ダッジ・ストラトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ストラトス (Stratus) はクライスラー社の一部門である「ダッジ」が販売していた自動車である。

概要[編集]

ストラトスはJAプラットフォームをベースとしたセダンとして企画された。JAプラットフォームはニューヨーカーなどのLHプラットフォームよりも小型で、ミッドサイズとコンパクトの中間的な位置付けとなっている。北米では「ストレイタス」と発音される場合もある。

搭載されるエンジンは当時グループ会社であった三菱自動車製の物を採用しているのが特徴。 北米では「ダッジ」で展開され、欧州などその他の地域では「クライスラー」ブランドで展開された。 北米で「クライスラー」ブランドで販売されていたモデルは、デザインの意匠を変更し「クライスラー・シーラス」を名乗っていた。

初代モデルについては1995年に日本へも導入された。

2006年に生産を終了し、その役割を「ダッジ・アベンジャー」に引き継いだ。

初代(1995年-2000年)[編集]

ダッジ・ストラトス(初代)
ストラトスES
1996 Dodge Stratus ES.JPG
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 1995年–2000年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 三菱6G73型 2.5L V6 SOHC
最高出力 168ps/5,800rpm
最大トルク 23.5kg-m/4,350rpm
変速機 4AT/5MT
駆動方式 FF
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4,724mm
全幅 1,821mm
全高 1,376mm
ホイールベース 2,743mm
車両重量 1,438kg
プラットフォーム クライスラー・JAプラットフォーム
-自動車のスペック表-

ストラトスはJAプラットフォーム搭載車のダッジ版モデルとして企画された。 ビジョンよりひと回り小さいセダンボディが与えられている。同じJAプラットフォームのクライスラー・シーラス、プリムス・ブリーズは前後バンパーのデザインが異なる程度の姉妹車である。

当時クライスラーが推進していた「キャブ・フォワード」コンセプトに基づき、短いノーズと長めのキャビンを備えた滑らかなボディスタイルと個性的なフロントマスクを持つのが特徴である。

搭載されるエンジンは2.5LのV型6気筒SOHCで、最高出力は160ps、それに4ATが組み合わされた。 ATは「オートスティック」と呼ばれるクライスラー独自の物で、軽く触れるだけで自動変速を行うセミオートマのような機構が特徴であった。

2代目(2001年-2006年)[編集]

ダッジ・ストラトス(2代目)
セダン
Dodge-Stratus-2.jpg
クーペ
01-03 Dodge Stratus coupe.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2001年–2006年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアクーペ
エンジン 三菱4G64型 2.5L 直4 SOHC
最高出力 147ps/5,200rpm
最大トルク 22.5kg-m/4,200rpm
変速機 4AT/5MT
駆動方式 FF
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4,856mm
全幅 1,793mm
全高 1,394mm
ホイールベース 2,743mm
車両重量 1,538kg
プラットフォーム クライスラー・JRプラットフォーム
-自動車のスペック表-

2代目は2001年にデビューした。プラットフォームはJAプラットフォームを進化させたJRプラットフォームを採用している。JRプラットフォームは三菱ギャランのプラットフォームを改良した物でもあった。 先代までのセダンに加え、クーペが追加された。姉妹車には「クライスラー・セブリング」がある。 デザインは先代のコンセプトを引き継いだ流線的なものであった。ストラトスは1990年代を象徴していたクライスラーの一連の「クラウドカー」[1]としては最後の1台となった。

クーペモデルに関してはプラットフォームを含め基本的な部分でエクリプスと共有しており、コンポーネントも少なからず共通となっている。

同一グループ内でセブリングなどの競合車種が存在していたため販売面では振るわず、クーペは2005年に、セダンは2006年に販売を終了した。

なお、メキシコでは、ターボチャージャを取り付けられたバージョン「ストラトス R/T」もラインナップされていた。

脚注[編集]

  1. ^ クライスラー・シーラス(巻雲)、プリムス・ブリーズ(海陸風)、ダッジ・ストラトス(層雲)といった気象に因んだ車名を持つ

関連項目[編集]