ダッジ・アベンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アベンジャーAvenger )はクライスラーの一部門である「ダッジ」が販売していた自動車1995年から2000年にかけて初代が2ドアクーペとして、2008年から2014年まで2代目が4ドアセダンとして販売されていた。

初代(1995年-2000年)[編集]

ダッジ・アベンジャークーペ
アベンジャークーペ
Dodge-Avenger-coupe.jpg
販売期間 1995年 - 2000年
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 直4 2L 420A
V6 2.5L 6G73
駆動方式 FF
変速機 4AT/5MT
全長 4,755 - 4,831mm
全幅 1,755mm - 1,740mm
全高 1,295 - 1,346mm
ホイールベース 2,634mm
-自動車のスペック表-

三菱自動車工業とクライスラーの合弁会社である「ダイアモンド・スター・モーターズ」にて生産。クライスラーブランドの「セブリング」の兄弟車として販売。車体のベースは7代目三菱・ギャラン(E5,E6,E7,E8系)。また、クライスラーの別ブランド「イーグル」で販売された「テイロン」(2代目三菱・エクリプスの兄弟車)ともコンポーネントは共通であった。

2000年にモデルチェンジした際にストラトスとなり、アベンジャーの名は一時消滅した。

2代目(2008年-2014年)[編集]

ダッジ・アベンジャーセダン
ダッジ・アベンジャーセダン 日本仕様(2009年型)
Dodge Avenger SXT Sedan Japanese ver.JPG
販売期間 2008年 - 2014年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン V6 3.5L EGJ
V6 2.7L EER
直4 2.4L GEMA
直4D 2.0L TDI
駆動方式 FF
4WD
変速機 4AT/6AT/5MT(2.0l Dieselのみ選択出来た)
全長 4,849mm
全幅 1,824mm
全高 1,496mm
ホイールベース 2,766mm
-自動車のスペック表-

ストラトスに代わる、新しいセダンとして2008年型(2007年秋より販売開始)から登場。三菱・GSプラットフォームクライスラー・JSプラットフォーム)を採用し、エンジンは三菱自動車・現代自動車と共作の「ワールドエンジン」直4・2.4Lおよびクライスラーオリジナル「クライスラー・EERエンジン」のV6・2.7L及びEGJエンジンのV6・3.5L、ヨーロッパ向けの直4・2.0Lディーゼルターボを用意。これは「ジャーニー」(日本名・JC)と共通である。生産はミシガン州スターリングハイツで行なわれていた。

なお日本国内においては、英豪州仕様右ハンドル(リアフォグランプがバンパーに独立して設置してある・フロントマーカーランプの部分が白色リフレクターになっている等、米国仕様とは相違がある)のV6 2.7L SXT仕様のみが販売されていた。 変速機は、本国仕様には存在しないオートスティック付4AT(本国では、ノーマルの4速ATとオートスティック付の6速ATがある)のみの設定。アメ車にしては珍しくプレミアムガソリン指定。発売当初ナビゲーションなどフル装備のSXTグレードだけの展開であったが、翌年よりSXTベーシックと名乗るナビレスのモデルも登場した。 2009年にクライスラーが連邦倒産法第11章を申請したことにより、2010年以降のモデルの輸入そのものが凍結されてしまい、結局、日本国内では、他のDodge車を含め、正規輸入は2009年式を最後に中止され、日本におけるDodgeブランドも、僅か3年弱だけのものであった。

その後、フィアット・クライスラーグループの政策による、海外でのDodgeブランド縮小のあおりを受け、フリート販売(レンタカー向け)中心に比較的好調だったにもかかわらず、アメリカ国内でも2014年モデルを以て、製造・販売を終了した。後継は、クライスラー・200が相当する。

メキシコでは、警察車両としても採用されている。

外部リンク[編集]