの主人公。パソコン版では人並みに話すが性格はいたってクール。ダイアナいわく『ギブスンよりもアイスが好き』…なほど、冷淡な主人公である。
ブライアンには宇宙外交官としての極めて特殊な資質と才能があると銀河連邦大使から言われたこともある。現行の人類側の宇宙大使が不慮の事故で死亡した場合は延命措置を受けざるを得ない状況に陥る可能性がある。
MD版では主人公の名前はプレイヤーが自由に付けられ、名前入力時に何も入力せずに始めると、「ブライアン」として登録される。プレイヤーを3Dに引き入れる事を重視した為、メサイヤ側が配慮し、無口であることを条件に自由に想像できるようにしたものである。そのため、主人公が女性と想像してプレイすることもできた。ただし、作中に「彼」との表記あり。
フレディ(MD版のみ)
無口な主人公に代わって喋ってくれるロボット。本人(?)曰く、「主人公が無口なので喋らざるをえない」。名前の元ネタは、宇宙家族ロビンソンのフライデーのもじり。
オリジナルのパソコン版では、ブライアンの搭乗するスタークルーザー及びランドタンクに搭載されたコンピューターの "Com" であり、コマンド「調べる」「動かす」の際に状況を説明するためだけの存在である。メガドライブ版では主人公のかわりに全てのセリフを喋ることになり、それにあわせて固有の名称「フレディ」がついた。
ダニエル・ギブスン
ブライアンの親友。木星のバー「大赤班」でブライアンに当時VOIDの最新鋭艦のスタークルーザー奪取を持ち掛ける。名前は、マティーニのオリーブのかわりにパール・オニオンを入れたカクテルの名称から来ているらしい。
味方すらも驚くほどの根回しの達人でもある。
「2」においてはヒダリ・ダイゴ(メガドライブ版ではサカイ・ダイゴ)の孫、裕子とは恋人同士であるが、ダイゴには認められていないためか、二人ともダイゴに知られることを恐れている。そのためにブライアンやダイアナから脅迫じみた相談に応じざるを得なかったことは1度や2度ではすまない様子である。
ダイアナ・ガーディス
ブライアンのことを心配している女性クルー。いわばこのゲームのヒロインでもある。
あるエイリアンの惑星で、不気味なファーストフードのメニューを見て、「ここはエイリアンだらけの星ね。」と愚痴をこぼしたところをある人物に「ここがエイリアンの星ではない、我々(地球人)がエイリアンなのだ。」と突っ込まれた。
ヒダリ・ダイゴ(メガドライブ版ではサカイ・ダイゴ)
VOIDに監禁され、スタークルーザーを開発させられていた科学者。いわばメカニック親父。
孫の裕子がいる。
マサシ・クラーク
ソル星系ハンターのリーダー格。

VOID側[編集]

B-システム
ヒダリが知らない間にスタークルーザー内部へ配置されていたバイオコンピューター、船内で戦闘を行った。
B-システム撃破後は客間兼会議室に改造された。
ガイスト・ニードマン(メガドライブ版)、VOID-MAX(パソコン版)
メガドライブ版では最初に『ガイスト・ニードマン』という偽名で名乗ってきた。
エイリアンを完全に排除し、人間だけの宇宙にしようとテロ活動を指導してきたが、その彼こそが実は人類に排外テロリストの汚名を着せて宇宙から排除しようと企むエイリアンだった。
nuke核
新興麻薬NUKEの元凶にしてそのものでもある。NUKEとは単なる麻薬ではなく、人類を滅ぼすためにかつて人類の祖先の作った帝国に隷属と服従を余儀なくされた種族の末裔が放った生物兵器である。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1スタークルーザー
日本 1988081988年8月
X1turboアルシスソフトウェアアルシスソフトウェア5インチ2Dフロッピーディスク2枚組--
2スタークルーザー
日本 1988年
PC-9801VM/UV以降アルシスソフトウェアアルシスソフトウェアフロッピーディスク--
3スタークルーザー
日本 198904141989年4月14日
X68000アルシスソフトウェアアルシスソフトウェア5インチ2HDフロッピーディスク2枚組--
4スタークルーザー
日本 199012211990年12月21日
メガドライブアルシスソフトウェアメサイヤ4メガビットロムカセット[1]T-25063-
5スタークルーザー
プロジェクトEGG
日本 200804292008年4月29日
Windowsアルシスソフトウェアアルシスソフトウェアダウンロード--
PC-8801版の移植
6スタークルーザー
プロジェクトEGG
日本 201111292011年11月29日
Windowsアルシスソフトウェアアルシスソフトウェアダウンロード--
X68000版の移植
メガドライブ版での変更点
  • 主人公の名前を変更できる(何も入力しないとブライアンになる)。お喋りはフレディが代行。主人公の顔グラフィックが存在しない。
  • だいせきはん(メガドライブ版では漢字が使われていない。バー「大赤班」の事)がレストランになっている。
  • 迷宮戦では3Dステージがフルに活用されており、エンカウントから戦闘フィールドに移行することなく、迷宮内でそのままシームレスに戦闘が繰り広げられる。この戦闘スタイルがスタークルーザー2に採用された。
  • 金銭の概念が無いので、宇宙海賊の雑魚狩りの必要がなく、ドックへ行けば常に無料で、シールドは無傷に、燃料は満タンに出来る。
  • ヒダリ・ダイゴ(ユウコ)の苗字がサカイに変わっている。
  • 「太陽風」(メガドライブ版ではソーラーウィンド)の描写が一部異なっている。
  • カティーサーク(赤いスタークルーザー)のみで、青いスタークルーザーは登場しなかった。

スタッフ[編集]

PC版
  • ストーリー:吉村功成
  • シナリオ:宮園武志
  • プログラム:吉村功成、くはらのぶひこ、宮園武志
  • グラフィック:吉村功成
  • 3Dグラフィック:くはらのぶひこ、吉村功成
  • 音楽:山中季哉
  • 音楽アシスト:長野修
  • デモンストレーション:くはらのぶひこ

※PC-8801シリーズ版のオープニングより

メガドライブ版
  • プロデューサー:小野木圭一
  • アシスタント・プロデューサー:八坂圭祐
  • ディレクター:長野修(アルシス)
  • ゲーム・デザイナー:吉村功成(アルシス)
  • シナリオ・ライター:吉村功成(アルシス)
  • チーフ・プログラマー:NEKOGEININ(アルシス)
  • プログラマー:生魚清一(アルシス)
  • グラフィック・デザイナー:よしむらりょう(アルシス)、松尾隆美(アルシス)
  • 3Dデザイナー:3D-EDITOR KUN(アルシス)、JUA.YAMASHITA(アルシス)、よしむらりょう(アルシス)、松尾隆美(アルシス)
  • タイトル・デザイナー:よしむらりょう(アルシス)
  • 音楽、効果音:山中季哉(アルシス)
  • マップ・デザイナー:吉村功成(アルシス)、松尾隆美(アルシス)、よしむらりょう(アルシス)
  • スペシャル・サンクス:たいらなおたか(アルシス)、ふくやすお(アルシス)、伊藤伸一
  • マネージャー:小野木圭一
  • エグゼクティブ・ディレクター:白倉安昌

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通24/40点[2]
メガドライブFAN23.14/30点[1]
Joystick40%[3]
メガドライブ大全肯定的[4]
メガドライブ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)になっている[2]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.14点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「ストーリーも秀逸で、SF映画を見ているような雰囲気に浸れる。また敵との戦闘はシューティングで行われ、宇宙空間での戦闘は迫力もの」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.00 3.66 3.19 4.01 4.00 4.28 23.14
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「主人公のブライアンが喋らない、武器を買ってパワーアップしたり燃料を補給したりといったRPG風味の要素がなくなった、ストーリーが何となく子供向けになっているといったあたりで当時のパソコンユーザーの間では厳しい評価を受けてはいます」、「子供向けと言われるストーリーも、今になってよく見れば、背景に根差した世界観が透けて見え、しゃべらなくなったブライアンもやはりクールな一匹狼の賞金稼ぎのままです。本作の半分は『スペースオペラ』で、残りの半分は『男のロマン』から成っています」と評している[4]

関連作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 4頁。
  2. ^ a b スタークルーザー まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年6月2日閲覧。
  3. ^ Star Cruiser for Genesis (1990) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2018年6月2日閲覧。
  4. ^ a b 「Chapter 03 1990年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、58頁。ISBN 9784872338805

外部リンク[編集]