ジープ・コンパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジープ・コンパス (Jeep Compass) は、ジープブランドで販売されるクライスラーの小型クロスオーバーSUVである。

概要[編集]

公道での走行を主にする、ジープへのエントリー者向けの車両として販売されており、オフロード向けではなく、悪路走破性能も他のジープ車に劣っている。そのため、トレイルレイテッドバッジも付けられていない。なお、このモデルはトレイルレイテッドバッジが付けられない最初のジープ車である。

初代(2006年-2017年)[編集]

ジープ・コンパス
前期 フロント
Jeep-Compass.jpg
前期 リア
Jeep Compass 2.0 CDR Limited from 2007 backright dealer decals 2008-03-20 U.JPG
後期 フロント
Jeep Compass 2.2 CRD Limited (Facelift) – Frontansicht, 28. Mai 2011, Düsseldorf.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン 直4 2L GEMA
直4 2.4L GEMA
直4 2L ディーゼル
駆動方式 FF/4WD
変速機 CVT/5MT(-2013モデル)
6AT(2014モデル-)
ホイールベース 2,634mm
-自動車のスペック表-

2006年1月の北米国際オートショーで発表され、同年5月30日に生産が開始された。プラットフォームには、ジープ・パトリオットと共通のクライスラー・MKプラットフォームが採用された。

他のジープを踏襲したスタイリングのジープ・パトリオットとは異なり、トヨタ・マトリックスに対抗したハッチバックスタイルのスポーティーなデザインがなされている。

エンジンは、GEMAによって設計された直列4気筒 2.4Lエンジンと2Lエンジンが採用され、豪州および欧州向けの輸出車両にはフォルクスワーゲン製の2Lディーゼルエンジンも搭載。

なお、後期のヘッドライトはグランドチェロキー(4代目、WK型)のものを流用している。

生産はイリノイ州ベルビデーレで行われている。

2012年3月3日、日本国内にて正式発売された。用意されるのは2LのFFモデル「リミテッド」1種類のみ。

2013年5月24日、小改良(7月13日より発売開始)。パトリオットの廃止を受け、2.4L+4WDの「リミテッド」を追加。従来のFFモデルは「スポーツ」に改名し、一部装備を厳選した上で価格を引き下げた。トランスミッションは全車に新開発の6速パワーテックオートマチックを採用。

2013年8月3日、2.0L・FFの「スポーツ」をベースにクロームパーツやグランドチェロキーに採用されるサドルタンレザーシート、18インチクロームアルミ等を装備した「リミテッド クローム」を150台限定で販売開始。ボディカラーは「ブラッククリアコート」のほか、コンパス初登場となる「ラギッドブラウンパールコート」を用意する。価格は税込みで300万円。

2代目(2017年- )[編集]

ジープ・コンパス
フロント
Jeep Compass II 00001 China 2017-03-30.jpg
リア
Jeep Compass II 00002 China 2017-03-30.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン 直4 1.4L マルチエア 直噴ターボ
直4 2.4L マルチエア(タイガーシャーク)
直4 2.0L ディーゼル マルチジェット
駆動方式 FF/4WD
変速機 6MT
6AT
7AMT
9AT
ホイールベース 2,640mm
-自動車のスペック表-

従前のコンパスとパトリオットの統合後継車種として、2016年ロサンゼルスオートショーで初公開。

シャシはレネゲード用の「スモールワイド4×4アーキテクチャー」のホールベースを70mm引き延ばして2640mmとした上で採用している。

パワーユニットはレネゲードで採用済みの1.4L・マルチエア直噴ターボをはじめ、直4・2.4Lマルチエア、2.0L・マルチジェットディーゼルエンジンを仕向け地に応じて用意する。同時に、1.4Lモデルには、新たにフィアット・パワートレイン・テクノロジー製の7速デュアルクラッチトランスミッションが設定された。

日本市場においては、2017年12月2日に販売を開始することがアナウンスされた。日本仕様はすべて2.4Lマルチエアのみとなり、「Sport」と「Longitude」はFF+6AT、「Limited」は4WD+9ATである。


外部リンク[編集]